スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

musical コーラスライン 


cl


劇団四季のコーラスラインを見てきました。
この夏にブロードウェイミュージカル「コーラスライン」を見たばかり。
今年は「コーラスライン」が日本公演されてから30周年だそうだ。

思えば私にとって今年は「コーラスライン」の年でした。
なんといっても、私に火をつけたのは、
1月に見た「ブロードウェイ♪ブロードウェイ~コーラスラインにかける夢」


このミュージカルにはなぜか惹かれます。
とても地味なミュージカルなのですが。
それぞれの歌がいいんですね、きっと。
そして見ててとても元気をもらえる!
ダンサーたちのオーディションは、
そのまま今ステージに立っているダンサーたちの姿に重なるからかもしれません。

明日の保障もなく、将来だって不安だらけ、
でも好きなこの世界で頑張ることに悔いはない。
『愛した日々に悔いはない』は何度聴いても感動

そしてかつてスターだったキャシーが鏡の舞台で一人で踊るシーン♪
これを間近で見られただけでも感激です。
素晴らしいダンスでした!

cassie

友人がとってくれた席が前から2列目という好ポジションだったお陰!

スポンサーサイト

香りが~~♪ 

f

お嫁さんのママさんから、お花をいただきました♪

ひとつふたつと花を咲かせてます。

とにかくお花の香りがいい匂いで~~~。

素晴らしい通訳さん 

先日の「ACACIA」上映会は国際映画祭というだけあって、
日本映画でしたが英語の字幕付きでした。
この字幕がとってもシンプルで、
こういう中学英語で充分に伝えられるんだな~と目からうろこ。

そして舞台挨拶、Q&Aのコーナーも通訳さん付き。
通訳さんはテレビでもこのごろよく拝見する通訳さん。
(確かニコラスがSMAPXSMAPのゲストに出たときの通訳さんです)

監督のインタビューや質問への答えも瞬時に英語で通訳されてました。
仁成さんの制作秘話や、映画に対する想いはとても面白く、
ときには深いお話だったのですが、
それを的確に通訳される姿にすごいな~~と思ってしまったのです。
プロですから当たり前のことだとは思うのですが。

これが外国のゲストが英語で話すのを日本語で聞くときは、
そうなんだ~、そう言ってるんだ~と、100%受身で聞くわけですが、
今回のように初めに日本語で聞いてそれから英語で聞くと、ところどころ分かるわけですよ。
確かに仁成さんがお話した順番で内容も同じことを伝えてるなと。
ただ、仁成さんの気持ちやちょっとしたニュアンス、そういった訳しにくい部分も、
瞬時に伝える姿にちょっと感動しましたね~。
(英語でどう言われたのかはわからないけど^^;)
仁成さんも思わず「素晴らしいトランスレーションですね!」と絶賛するほどでした。

思うに通訳さんというのは、英語が話せるのはもちろんのこと、
相手が言いたいことを聞き取る力、そして短くまとめる集約力、
そしてそれを的確な言葉にする語彙力、
すべて兼ね備えてないとできない仕事なんだな~と改めて思いました。

昨年のイタリア語のラジオ講座のテキストに、
イタリア語の通訳の田丸公美子さんのエッセイが毎月掲載されていました。
ユーモアにあふれた文章で、通訳の苦労話を面白おかしく紹介してくれてて、
毎月楽しく読んでましたが、田丸さんのおっしゃることがすごく理解できた時間でもありました。




ぜんぜん関係ない写真ですが、
通訳さんの写真をのっけようと思ったらこれしかなくて(^^;
この方です。

pp

ACACIA(アカシア) 

acacia
東京国際映画祭、コンペティション部門参加作品。
監督・脚本:辻 仁成
出演:アントニオ猪木、林凌雅、北村一輝、石田えり、他

仁成さんファンの友人と六本木まで行って来ました。
仁成さんの舞台挨拶付きということで、200席足らずの劇場は満席。

元レスラーだった老人とひとりの少年の出会いを通して描かれるヒューマンドラマ。
見所は映画初出演というプロレスラーのアントニオ猪木さん。
仁成さんがその存在感に惚れたと言わせるだけあって、なかなかの俳優ぶりを見せてくれました。
正直、猪木さんの台詞まわしは、素人っぽさはぬぐいきれなかったけど、
それを補うほどの誠実な演技と表情。
気合があればなんでもできる!!
と言ったかどうか。
演技は、その人の生き様や人間性みたいなものが現れるものだと思います。
そういう意味ではこの大魔神という元レスラーのおじいちゃん役は、猪木さんのはまり役で、
彼を抜擢してこの演技を引き出した仁成さんはたいしたものだと思いました。
猪木さんはどちらかというと苦手なタイプの人だったのですが、かなりイメージが変わりました。

いっぽう、少年役の林くん(10歳)は本当に自然体の演技で可愛らしく、
ぎこちなくなりそうな猪木さんを、プロフェッショナルな役者として見事に支えてた気がします。
舞台挨拶では猪木さんにたくさんのプロレス技を教わったと楽しそうに話してくれました。

この物語は、仁成さんが離婚して一緒に暮らすことができない息子を思って書いたものだそう。
てらいもなくそう話す仁成さん、正直な方ですね。
父親の寂しさ、息子を思う父心、気恥ずかしいくらいに父親の愛に満ちたお話です。
不器用な父親がいとおしく思えます。

映画の前の舞台挨拶も、映画のあとのQ&Aもとても充実した内容でした。
彼も今年50歳とか。そうは見えない若々しさでしたが。
人間50歳くらいになると、同じようなこと思うんだな~と妙に親近感を持ちました。
隣に座った友人が身を乗り出して、仁成さんの言葉にうんうんうなづいてる様子が微笑ましかったです。

ATOM (字幕付き) 

atom
天馬博士の声(ニコラス・ケイジ)聞きたさで、字幕の「ATOM」を見てきました

字幕付きの上映は、都内の劇場ではたった一つ。
しかも1日1回のみの上映。
ひぇ~~~!!っと思ったけど、
確かにあの日本のコミックだったアトムを、わざわざ字幕で観に行く人はいないのかもしれないですね~。
新宿の劇場は、外人さんがちらほら。
なるほどね~~。
けっこうくだらないギャグのところで笑い声が聞こえてきて、
外人さんのツボがよくわかりませんでした(^^;

アトムといえば、子どもの頃テレビのモノクロのアニメを見た記憶だけ。
無敵のアトムが敵と戦う勧善懲悪のお話。

なので今回ハリウッド版のアトムを見て、アトム誕生の秘話や、アトムの孤独や切なさに、
こんなにヒューマンなドラマなお話だったのかと再認識したしだい


ハリウッド版のアトムはちょっとお兄さんで面長だったけど、
表情豊かで本当に可愛らしかったです。
天馬博士の声はニコラスそのものでした。
天馬博士の顔もちょっと馬面で、ニコラスや吹き替え版の役所広司に
どこか似た雰囲気でおかしくなりました(笑)

atom

映画レビューを読んだとき、エンドロールのあとも席を立たないでとあったので、
しばらく見てたのですが、何も起こらず。。
エンドロールの後におまけがあったので吹き替え版だけだったみたいです。
ちょっとがっかり。

カイジ 人生逆転ゲーム 

kaiji

期待以上に面白かったです。
自堕落な生活をし、それを改めようともせずダラダラと過ごすいわゆるダメ人間のカイジ。
友達の借金の保証人になったせいで莫大な借金まで背負い込む。
払えるはずもないカイジは、勝てば借金をチャラにするという
怪しげな賭博ゲームに参加することになる。

原作はコミックだそうですが、極端に描かれてても、
過激なストーリーの中には説得力もあり。

「なんでも聞けば応えてくれるというもんじゃない!
世間はお前たちの母親じゃあないんだ!」

「明日から変わる、明日からやるという奴は、一生なんにも変えられない!
今日から変えられる奴にしか明日は来ない!」とか・・・

   ↑きゃ~~、ワタシのことだ。

高層ビルの間に作られた地上200mの鉄板を渡るシーンの恐怖といったら!!
このシーンがとても長く、高所恐怖症にワタシには心臓に悪かった。
さっさと渡りきるか、落ちるならさっさと落ちてくれ~~(酷い言い方だけど)
あのジワジワした恐怖感が絶えられなかったです。

過酷な地下労働に送り込まれたカイジが、初給料日にビールを飲むシーンは必見です。
藤原竜也くんが、な~んて美味しそうに飲むことか!
実際、このシーンのために竜也くんは禁酒して臨んだそう。
「幸せの黄色いハンカチ」で、出所した高倉健さんがビールを飲むシーンに匹敵するくらい(笑)
人の幸せって、働いてお金もらって美味しいものを食べたり飲んだりする、
なんでもない当たり前のところにあるような気がします。


カイジと利根川のラストのカード対決も見もの。
竜也くんと香川照之の熱演に拍手!

ざわざわ、ざわざわ・・・

グレン・ミラー物語 

グレンミラー
「ドレミファワンダーランド」というTV番組で、
ムーンライト・セレナーデを取り上げてたのをきっかけに、
この映画が見たくなってレンタルしてきました。

1954年の作品です
ムーンライト・セレナーデはスウィング・ジャズの定番で、いろんな場面で聞かれる音楽。
いい曲ですよね~♪

このムーンライト・セレナーデが生まれる背景や、
グレンミラーが作り出した音楽の一つ一つのエピソードが映画では語られてます。

グレンミラーはトロンボーン奏者で、かなり貧しい暮らしをしていたようです。
質屋通いをして店主と親しくなる様子も微笑ましい。
恋人もいたようですが、2年間も音信不通だったのにいきなりプロポーズをするという
かなり自分勝手な面もあるワンマンな男なのでした。
このへんはなかなかコミカルに描かれていて、それもまたこの時代の映画なのかな~と。
恋人であり、後に彼の妻になるヘレンという女性もとてもチャーミング♪
グレンを献身的に支え、彼の成功の縁の下の力持ち的存在。

自分の音楽にこだわるグレンはやがて自身の楽団を持ち、
数々のオーケストラジャズを生み出していきます。
ムーンライトセレナーデ、真珠の首飾り、in the mood、、、

やがて第2次世界大戦に突入。
軍に志願した彼は、異国で戦う若い兵士のために音楽で激励する。
行進曲に彼がアレンジしたアメリカンジャズを演奏するシーンは楽しかった!
眉間にしわをよせる軍の幹部たちとは反対に、
行進してた軍人たちがだんだん笑顔になってる様がステキ♪

結局、グレンミラーは英国慰問中、移動の飛行機事故で亡くなります。
本当に劇的な人生だったのですね。

グレンとヘレンの間には実子はなく、二人はふたりの子どもを養子にしてます。
音楽にはこだわりがあり、でも家族思いの優しいグレンミラーを演じたのは,
ジェームズ・スチュアート
見終わってほっこり。
永遠に受け継がれていく音楽♪
暖かい思いに包まれるステキな映画でした。
古い映画ですが、今見てもこんな感想を抱かせるなんて、こういうのが名画なんですね~。

でっかくて美味しい北海道~♪ 

関東に台風が上陸する直前、二泊三日で北海道へ行ってきました。
帰ってきた翌日が暴風の荒れ模様。
なんてラッキーだったんでしょう



空港からレンタカーでゴルフ場へ移動。
道路↓のポールが面白くてパチリ☆
雪で覆われたときの目印なんですね~。
北海道ならでは!
hokkaido



夕張のゴルフ場。
コースは風コース、光コース、水コースの3つに分かれてました。
ここは水コース。
広くてキレイで、ゴルフを忘れてしまうほど(笑)
yuubari



クラブハウスに沈む夕日。また行きたいゴルフ場です。
yuubari



小樽で人気の洋菓子やさん。
若者たちのかっこうが冬を先取りしてますね♪
otaru



北海道へきたら、やっぱりコレですよね~。
sapporo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。