スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『流星ワゴン』 重松 清 

過去に遡って子どもに向き合っても、未来である現実は変えられない。
でも自分が変ると、そこから子どもに対する見方も変るし、確かに何かが変るかもしれない。
いかに親の生き方が子どもに影響するか、この本を読んで改めて思いました。

小説は父親と息子のかかわりを切なく描いたもの。
主人公は38歳の男。リストラそして失業、妻とは冷え切ってて、中学受験で失敗した1人息子は家にこもり荒れている。
もう家には帰りたくない、このまま死んでも構わない・・・と思った男の前に一台のワゴン車が止まる。5年前の交通事故で即死した父親と小学生の男の子の親子だった。驚く男をふたりは車に乗せ、1年前のある場所に連れ出す。それは男にとって大切な”時”だと親子は言う。
(ちょっと「素晴らしき哉!人生」みたいですね)

過去の自分と向き合うことは、自分を客観的に眺めること。
そこには自分だけでなく、自分をとりまく家族、親をも、冷静に見つめることのできる自分がいた。
確かに冷静になれる。だって、その先に起こる未来がわかってるから。
誰にでもこんな経験ができたら面白いな~と思った。ちょっとコワイけど。
愛する家族に幸せになってほしい!
それが生きる意味につながるんだな~。

ワゴン車の親子(ステキな幽霊)が、とてもいい人たちで、とくに小2の男の子の素直な言動には何度もはっとさせられた。男の子の声が小説から聞こえてくるようだった。
実際の親子はきっと分からないことが一杯なんだけど、小説で読むと親子って切ない。

コメント

一瞬一瞬の大切さ

この作品、読んでいて、自分の子どもへの接し方を反省し、
身が引き締まる思いでした(A^^ゞ
”現実は変えられないけど、これからの未来は変えられる”という
メッセージも良かったですね。勇気付けられました。

幽霊の親子の絆の強さには泣かされましたー。v-406
この男の子、優しいいい子でしたね。

親には切ない小説

■Nakaさん
とっても引き込まれました小説でした。
だんだん、生きたい、生きなければ、と思ってくる主人公がよかったです!

幽霊の親子には泣かされました。
あと、同じ歳の父と息子の会話も興味深かった。
母娘と父息子ではまた違うと思いますが、
親と”朋輩”になれると、いい関係が築けそうですよね(^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。