スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コヨーテ・アグリー 

コヨーテアグリー

ソングライターをめざしてニューヨークにやってきた女の子のサクセスストーリー。
デモテープを自らあちこちに持ち込んで売り込もうとするが、これがなかなか上手くいかない。
生活費を稼ぐため、彼女がアルバイトする店がコヨーテ・アグリーというBAR
セクシーな女の子たちが、カウンターで踊ってサービスしちゃう超過激な酒場。実在する店とあるけど、かなりオーバーに演出してるんでしょうね。あれじゃみんな水浸し酒びたし
でも、かっこいい3人のコヨーテ(女の子たちはそう呼ばれてる)の中に、ブリジット・モイナハンがいてビックリ!「ロード・オブ・ウォー」のニコ妻とは180度違う。女優さんて凄いわ~。店のオーナーの女性も男気があって、すごくかっこよかった~!

まあ、「夢を叶える」物語はありがちな展開だけど、飾らない主人公(パイパー・ペラーボ)のキャラクターと音楽、コヨーテアグリーでの軽快なダンス、主人公のお父さんのジョン・グッドマンのコミカルな味が効いて(ジョン・グッドマンがサイコー)、とっても楽しめる作品でした

目当てだったアダム・ガルシアを忘れるほど映画自体が面白かった。
アダム・ガルシアはどこかイモっぽいけど、誠実な青年(笑)そういえば「リトルイタリーの恋」も田舎の青年だったなあ。本作では彼もちょこっとダンスを披露しますが、もっと踊ってほしかった。彼が売られる(?)バーで始まる”男の競り”は楽しかった~!

音楽シーンがなかなかステキです。
とくに主人公がボロアパートの屋上でピアノの弾き語りをしてるとき、向かい側のアパートの一室から聞こえるラップに合わせて、音楽のテンポを変えるところなんかゾクッとしました。
劇中、主人公が歌うシーンは吹き替えとか。そのシンガーはリアン・ライムス。
「コンエアー」の挿入歌"How do Ⅰ live."を歌った人!
そうそうあの声です
最後にリアン・ライムスも登場します。
ビジュアル系のシンガーではないけど(笑)ちょっと嬉しかった

制作・ジェリー・ブラッカイマーですからね

コメント

atsukoさん、こんにちわ~
先日はコメントどうもありがとうございました★

この映画いいですよね!女の子ががんばってる映画って好きです~!それに、私もこの作品見たときアダム・ガルシア気になりました(笑)最近見なくなっちゃいましたよねぇ。

この作品の舞台になっているバー、コヨーテアグリーなんですが、本物はNYにあって、それのコピーがラスベガスのホテルNYNY内にあって行ったんですが、一人で気分は映画の世界でした(笑)あんなかっこよく踊れたらいいんですけどねぇ。

ところで、リンクさせていただきたいんですがよろしいですか??

アダム・ガルシア

■akkyさん

私は先日劇場で観た「リトルイタリーの恋」を観て、アダム・ガルシアが気になったんです(^^
とってもあったかい映画でした。アダム・ガルシアも素敵な役で。

コヨーテアグリーのコピーのお店がホテルNYNYにあるんですか!!
本当にカウンターで美女がダンスするんですねe-343
きっと映画ができてからですよね~。
2000年に初アメリカ旅行したとき、そのホテルに泊まったんですよ。
早くに知ってれば見てみたかった(笑)

リンクありがとうございます。
こちらからもakkyさんのブログをリンクさせていただきますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。