スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クジラの島の少女 

クジラの島の少女

2002年。ニキ・カーロ監督。
美しく力強い映画でした。

ニュージーランドのある小さな海辺の村。
先祖の勇者はクジラに導かれこの地に来たという伝説があった。
その族長の子孫として生まれたのが主人公の少女パイケア。
しかし、その族長となる資格は男にしか与えられていなかった。

パイケアの母は彼女の出産時に亡くなり、悲しみにくれる父は、娘に勇者と同じ名前を付けその地を去る。パイケアが男の子でなかったことに失望した祖父だったが、元気で明るい孫娘は祖父母に可愛がられて成長する。伝統を守ろうとする祖父の苦悩と、伝統を継ぐことを許されない少女が自ら運命を切り開こうとする一途な姿が描かれています。

パイケアを演じた少女(ケイシャ・キャッスル=ヒューズ)がキラキラ輝いていました1万人の中から選ばれたとか。彼女が学芸会のスピーチで自分のことを話すシーンは感動的。あふれ出す感情は演技とは思えません。繊細で健気、そして勇気ある少女はまるで宮崎アニメの主人公のよう。
パイケアと祖父を中心とした、肉親関係を超える人間ドラマでした。それはマオリ族という彼らの中にあるプライドの存在ゆえのものでしょう。

ニュージーランドのラグビーチームがグランドで踊るダンスはここから来てるのかと、マオリ族の力強い踊りを見て納得。砂浜をなぞって目に飛び込む青い海、空を見上げるように映し出す映像、スローモーションで迫る海中のクジラ、静かな映像にも関わらずその力強さと美しさにしばし見とれてしまいます。出演者がほとんどニュージーランド出身のマオリ人。(余談ですが、パイケアの父は「救命士」でラスト高層ビルで宙吊りになってフランクに助けられる俳優でした)

これもまた、「スタンドアップ」同様、ニキ・カーロ監督の人間愛と力強さを感じる作品でした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。