スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラースと、その彼女 

「ラースと、その彼女」

2008年、最後の劇場映画でした。
渋谷シネクイントにて。

人との交わりが苦手な28歳の弟が、突然紹介するといって、
連れてきたガールフレンドはリアルドール!!
なんかよからぬ発想をめぐらせてしまいそうでしょうが、
実は実は、この映画、と~っても深くて考えさせられる映画でした。
淡々と物語りは進むのですが。
主人公のラースの生い立ち、彼の繊細な感受性、
そして自分で自分の壁を打ち破ろうとする姿に予想外に感動してしまいます。
彼をとりまく兄夫婦や街の人々にも。
主演のライアン・ゴスリングっていい俳優さんになったんですね~~。
お兄さん役の俳優さんもうまかった。

これはちょっと地味ながらもいい作品。



スポンサーサイト

マルセイユの決着(おとしまえ) 

m

主演・ダニエル・オートュイユ。
60年代のフランスのギャングを描いたフィルムノワール。
中年の孤高のギャングの渋い映画でございました。
オートュイユさんファンには渋くてかっこいい姿がたまらないかも~。
ギャングの女のモニカ・ベルッチの美しいこと☆
私は彼女のセクシーな唇に参ってしまいました~~。
とくに上唇(^^
東のアンジェリーナ、西のモニカですな!


K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝  

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝

面白かったです!
ファンタジーとエンターテイメントが上手くかみあってて楽しめました。
アクションシーンも迫力あって、邦画としてはスケール大きいな~と思いました。
アクションは(プチ)スパイダーマンのよう。
そして、仕掛けはちょっとインディジョーンズぽいところも。


設定も面白いです。
1949年、そこは第二次世界大戦を回避した日本。
階級制度がそのまま存続している徹底した格差社会なのです。

上流階級の財宝を狙う怪人二十面相と、彼を追う明智探偵。
そしてサーカスのヒーローの青年が絡んで物語りは二転三転。

金城武とお嬢様の松たか子を中心としたユーモアのあるやりとりが楽しい♪
松たか子ははまり役でした!
女性がウェディングドレス姿で逃走するシーンって、
なんであんなに絵になるんでしょうね~~~♪♪♪
まるで宮崎アニメの主人公のように、
明るくて気丈な松たか子は魅力的でした。

彼女は白鳩のようだ。
自由に飛ばしてあげてほしい。

金城武の台詞にキュンとなりました。。。

そうそう、この映画でも白鳩が何度も出てきます(笑)
「レッドクリフ」とは違った、熱くてユーモアのある金城くんがいいですよー。


コーラスライン 

ko-rasu
上映中の「ブロードウェイ♪ブロードウェイ」を見たいな~と思ってました。
でも「コーラスライン」を見たほうが、もっと楽しめると思いさっそくチェック☆

85年の作品でした。
ダンサーのオーディションを扱ったブロードウェイの人気ミュージカルの映画化。
何人選ばれるかわからないオーディションに集まる何百人ものダンサーたち。
役(仕事)を得るのにみな必死だ。
最終的に選ばれるのは8人。
ブロードウェイのダンサーたちの苦労と苦悩がミュージカルタッチに描かれます。
知ってる俳優はプロデューサー役のマイケル・ダグラスだけ。
あとはほとんど無名の本当のダンサーたち。
彼らのダンスも見事ですが、その鍛え上げられた美しい肉体に感動しました。
とくにキャシーを演じた女優さんのダンスには本当に本当に魅了されました☆☆☆

今回初めて知ったのですが、
コーラスラインって、主演スターの後ろで踊るバックダンサーたちの領域のこと。
バックダンサーのオーディションだけでもこれだけの闘いがあるのかとビックリです。

最後に残った17人の中から合格者が決まります。
ドキドキの瞬間。。。
合格したダンサーたちの晴れ晴れとした顔が素晴らしい。
そして不合格になってそっと舞台を去るダンサーたち。
とても、ここまでがんばったんだからがっかりしないで~
なんて声をかけられない。
合か否か。
最終選考までいっても結果が同じなら同じこと。
きびしいオーディションの世界。
だからこそ、本番の舞台の素晴らしさは格別のものなんだと思いました。

もうすぐ終了になる「ブロードウェイ♪ブロードウェイ」早く見たいな~!
そして舞台の「コーラスライン」も見てみたいと思いました。

地上5センチの恋心 

5senti

2006、フランス映画。

昼はデパートで化粧品売り場の販売員。夜は内職。
10年前に夫を亡くしたオデットは女手ひとつで息子と娘を育ててきた。
彼女の楽しみは人気作家バルタザールの小説を読むこと。
前向きで明るいオデットが楽しいファンタジックコメディ。

憧れのバルタザールのサイン会が彼女の街で行われることになった!!
ときめきを隠せないオデットはもう心ここにあらず。
ところが憧れの人を目の前にして、自分の名前さえ言えないオデット・・・
「お名前は?」の質問に、
緊張で声も出せず一音目の”オ”を飲み込んでしまったため、
本に名前を「DETTO」(借金様へ)と書かれるしまつ。
落ち込むオデット。。。涙

そんな母を美容師の息子が慰める。
ファンレターを書きなよと。
そんな~~~作家に手紙だなんてーーー。
と躊躇する母に、
「ハゲの美容師だっているんだぜ」と息子。
この息子がすごくいい子で~~~~。
ゲイなんですけどね(笑)
なぜか娘より母の女心を察知する優しい息子。
この息子は本当にいい子でした♪

人生、楽しまなくちゃ~って思わせてくれる1本です!
幸せなんて本人の気持ちしだいなんだな~って。
それは作家のバルタザールもにもいえること。
主演のカトリーヌ・フロがとにかく楽しくて可愛い~~。
急に踊りだすところなんかサイコー♪
劇中、何度も声を出して笑い、明るくて純なオデットにホロッとさせられてしまいました。
少女のようなオデットだけど、やっぱり大人なところもステキ☆

一人でテレビの前でワインを呑みながらの鑑賞。
ああ、楽しかった~~~♪

あまりにカッコいいので 

Season of the Witch

海外のサイトからいただいてしまいました。

ニコラスはただ今オーストリアで新作”Season of the Witch"の撮影中。
映画の内容は、ペストを広めたと疑われている魔女の少女を移送する騎士たちの物語。
舞台は14世紀。

しかし、この写真カッコよすぎる~~~!!
ニコラスも白馬も!!
馬に乗ったニコラスを見るのは初めてです。


公開は2010年。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。