スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台「月の輝く夜に」 

tukino

舞台公演を見てきました。
この物語『MOONSTRUCK』は1987年に、
主演シェール、ニコラス・ケイジで映画公開されました。
その年のアカデミー賞もたくさん受賞したロマンティックコメデイです。

大好きな映画『月の輝く夜に』がどんな舞台に仕上がってるのか興味津々。
ネットで予約したシートは前から11列目のど真ん中。
久しぶりの舞台にワクワクでした。

いちいち映画を思い出して書いてます(^^;
大好きな映画なあまり偏った感想になってると思いますが。


【作】 ジョン・パトリック・シャンレイ  

【演出】 寺 秀臣  

【脚色】 飯島 早苗

【キャスト】 
ロレッタ・・・大地真央
ロニー・・・岩崎大(Studio life)
ジョニー・・・福井貴一
父コズモ・・・上條恒彦
母ローズ・・・諏訪マリー
他・・・ 河野洋一郎 ヨシダ朝 花房徹  小林美江 三鴨絵里子

        *************

イタリアンアメリカンのロレッタは37歳。夫と死別してから自分は運のない女と決め込んで地味に生きてきた。昔からの知り合いのジョニーに求婚され、甘んじて受け入れるロレッタ。ところが、ジョニーの弟ロニーと出会って恋に落ちる。ロニーは事故で片手を失い、身も心も傷ついていた。
満月の夜、人は心が解きほどけ自分の心に正直になれるという。光満ちるファンタスティックな満月を背景に、ロレッタの恋もよう、両親やとりまく人々との関わりが暖かく描かれたロマンティックコメディ。



ボボのいるレストランのシーンから始まりました。
ジョニーがロレッタにプロポーズしようとする場面です。

しかし舞台は映画とはまったく別物ですね。
まず台詞がお芝居風だから、かなり違和感感じました。
当たり前のことだけど。
呟きだって大きな声で話さなきゃならないのですものね。

ストーリーはほぼ映画と一緒です。
つくづく思ったのですが、この物語ってそんなドラマチックなものじゃないですよね。

  ロレッタの揺れる気持ち・・・
  心に傷を持ったロニーが恋する青年に変わる気持ち・・・
  パパとママの心の行き違い・・・

これを大仰な台詞で見せて、観客に共感させるのはちょっと難しいのでは。
映画で感じたジワ~~~としたものを感じることができませんでした。

あとはやっぱり役者の力かな~。
力というより個性?
あのロレッタのシェールは強烈でしたもの。
シェールは苦手という人でも、あのロレッタは可愛いと思うのではないでしょうか。
そしてオペラを観にいくときの変身はすばらしかった☆
大地真央さんはどんなに地味に作っても美しかったです。
そして、どのシーンも明るくて元気ではつらつとして見えました。

そして、ロニー!
ロニー役の岩崎大さんはスラリとした長身の甘いマスクのイケメン。
でもな~~、私はただ美しいイケメンだけじゃ魅力感じないんだな~~(笑)
セクシーさ、パッション、クレイジーさ、何かが足りない。
比べちゃ申し訳ないけど。
それでもロニーが初めて登場するシーンはドキドキしましたよ。
だって、黒パンツにランニング、そして腰に巻いたエプロン姿だったんですもの☆
あの格好見たらドキッとしますよね、ニコラスファンは!!
岩崎さんもかなり足長でスリムな方。
でも上半身もスリムでまるで少年のよう。

id

ロニーの家でステーキを食べて二人で話すシーンもありました。
そして喧嘩になって、
「クビなし花嫁!」
「前足のないオオカミ!」
と言い合って、ロニーがテーブルの上のものを乱暴に取っ払って、
そのままロレッタを抱きしめ激しいキスをする!!
心の中で「おお~、同じだ~~」とつぶやく。

あともうひとつドキッとしたシーン。
二人でオペラを観にいくとき、待ち合わせ場所でロレッタを探すシーン。
タキシードにブラックコート、そして白いロングマフラーをかけてるロニー。
岩崎大くんもかっこいい!
きゃーーー、映画と一緒じゃん☆
(いちいちニコラスを思い出す自分)

ヘアスタイルを変えて、きれいなブルーのドレスを着た真央さんもさらに美しかったです☆
とても50を超えてるとは思えない!!

オペラのシーンは二人が観客席に向かって座りました。
静かにプッチーニの「ラ・ボエーム」が始まります。
クライマックスのシーンで涙を流すロレッタ。。。
映画ではとっても美しいシーンでした。大好きなシーンのひとつです。
真央さんも無邪気な女を可愛く演じてました。

役者さんの個性といえば、ちょこっと登場する大学教授。
映画でも可愛い中年男で描かれてました。
味ありましたよね、あの教授。
その大学教授も登場しますが、ちょっと滑稽に描かれすぎ。
ママとのデートのシーンもあります。
帰り道、犬の散歩のおじいちゃんと遭遇してしまうシーンも♪

おじいちゃんは可愛かったですよ。
猫ひろしくらいのちっちゃいおじいちゃんでした。
5匹の犬も映画ではいいキャスティングでしたが、
さすがに舞台で本物の犬は出てきません。
リードと犬の鳴き声を上手く使ってました。

この舞台で一番上手いな~と思ったのはママのローズ役の諏訪マリーさん。
登場したときは、オリンピア・デュカキスによく似てて驚きました。
あと、パパのコズモの上條恒彦さんも、
何気ない仕草が映画の中の俳優さんとダブルくらいでした。

エンディングシーンは、まさに舞台向き!
カストリーニ家のダイニングテーブルにみんなが集まる。
ジョニーはロレッタに、婚約解消をお願いし、
ロレッタは約束違反だと怒り、
ロニーはロレッタにプロポーズ、ロレッタは喜んでそれを受け入れる。
おじいちゃんじゃないけど「わけわからん」楽しいシーン♪
そうそうおじさん、おばさん役の二人は地味ないでたちで、
まるで二人だけは吉本興業の舞台みたいだった(^^;)
でも、ハッピーエンドはやっぱりいいですよね。


お分かりのとおり、私は舞台の間中、映画のシーンを頭の片隅に思い浮かべてました。
ちょうどTVで端っこに他の映像があるみたいに(笑)
というのも、この映画、たぶん20回くらい観てるんじゃないかな?(^^;
映画のそれぞれのシーンはもちろんのこと、
台詞、役者の仕草や目線まで浮かんできます。
あと、そのとき流れてた音楽とか。
舞台では音楽はオリジナルだったので、オペラ以外は映画とは別物でした。


いろいろ言いたいこと言ってしまいましたが、
こうして比較して楽しめたのだから満足です☆
帰るとき、初老のご夫婦の会話が耳に入りました。
「メリハリのない話だったね~」
ぜひ映画も観ていただきたい!と切に思ったのでありました。
                         

スポンサーサイト

ハッピーフライト 

hf

「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の監督作品とあって、
けっこう笑わせてくれるものと思ってましたが、ちょっと違った。
もちろんお決まりの笑いをとるシーンはあるのですが、
全編、ホノルル往きの飛行機内と地上のスタッフとの緊張感漂う物語で、
スリル満点の映画だったのでした!!

飛行機一機飛ぶのに、どれだけの人が動き
どれだけの苦労があるのかを見せ付けられました。
そして映画とはいえ、トラブル続出の展開には、
ちょっと飛行機に乗るのが怖くなったというか・・・
ひょっとしたらそういう方もいるかもな~と思ったわけで。
まあ、かなり大げさには描かれてるとは思いますが。

グランドホステス、整備士、パイロット、キャビンアテンダント、管制官、気象予報士、
バードパトロール・・・とにかく、空港で働く人々の舞台裏が緻密に描かれてます。
プロとはこういうものか!と見せ付けられるところも。
緊張感をほぐす脇役たちも、ほのぼのといいあんばいのエッセンス☆
岸部一徳、田畑智子がとくに◎
映画の進行役的な、ドジで間抜けなキャビンアテンダントの綾瀬はるかはまあお決まりの役。
新米の副操縦士の田辺誠一が頑張りましたね~~!!!
演技も操縦も!(笑)

映画終わってシートから立ち上がったときは、
まるで飛行機から降りるような感覚に陥りました。
ああ、無事に家に帰れるって。
予想外に体感映画でした~~~。

いろんな尊敬するお仕事はいっぱいあるけど、
パイロットってやっぱりすごいと思いました

アリアで学ぶイタリア語 

ラジオ講座、まいにちイタリア語12月号のテキスト。
その中の”アリアで学ぶイタリア語”のコーナー。
いつもはさっと通り過ぎるところなのですが、曲名に目が留まりました

「私が一人で歩くと」

これって「私が街を歩けば」もしくは「ムゼッタのワルツ」のこと!?
やっぱりそうみたい!
ジャコモ・プッチーニ作曲・歌劇『ボエーム』からムゼッタのアリアと書いてありました。

映画「月の輝く夜に」に流れるロマンティックな曲です。
イタリアに行ったときはこの曲をi-podに入れて行きました。

イタリア語の歌詞と和訳が載ってますが、
歌もラジオで流してくれたらいいのにな~~~♪
知らない単語だらけだけど、真似して歌ってみるのに

オペラ『ラ・ボエーム』の中にこの歌が出てくるのですね。
ムゼッタという女性の細やかな情の深さが見られる場面で歌われるそう。
いつかちゃんと見たいと思ってたけど、『ラ・ボエーム』見てみたい。

容疑者Xの献身 

yougisya

ちょっとネタばれしてます。

原作は東野圭吾の小説。
だいぶ前に本を読んで、映画化は正直興味ありませんでした。
以前に「変身」見て、がっかりしたから・・・
それにTVドラマの延長線のような俳優さんや宣伝に、
ちょっと違うじゃない?って勝手に思ってたので。

しかし、堤真一がすばらしいのうわさについ見たくなり行ってきました。
あの役が堤真一なのか~、いい男過ぎないかと案じてましたが、なんのなんの!!
天才と言われるほどの数学の才能を持った、
地味でパッとしない高校教師の石神を見事に演じてました。
彼の悲しみ、喜びが堤さんの演技ですごくリアルに伝わってきました。
怖いくらいでした・・・

湯川(福山)と二人で雪山に上ったシーンがよかった~~。
吹雪の中、やっとたどり着いた頂上で叫ぶんですよ。
「きれいだ~!!」
「きれいだと感じる自分が嬉しい!!」って。
確かこんな台詞でした。
それは、普段感情を出さない彼にとって、すごくすごく新鮮なシーンでした。
あれも意味のあるシーンだったんですよね。。。


本を読んだとき、これが直木賞なの?もっと面白い本があったのにって思いました。
生意気いってすみません。
でも東野ファンの友人に言わせれば、これまでの東野さんの業績をたたえて、
この小説に賞を与えたってことみたいよ。とのことでしたが。
なので、映画がこれほどよく出来てて嬉しい誤算です。

石神の生き方はいいとは言いがたいけど、
命をかけて愛する人がいるというのは、どれだけ彼には幸せだったか。
サスペンスとしても、人間ドラマとしても面白かったです。
堤真一の功績大です!!



息子の部屋 

musukono
2001年。イタリア。
原題は La stanza del figlio

公開時はあまり興味なかったのですが、ジャスミン・トリンカ(輝ける青春、イタリア式恋愛マニュアル)が出てるイタリア映画だったことを思い出し、借りてきました。

ある家族の物語です。
幸せな4人家族に襲う突然の不幸。息子の事故死。
愛するものをなくした家族が、その悲しみを乗り越える姿が淡々と描かれています。

この映画で一番興味深かったのは、主人公の父親が精神分析医というところ。
(主役は監督も兼ねたナンニ・モレッティ)
自己コントロールできない患者たちの話は、とりとめもない。
その悩み、弱さを医者の前でさらけだす患者たちの話はリアルで、
それを親身に聞いてあげる主人公の受け答えも興味深い。
しかし、大変な仕事だ。
そんな父親も、息子の死によって自分自身のバランスがとれなくなってくる。

また、自己嫌悪にとりつかれ死まで口にしてた患者が、
ガンの宣告を受けて生きることに執着しはじめる。
カウンセラーはもういらないとまで言い出して。

当たり前のことかもしれないけど、人間の精神のバランスって、
微妙なところでゆれるものだと思った。


後半で、息子が文通してたガールフレンドの女の子が登場します。
何も知らなかった両親は息子の知らない一面に触れて明るい気持ちになるのだが。

ああ、人生なんて意外にあっけらかんとしたものかもしれないって思いました。
こっちはこんなに辛いのに、周りはお構いなしで動いていく。飄々とした顔で。


奥さん役の女優さんが魅力的な人でした。
いつも思うけど、イタリア映画は女優さんが光ってる☆
ジャスミン・トリンカは少年の高校生のお姉ちゃん。
ホッペが赤くて、素朴な感じが可愛いです♪
試着室で弟を思い出し、急に泣き出すシーンには感動しました。

ラストシーンの朝の海がキレイでした。


*2001年のカンヌ映画祭でパルムドールを受賞した作品。

監督 ジョン・ウー 

ジョン・ウー
ご存知、香港の映画監督ジョン・ウー。
ただ今公開中の「レッドクリフ」。
三国志を知らない私も、なんというエンターテイメントなんだ~!と感動しました。
まさしくこれは、ジョン・ウーの「三国志」だと思います。

昨日の夕刊にジョン・ウーのインタビュー記事がありました。
「男たちの挽歌」のヒットで注目を浴び、その後ハリウッドに進出。
「フェイス/オフ」「MI-2」が大ヒット。
監督の地位を確立しました。
私が監督を知ったのは、「フェイス/オフ」からでした。


中国で「レッドクリフ」のような時間も費用も莫大にかかる大きな映画を撮れるようになったのも、
ハリウッドの経験のおかげと語る。
そしてジョン・ウーは映画のプロモでいつも同じようなことを言う。
「平和、友情、強い信念、そして愛」。
確か「ウィンド・トーカーズ」でも同じことを言ってた。
これは彼の生い立ちにも大きく関係しているようです。
まさにジョン・ウーの人生観でしょう。
そして、どの映画でも白ハトが飛ぶのは彼のこだわりのよう。
それは愛と平和の象徴。
貧しかった幼少時代、お世話になった教会への感謝とお礼の気持ちも込めらてるそうだ。

今回「レッドクリフ」では、台詞は最小限にして、
それぞれの心情をキャラクターの動作や表情、そして音楽で表す作りにこだわったそう。
確かにあの琴の協演シーンは圧巻でした!
監督に言わせれば「ピアノとサックスのジャズセッション」とか。
事実私はあのシーンは、ジャズともロックともつかない音の響きに心奪われましたから。

音楽へのこだわりもそうですが、男たちの華麗なアクションも彼の映画の特徴です。
役者たちへのアプローチの仕方が面白い。
出演者たちとのさりげない会話や、食事中の会話やしぐさから、その人となりを察知。
その人らしい雰囲気をとらえ、演じる人物を最良に撮る術をチェックし台詞を決めていくそう!
人間味を感じるジョン・ウーらしいエピソードですよね~~。
台詞や演じ方を撮影時に役者と話し合って決めていくのは、ニコラスもよく話してました。
わ~~、監督はニコラスとも食事しながら、
彼の美しいしぐさもチェックしてたんだ~と思うと、顔がにやけてしまいます(笑)


『映画は本当に素晴らしい。
娯楽であり、芸術表現であると同時に、
自分自身の人生観も発信していくことができるのだから』

このジョン・ウーの言葉に感動しました。
成功者だからの弁ではあるけど、これほど贅沢な生き方はないと思いました。
そして映画が大好きで大好きでたまらないんですね~。
たかが映画ですが、私も映画によってたくさんのことを学び、
たくさんの映画に泣かされ感動してきました。
そして、to be continued・・・です

わが命つきるとも 

wagainoti
16世紀のイギリスを舞台に、権力に屈しなかったトーマス・モアの半生を描いた歴史ドラマ。時の国王ヘンリー8世は、王妃と離婚して別の女性と結婚しようとしていた。だが、トーマス・モアは、断固としてこれに反対、ついに国王の怒りを買ってしまう……。重厚なキャストと、絵画のような映像に支えられた堂々たる作品で、アカデミー作品・監督・主演男優(P・スコフィールド)・脚色・撮影・衣装デザインなど主要なオスカーを総嘗めにした秀作。(allcinema onlineより)
 

’66の作品です。
「ブーリン家の姉妹」を観てこの映画の存在を知りました。
アン・ブーリンのことがもっと知れると思いましたが、
王室に仕えたトーマス・モアという法律家の人生を描いた作品でした。
ほとんどの重鎮が国王に従ったにもかかわらず、
トーマスはヘンリー8世の離婚問題から派生したローマ教会からの独立を認めなかった。
その意思は固く、彼の信念を貫く姿が全編通して描かれてます。
映画は派手さはなく、アクションもサスペンスもありません。
ただ、主演のポール・スコフィールド演じるトーマス・モアの高潔な姿には圧倒されます。
国王に反対することは、そく反逆罪で斬首の刑。
これほどの人物、あの時代でなければ・・・とつくづく思います。

ヘンリー8世を演じる俳優の豪快で傲慢な感じは、エリック・バナに比べると、
とてもはまってる感じ思えました。
アン・ブーリンは結婚式のシーンにちょっと顔を出す程度。

ところでこの映画で思わぬめっけもの。
王宮での仕事を求め、トーマス・モアに近づいてくる野心家の青年がいるのですが、
これがジョン・ハートなんです!26歳のジョン・ハートですよ!!
まるでビートルズみたい(笑)
彼は己の出世のためにトーマス・モアを欺いてしまうのです。。。

j/h
jh

レッドクリフ PartⅠ 

redcrif


ほとんど三国志の予備知識なしでしたが、面白かった~~~ !!
きっとかなりエンターテイメントな作りになってると思うのですが、
映画を楽しむという意味では大満足です。
ものすごいスケールの映画です!!

1800年前の中国。
男たちの熱き闘い。
ジョン・ウーのこだわり、情熱が伝わってきました !
役者のアップのシーンは美しく、
闘いの流れるようなアクションも迫力もさることながら、あくまでも美しい。
ところどころ「フェイス/オフ」がダブルところも

諸葛孔明の金城くんのかっこいいこと!!
知的で温かみがあってユーモアもある。
とても魅力的でした。
redcrif


そして私が一番目をひいたのは、趙雲という腕のある武将.。
オープニングに繰り広げられる彼のアクションは手に汗にぎりました。
将軍の赤ん坊を救い、体にくくりつけて戦う姿のかっこいいこと!!
彼の二刀流も美しい。
役者さんも(フー・ジュン)ステキでした★

それぞれの将軍、武将、軍師のキャラクターをほのめかすエピソードの入れ方もよかった。
孔明(金城)と周瑜(トニー・レオン)の琴の掛け合いのシーンも圧巻。
その音色はジャズともロックとも聴こえる心と腹に響くものでした・・・♪

難をいえば、女性の登場するシーンがちょっとな~~。
夫婦なのになぜにあんなに媚びるようなまなざしをする?
この映画には濡れ場は不要に思うのですが。

それにしても続編が楽しみに思える作品はひさびさ。
来年4月とか。
待ちきれないな~。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。