スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンシング・ハバナ 

104

情熱的なラテン音楽と官能的なダンスに魅了されっぱなし。
迷ったけど、劇場で観られてよかった~。
大げさではなく、キューバの人にとって、あのリズムやダンスは、彼らの生活とその体にしみこんだものなのですね。



1958年。父親の転勤でキューバにやってきたアメリカンガールのケイティ。ある日、路上で踊るキューバの人たちのダンスに魅了される。彼女が滞在するホテル従業員の青年ハビエルと知り合い、彼の夢を叶えるため、ダンス大会で賞金を稼ごうと提案!密かに彼にダンスの手ほどきを受けながら、しだいにお互いに惹かれあっていく。いわゆる身分の違う恋ですね。

良家のお嬢様のケイティにとっては、社交ダンスは知ってても、体中の情熱をダンスに表すラテンダンスは未知の世界。「波のように、感じるまま体を流れに任せるんだ」というハビエルと、海の中で踊るシーンはステキでした~。

二人のダンスがたまらなく魅力的!(ただ、もうちょっと身長差があったほうがバランスよかったのでは?)
とくに大会本番でのふたりは、ウッちゃんナンちゃんのダンスコンテストなみに興奮一緒にリズムとって、自然に笑顔になってる自分がいました。はっきり言って、ナンちゃん&杉本彩ぺアは目じゃないです~(笑)
でも、息のあった官能的なダンスを踊るカップルは、技術だけの問題ではなく、やはりお互いの信頼や愛情がベースにないとムリなのでは?と思いますね~。この映画を観てラテンダンスを習いたいと思う人も多いみたいですが、その辺は皆さんどう思ったかな?(^^)

主演はイギリスの新人女優ロモーラ・ガライ。とくに特徴のある女優さんではないのですが、いざ踊りだすと、清純な高校生から妖艶で情熱的な女性に変身!伸びやかな四肢とバランスのとれたむっちりボディ。笑顔もチャーミングで、そうですね~、雰囲気は知的なキャメロン・ディアスという感じかな。
ハビエル役の青年がディエゴ・ルナ。可愛いセクシーガイという感じ。今では同じメキシコのトップスター、ガエル・ガルシア・ベルナルと人気を二分してるそうですね。そういえば「ターミナル」にも出てました。

単純なストーリーですが、ダンスと音楽にワクワクする楽しい映画でした。サントラ欲しいな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。