スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフェッショナル~仕事の流儀 

昨日、遅い夕飯を取りながらTVを何気なく見てたら「プロジェクトX」から変った新番組「プロフェッショナル」が始まりました。
今日のプロフェッショナルは予備校の人気の英語の先生,竹岡広信氏。
漫画「ドラゴン桜」のモデルになった先生だそうだ。
いや~、感動しました、泣けました。先生の情熱と信念に。とっても勇気付けられました。

きっかけは京大の工学部在学中、塾講師のアルバイト時代。熱血先生だった彼は、彼自身が勉強した英単語の暗記法や数多くの熟語を生徒に覚えさせた。熱心な先生だと生徒の間でも評判になり人気もあった。ところが、大学受験を迎えたら、彼の生徒は全滅・・・

何故だ!何がいけないんだ!

工学部の同級生が就職を決めるころ、このまま中途半端な気持ちでは終われないと彼は文学部に入り直し、徹底的に英語を勉強し直した。
その後、スランプに陥りパチンコ通いする生活に。パチンコやさんで競馬好きのおやじさんが話かけてきた。自分の好きな馬の血統、父親がどの馬で母親が誰で、毛並みがどうの過去の成績がどうのと、とにかく詳しいのに驚いたそうだ。嬉々として語るおじさんをみて彼は気づいた。

そうか、好きなことなら勉強できる。人間覚えようと思うものなんだ!

それから、彼の授業は変った。詰め込みで数でこなす英語ではなく、面白そう楽しそうと思える英語に。ユニークな授業は、とても興味深かった。生徒の質問に最良の答えを教えるため、車で1分の自宅にまで戻って莫大な資料から質問にぴったりの資料を取ってくる。この質問コーナーは名物らしい。こうすることによって、みんな1人の疑問解決に集中してしっかり覚える。おもしろ~い!勉強だけでなく、生徒に掃除させるところ、挨拶に厳しいところ、生きていくために大切なことを先生は何気なく生徒に伝える。

耳の聞こえない女子学生のための授業は印象的でした。クラスは能力別でもなければ、なんのクラスわけもない。たった1人の耳の不自由な生徒のために、先生は1年間筆読だけの授業を行った。話す内容をすべて黒板に殴り書いていく。すごい量の文字だ。文字を書きながら、表情と身振り手振りで強調したり笑をとったり。ズボンからシャツが飛び出してきてもお構いなし(笑)必死だ。生徒はずっと先生に注目する。

それを1年間遣り通した。誰一人彼の授業に文句を言わなかった。それに彼は感動し、感謝した。授業の最後の日、耳の不自由な生徒の友達が先生に話しかけてきた。1年間先生の授業を観てきて感動したこと。自分も片手が不自由な障害者だけど、先生のような人に出会えて嬉しい。1人の生徒のために全身全霊をかけて教えてくれた。先生のような人がいると障害のある人間も前向きにがんばろうと思う。友達に代わってお礼がいいたい。と手紙を渡した。先生は泣いていた。「ありがとう」「ありがとう」と。
本当は先生自身不安だったらしい。これは自分が試されてるんだと。だってこの1年は他の生徒にとっても貴重な勝負の1年だったから。でもこうして生徒から感謝されて救われたに違いない。

人生いつか越えなければならない辛いことがある。長い人生の中で、夢中になにかを成し遂げることは自分の糧になる。勉強だってそのひとつ。勉強した知識はいつか忘れるかもしれないけど、努力したことは自分の財産になる。
「なにくそ!」「負けたらあかん!」「諦めたらあかん!」
それでも報われないこともあるけど、またそこから立ち上がれ。また歩き出せ。

先生の授業は知識ではなく、人生を教えてくれる。

http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/060314/index.html

コメント

力いっぱい

私もこれ見てました。

こどもって、力いっぱい自分に向かってパワーを注いでくれていることには、
本当に敏感。知らん顔して、それに応えるようなそぶりがなくても、浴び続けた
パワーで持っている芽がスックと伸びるところを見せられることあります。

卒業シーズン、いい先生に出会えたなぁと思って旅立っていける子がたくさん
いるといいな。

大人も、何かに情熱を持って、パワー全開で取り組む姿を見せないと!


心動かされました!

■naoさん
このところ、なんだか感動しやすいというか、すぐ涙、涙になってしまう自分です。
この番組はほんとうにステキでしたv-354

一生懸命な姿って、ちゃんと伝わるんですよね。
大人の責任って大きいなと思います。

>大人も、何かに情熱を持って、パワー全開で取り組む姿を見せないと!
同感です!!

ありがとう!atsukoさんの強い思いが伝わって来た!(^^)
ジャキーンと心に突き刺さりました。

人の真剣さって感動を生むと思うんです。
その真剣さに人は心を動かされるんだと思うんですよ。

今の世の中、たったひとりのために動いてくれることが無くなろうとしてるように思います。
それをひとりの障害者のために、全身全霊で打ち込んでくれた先生。
世の中、こうでなきゃいけないんだろうなぁ・・って思いました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。