スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルイタリーの恋 

リトルイタリーの恋

アダム・ガルシア


ほんわかして、あったかいメルヘンチックな映画でした。

お話は1950年代のオーストラリア。
イタリアの田舎に住むロゼッタは、裕福な家の娘ではなかったけど気立てがよくて美しい娘でした。
ある日、オーストラリアに移民したイタリア人の男性から手紙で求婚されます。
当時はこんな形のお見合い結婚があったらしい。
ロゼッタは同封されてきた青年の写真に一目ぼれ
家族と別れるのは辛かったけど、自分の将来を考えて結婚を決意します。
そして、写真の美しいアンジェロという男性との”恋の物語”を自分で書き綴り、
妄想の愛の世界に浸って、未知の男性との結婚生活を夢見るのでした~

そして、はるばるオーストラリアに来てみたら!!
彼女を出迎えたのは、写真のアンジェロとはまったく別人のさえない男
なんと、手紙の主はその写真の男性の兄だったのです。
幾度と求婚を断られていた本物のアンジェロは、自分に自信が持てなくて、
ついハンサムな弟の写真を送ってしまったのです・・・

ここからが、はじまりはじまり~~~~~~~~

コメディになりそうなお話が、ほのぼのとした素敵なお話に仕上がってます。
ロゼッタの切ない恋心と、兄弟の心の葛藤が丁寧に描かれ、弟には恋人がいるというのも、このお話をさらに深いものにしてます。いわゆる四角関係・・・

しかし、物語の世界は(現実の世界も?)どうして兄というものは、真面目だけど面白みに欠ける人間になってしまうのでしょうね(笑)対して弟は気ままだけど、世渡りが上手い。しかも、この兄弟はどうみても弟のほうがだんぜんいい男というのが悲しい・・・

お兄ちゃんがジョヴァンニ・リビジ。
不器用で小心者だけど根は正直。上手いです、笑えます、さすが演技派です!
弟はアダム・ガルシア。このアダムくん、ふとした動作、表情が「リバーランズ・スルーイット」のブラッド・ピットみたい。なので、ロゼッタのショックは本当に手に取るように理解できました、はい。
ロゼッタ役のアメリア・ワーナーは、可愛い系美人だけど田舎の純朴な娘を演じきってて好印象でした。

意地悪な人が1人も出てこない、大人の童話のようなお話です。
でも、こんなに楽しめるのは、登場人物のキャラクターが生き生きしてるのと、どこか陽気で前向きなイタリアンの人柄のせいでしょう。劇中に流れる、懐かしいイタリアンの曲もとても癒されます。そうですね~『月の輝く夜に』に似てるかもしれません。

アダム・ガルシアは、もとはダンサーだそうで、彼が踊ってるところを見たくなりました!
「タップ・ドッグス」「コヨーテ・アグリー」をチェック




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。