スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インファナル・アフェアⅡ 無間序曲 

前作『インファナル・アフェア』の続編。といっても前作の過去のお話。警察に潜入したラウ(アンディ・ラウ)とマフィアに潜入したヤン(トニー・レオン)は、どのようにしてスパイになっていったのか。二人の主人公は香港の若手俳優が演じてます。香港マフィアとそれを追う警察の世界を描いたこのシリーズ。後戻りできない男たちの世界が、重苦しい展開で繰り広げられていきます。

今回のシリーズは若きラウとヤンに焦点を当てたというより、ウォン警部とマフィアの手下のサムとの関係が深く説明されてます。とくにこのウォン警部のアンソニー・ウォンがよかったですね~。ラウとヤンも後戻りできない運命なら、このウォン警部も同じ。香港の黒社会を深く知り過ぎ、また警察の仲間を犠牲にしてきてしまった彼もまた宿命を背負っていく。その切なさ、悲しさが、アンソニー・ウォンの渋い演技でぐっと引き立ってました。目がいいですね~。

それと、もう1人注目したのは、マフィアのドンの息子のハウ(フランシス・ン)。見た目はインテリで穏かでクール、しかし彼の体に流れているのはまさしくマフィアの血。そんな複雑なキャラクターを見事に演じきってました。

実はこのDVDを今回2回観たのですが、1度目で気づかなかったことに2度目に気づいたところがあって面白かったです。
前作をご覧になった方ならお分かりだと思いますが、マフィアから警察に潜入したラウ(アンディ・ラウ)の癖覚えてますか?手に持った封筒を足にたたくようにしてリズムをとって歩くこと。このシーンは物語の中でもポイントになるシーンでした。若きラウが初めて登場するシーン、後姿だけなのですが彼はそのポーズをしてたのです!おっ、これはあのときのあのシーン!と、気づいたときは嬉しかったです。きっと他にもそういう隠し玉があったかもしれません。

どちらかというと、この手のマフィアものは苦手です。人脈や人の顔や名前がなかなか覚えにくいのもあるし、仕掛けたトリックがわからなかったりで(^^;。でもさすがに、2回ずつ観るとその面白さにはまります。
香港マフィアもので思い出すのは、ジョン・ウー監督の『男たちの挽歌』。これは傑作でした。チョウ・ユンファ、ティ・ロン、レスリー・チャン。この3人の男たちがかっこよくて切なくてはまりましたね~。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。