スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かもめ食堂 

かもめ

フィンランド,オールロケの日本映画です。いい映画でした~
ヘルシンキの街角にオープンした日本食堂を舞台に、それぞれの人々が淡々と描かれた、ほのぼのとした物語
ヘルシンキの町並みや海岸も、北欧の空気いっぱいでとっても新鮮。

出演、小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ。
なんの大きなドラマもありませんが、2時間飽きさせないのは、この3人の上手さによるものでしょう。劇中はまったく音楽もありません。でも3人の飄々とした演技、しかもクスッと笑える独特のユーモアに始終顔がほころびっぱなし。とくに小林聡美の飾らない美しさ、てきぱきとした雰囲気がステキでした 片桐はいりもサイコーです!

なぜ、サチエ(小林)はヘルシンキに日本食堂を開いたのか、
どうしてミドリ(片桐)とマサコ(もたい)はフィンランドに来たのか、
ほのめかしはあってもお互いに深く人生に立ち入りません。
とっても大人な関係。
「人は変っていくものですから」とサチエは言う。
「いい形で変っていくといいですよね」とミドリが言う。
さりげなく皆が幸せを求めてるところがいいな。

サチエの作るおにぎり、豚のショウガ焼き、とんかつ、肉じゃが、鮭の塩焼き、シナモンロールが白いお皿にずら~っと並んでとっても美味しそう
そして、お店の白木のテーブルと椅子、清潔なキッチンのピカピカに磨かれたお鍋とやかん、美味しい料理と美味しいコーヒー
サチエが真摯に仕事に向かってる姿勢が伝わってきます。

幸せはおなかから
フィンランドのお客さんが美味しそうに日本食を食べる姿を見ると、こっちまで気持ちが温かくなります。そして映画を観たあとは、なんだかしっかり美味しいものを作りたくなります。というか、おなか空きます!!

「人に作ってもらったおにぎりは美味しい」
「人に入れてもらったコーヒーは美味しい」
大きくうなづいた私でした(笑)

エンディングの井上陽水の「クレイジーラブ」があったかい。



コメント

真っ白いご飯!

atsukoさん、ご無沙汰~。

ああ、白いご飯、食したい~! e-244、頬ばりたい~、誰かぁー作ってぇ~~~!!

本日より公開の『リバティーン』、楽しみにしながらも初日初回パス...、今度のレディース狙いーーー! その代わりに、『タイフーン』を観ようかなぁ~と旦那さまを誘ったら、「そんなの観ない!」。
あまりのそっけなさに、やけv-275をあおっている私・・・こんなハズじゃ。。。

atsukoさん、「シネマ通信」が再スタートしましたねv-315
木曜日の放送、深夜ってことで、うっかりすると見逃しちゃいそうだけど、楽しみが出来ました!
 
幸せは、おなかから...」・・・なるほど。

追伸:
4/1のオールナイト、「寝るなっ!寝たら死ぬっ!!」、雪山遭難的現象はどうにか免れました。ここにご報告を。

玄米だもんね(^^

■小倩。さん
玄米が主食だと、白いご飯はごちそうなんですね~e-429

「幸せは、おなかから」と思うのですが、
かといって、一生懸命料理してる訳ではないのです(笑)
美味しいもの食べてビール飲んだりすると、ああ~幸せって!思うでしょ?
そういう意味なんですよー。

ところでシネマ通信、また始まったんですねv-354
ここで話題にしたばかりなのにね~。
来週からしっかり録画します!!

>「リバティーン」
初日初回→レディースデーかぁー。
人は変るものですから(笑)
と、サチエが言ってました。

4月1日のレスリーの3本立てのオールナイト、さぞ盛り上がったことでしょうe-266
今度聞かせてくださいね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。