スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下妻物語 

ちょっとオーバーかな~と思いながら観てたけど、観終わったあとのこの爽快感!面白かった~~!


周り畑に囲まれた茨城県下妻に住む、ロリータファッション大好きの桃子(深田恭子)と、ヤンキー娘のいちご(土屋アンナ)の友情物語。両極端の二人なのに、なぜか気が合う。それは、ふたりとも人に依存してなくて自分を持っているから。でも頼りになるときは頼りになるふたり。

いちごの「行くぜ!どこにでも行ってやるぜ!」はかっこよくてしびれた(笑)
悲しいことや辛いことで泣いたことのない桃子が、自分が入れた刺繍の特攻服に感動して喜ぶいちごを見て、「なぜだかわからないけど、泣けるよ~」のところもよかった。
深田恭子のぶりっ子ロリータは可愛いだけでなく、一本心に図太さを秘めたところがよい!!これは深田恭子じゃないと出せない味。
そして土屋アンナ。ちょっとやりすぎのところもあったけど、とにかくカッコイイ~(^^
男っぽいのに純情で、片思いや失恋に泣くとこなんか、ほんと可愛い。
二人の見た目と性格のギャップもこの映画の面白さ。

友情物語なんて構えるとちょっと照れちゃいそうだけど、この映画はサラリとかっこよく、かつ楽しくてあったかい。繰り返し観たくなる1本になるかも。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。