スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムイ外伝  舞台挨拶付き 

カムイ

友人に誘っていただいて、舞台挨拶付きの上映会に行って来ました。

私たちのシートが会場の出入り口のそばだったお陰で、
会場に入ってくる松山くんを間近で見ることができました
白Tシャツにダークスーツ、長身、色白、オデコを出したヘアスタイル。
あら~可愛い~、あら~キレイ☆


このシルバーウィークの5日間、松山くんと崔監督は、
日本全国31箇所の劇場を回ったとか?!
昨日が舞台挨拶巡業の最終日だったようです。
大きな日本列島のパネルに記された行った数の劇場マーク。
昨日の劇場ポイントに、二人でバラの花を付ける
そしてマスコミ用にハイパチリ!!
う~~ん、まるで民主党の選挙事務所みたいだ(笑)


この映画に賭けた監督さんの思い入れがあふれ出るトークでした。
挨拶のあとの松山くんとの抱擁では、監督さん感極まって泣いてたようで。

松山くんは、いつもどおり飄々とした雰囲気♪
それでも、「映画は教育だと思う」
「映画からいろんなことを学んで、自分のことを考える」
そんな言葉が訥々とした語り口から飛び出した。
きっと、松山くん自身のことなんだろうな~。
彼は今、役者として成長してる自分をすごく感じてるんだな~と思いました。

さて、映画ですが。
コミック「カムイ外伝」の実写化。
といっても漫画は読んだことありませんが。
忍びのおきてに背き、たった一人で追っ手から身をかわす孤高のヒーロー。

CGを使った映像がちょいとショボイとか、
前半の物語のつながりが???とか、
突っ込みどころはありますが、松山ケンイチくんのカムイはかっこよかった!!
とくに走るシーンが多いので、その走りっぷりの美しさには見とれました。
闘いのシーンのキレのよさも見所です。
忍術もたくさん出てくるので、そのへんも面白い!
ただ、孤高のヒーロー、カムイの孤独や苦悩を体感するところまで行かなかったのが残念。
役者揃いだったので、やっぱり物語の流れの悪さのような気がします。
でも、カムイのその後が気になります~~。

映画鑑賞のあと、友人に物語の解説と疑問点を解消していただきました。
けっこう大切な説明部分が抜けていたことに驚き。
そして、ふたりで話したのですが、ひと時代前の西部劇っぽいですね。
あと、魔界転生とか。
大人の男性にウケる映画かもしれません。

スポンサーサイト

自己ベスト♪ ゴルフ 

golf

20日にゴルフに行って来ました

このところお決まりの栃木と茨城の県境のカントリークラブ。

スコアは114!!
嬉しいことに自己ベストなんです♪

もう5年目になるのにこれですけどね~~
気長に楽しんでいきます。
つい嬉しくて、日記にもアップ。

golf

この池超えのショートホール、
悔しいかな、いきなり池ポチャでした
このホール、いつもそう。
いつもどおり打てば、ちゃんと飛ぶのに。。。
メンタル弱い自分にがっくり

ココ・アヴァン・シャネル 

coco

少々ネタバレあり

シャーリー・マクレーンの「ココ・シャネル」と比べてみたかった映画。

孤児院暮らしだったガブリエルが、その才能と努力で、
いかにして世界に誇れるデザイナーになっていったかという骨子は同じ。
ただ、こちらの映画はガブリエルの恋愛に焦点を当てた映画になってました。

本名はガブリエル・シャネル。愛称はココ。

生涯独身だったというココには、二人の男性が大きく影響しています。
エティエンヌという富豪と、英国貴族のボーイという男性。
「ココ・シャネル」では、エティエンヌに一方的に好意を寄せられて、
それに応える形で彼と暮らすという設定でした。
が、こちらの映画のココは、ほとんど押しかけ女房風。
しかも、帰れと言われても理由をつけて居続けるココ。

ココを演じるオドレイ・トトゥも実物のシャネルに似た風貌らしい。
笑顔がキュートなのに、気の強さと頑固さが強調されててちょっと残念。
もっと魅力的に見せてもらえたらな~と思ってしまいました。
「ココ・シャネル」の若き日のココ(スロバキアの女優さん)が、
気の強さはあってもどこか健気な感じがあったので

あ、一つだけ。
オドレイが金魚のような赤いヒラヒラのドレスを着て歌う、
シビレエイの歌の彼女は可愛かった♪
『私に触れたら感電するよ~~~』って(笑)

英国人の恋人ボーイを演じてたのは
「フェイス/オフ」のニコラスの靴紐の結べない弟ポラックス(アレッサンドロ・ニヴォラ)でした
あれから10年ですものね~~。
彼も充分すぎるほど大人になりました。

というわけで、2本の「シャネル」を比べながら見るのは面白かったです。
個人的には「ココ・シャネル」>「ココ・アヴァン・シャネル」かな?

「チーム・バチスタの栄光」 

batisuta

原作を読んで、あまりの面白さにびっくり!
こんなに面白い小説はひさびさでした。

映画化、TVドラマ化されたようで、こわごわ映画版をチェックしてみました。
なぜ、こわごわかというと、原作より面白い映画って少ないから~

ある病院で連続して起きた心臓手術中の術死。
医療ミスの疑いはないのか?と、院長から内部調査を依頼された心療内科の医師田口。
そして、途中から登場する厚生労働省からきた奇抜なキャラの男、白鳥。
この二人によって、謎が解かれる医療サスペンスです。



小説では田口医師は男性なのですが、映画では竹内ゆう子が演じてます。
映画では、田口医師の人の良さや、ちょっと抜けたところが強調されてました。
実は原作の田口医師に私はとても好感を持ったんですよね。
患者さんのグチを聞く不定愁訴外来の担当医。
人に対しておおらかであくまで自然体。
でも、常に自分や人を冷静に見つめる目を持ってる。
しかも、独特のユーモアもある!
なかなか魅力的な医師でした。

そして、阿部寛演じる、白鳥。
これはけっこうはまり役です(笑)
彼の持つエキセントリックな面が炸裂してました。

ひとつの映画としては楽しめる作品だと思います。
ただ、小説を読んだときの、これ面白い!と膝をポンと叩くような痛快さは感じませんでした。
事件の背景や人間関係、人物描写に物足りなさを感じてしまうのはしょうがないですね。

田口医師の竹内ゆう子を、病院のソフトボールチームのピッチャーに
仕立てているところは面白かったです。
ユニフォーム姿が可愛らしい♪
続編の「ジェネラル・ルージュの凱旋」。
こっちも小説と映画、見てみようかな。

「チーム・バチスタの栄光」 海堂 尊 

batisuta

映画がかなり話題になってたのを記憶してます。

しかし、なんなんでしょう!この本は!
面白すぎ~~~!!
いわゆる医療サスペンスもの。
分からない医療専門用語もたくさん出てくるのですが、
それを超える登場人物のキャラクターのすごさと文章の面白さ!

ある病院での心臓手術の医療ミスを調査するため、
内部調査を任された万年講師の田口。
この田口医師のキャラクターがすごくよくて、前半は彼に押し捲られっぱなし。
この田口が主人公と思いきや。。

この調査が難航し、後半から登場する厚生省から来た白鳥。
この男が田口を脇に追いやるほどの強烈なキャラで~~♪
彼の理論と考察がすごい。
アクティブ・フェーズにパッシブ・フェーズ??
ハチャメチャに見えて、なぜか納得させれられてしまうような・・・
頭はきれるけど、とにかくヘンな男なんです。

この二人に限らず、登場人物の人物像がとてもリアルに描かれていて、
とてもひきつけられました。

作者、海堂尊さんは現役のお医者さまだそうですが、
こんな面白い小説を書かれるとは、天は二物を与えたんですね~~~。

「ジェネラル・ルージュの凱旋」も読んでみようかな。

映画も面白いのかな~?

ニコラス in ヴェネチア 

9月3日、4日、ヴェネチア国際映画祭のニコラス。
新作「バッドルーテナント」の共演者エヴァ・メンデスも一緒です。
ヴェネチアはお天気よさそうですね♪

写真は映画祭が開催されるリド島に向かうところでしょうか。

nc

続きを読む

ココ・シャネル 

coco2
ガブリエル・シャネル。1883~1971。
孤児院で育ち、のちにファッション界のカリスマ的存在になった女性。
そうか~、こういう人だったのか~。
興味深いエピソードがいっぱい詰まってました。

なぜ彼女がココと呼ばれるようになったのか。
彼女のファッションスタイルの根底にある、自由な発想と自然なお洒落感覚。
シャネルの5番誕生秘話。
帽子のデザインと製作をはじめるシーンもステキだった♪
思うにファッションのセンスというものは、天性のものなんでしょうね~。

そして彼女の恋愛も丁寧に描かれていきます。
(英国人の恋人役の俳優さんもステキだったな~)
シャネルという人は、とても独創的でチャーミングな女性だったのですね。
自分の中で次々新しいことを生み出していく人。
ただ、その分人に頼ることを嫌うプライドの高い人。
それが彼女の不運をもたらした原因でもあり、
幸運をもたらしたことでもあったのでしょう。
一度や二度の失敗じゃめげない、あの不屈の精神には頭が下がります。

coco1

70歳のシャネルを演じたシャーリー・マクレーンのあの圧倒的な存在感!
素晴らしい装いに身をつつんでも、けしてドレスに負けてない。
しわだらけの口元をアップに映し出すシーン。
時代は変わっても、永遠のスタイルを貫き通すシャネルのプライドがそこからにじみ出てました。

この映画、シャーリー・マクレーンのココ・シャネルというイメージが強かったのですが、
映画の3分の2以上が回想シーンです。
若き日のシャネルを演じたのが、スロバキアの女優バルボラ・ボブローヴァ。
この女優さんが、とてもとてもチャーミング!!
というか、私はこの映画のこの女優さんにすっかり魅了されてしまいました。

孤児院から出たばかりの18歳から40歳くらいまで演じますが、
チャーミングな表情の中にも、芯が1本通った気の強さを感じさせるところは、
シャーリー・マクレーンにだぶるところがありました。
けっして美人じゃないけど、彼女の着こなしがとってもお洒落で可愛らしいところもステキ☆
この女優さん、もう1本でシャネルを演じるオドレイ・トトゥによく似てます。

しかし、なぜ同じような映画がこの時期2本も公開なんだろ?(^^;


96時間 

96

こんなリーアム・ニーソン見たことない!!
フランス旅行で誘拐された娘を取り戻すため孤軍奮闘する父親。
父親には仕事で会得した特殊なスキルがあった。
この父親の頭脳、体力、行動力、そして凶暴すぎる犯人への仕打ち!!
もはや彼は非情な必殺仕置き人。
そこまでするんですかっ~~!!

テンポもいい。
娘があまりにも軽率とか、親ばかすぎるとか、そんなことは横において、
とことん娘のためならエッフェル塔だって壊してやる!!と、言い切る
娘を守る父親の心情に浸ってしまった。
長身でたのもしいリーアム・ニーソンのかっこいいこと!

製作、リュック・ベッソン。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。