スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーリン家の姉妹 

bu-rin

16世紀、イングランド。
どちらもヘンリー8世の愛人となりながら、
まったく違う人生を歩むことになる二人の姉妹の壮絶な人生。
歴史物というより、大掛かりなスキャンダラスなメロドラマとでもいいましょうか。
今年はエリザベス1世の「ゴールデンエイジ」を見たばかり。
彼女の母親アン・ブーリンの人生は、こうも壮絶なものだったのかとただただ驚くばかりです。
そしてアンの陰には、これほどに性格の違う妹がいたのかと。

ヘンリー8世は何人もの妻を得た人だそう。
彼は相当有能な人物だったらしいが、
映画を見る限り、その愛欲の節操のなさに唖然としてしまった。
まあ世継ぎを残さなければならない使命感というものもあるのでしょうが。
これを演じたエリック・バナはちょっと似合わない感じが・・・

名誉より愛に生きた妹メアリー。
名誉も権力も得たかった姉アン。
対照的なふたりの姉妹を演じるスカーレット・ヨハンソンとナタリー・ポートマンは素晴らしかった!!

スカーレットは映画によってキャラクターが変わる人。
控えめで情の厚い女性を優しい素顔で演じてました。
なんの役を演じてもその女性にはまる人です。

そして、プライドが高く、王妃の地位にこだわるアンを演じるナタリー・ポートマン。
まるで役が乗り移ったような表情には何度も息をのみました。
出産直後のシーン。
あれほど願ったのに男の子ではなかった・・・
生まれたわが子の愛おしさと、男の子を産めなかった悔しさが交錯する、
ポートマンの複雑な泣き顔にやられました。すごい!!

アン(N・ポートマン)がだんだん正気を失っていく演技に、
思わずスカーレットが泣いてしまったほどと、監督のコメントにありました。
どちらも本当にのめりこんでたんですね~~。


前妻と離婚させるために、結果的にヘンリー8世をローマの教皇と絶縁させてしまうアン。
しかし、彼女の娘のエリザベス1世の台頭によって、カトリックとプロテスタントの共存、そして長きに渡るイングランドの平和が訪れるわけで、皮肉なものを感じるのと、この母娘は国を大きく動かした人なんだなと感慨深いものがあります。

ann
アン・ブーリン

mary
メアリー・ブーリン



スポンサーサイト

私がクマにキレた理由(わけ) 

わたしがクマに
スカーレット・ヨハンソン、ローラ・リニー 、ポール・ジアマッティ

優秀な成績で大学を出るも就職に失敗したアニー。
名前のアニーをナニー(子守)と聞き違えられたことがことから、
ニューヨークの超セレブな家庭の男の子のベビーシッターとなる。
まあ、映画はアッパークラスの家庭のナニーを経験したことで、
自分自身を見つめなおすけっきかを掴むアニーの成長物語。
ストーリー自体にはとくべつ目新しいものはないです。
う~ん、男性にはちょっと退屈な映画かもしれませんね~。

私はこの映画はスカーレットとローラ・リニーが目当てでした
期待通りこの二人、サックリした映画を味のあるいい演技でみせてくれました♪

等身大の女性を演じるスカーレットは、とっても生き生きしてます♪
「タロットカード殺人事件」の延長線のスカーレットですね。
ぽっちゃりスカーレットと言われるけど、よくみるとぜんぜん太ってないんですよね。
あるとこはある、ないとこはないのメリハリのあるボディ。こういうの好き(笑)
面白かったのは、アメリカの女子大生も就職活動は地味なグレーのスーツにペタンコの靴なんです。
子どもに振り回され、その母親の行動に唖然としながら奮闘するアニー。
でも、めげずに頑張るアニーはとってもチャーミングでした。

一方セレブな奥様ミセスXのローラ・リニー。
風格があり気品があって美しい。
この女優さん、こんなにきれいな人なんだってあらためて思いました。
ちょっとキツイ感じはあるけれど。
ミセスXの極端と言える奥様ぶり母ぶりがあってのアニーの怒り、
自分探しが浮き彫りになるわけですよー。
結局、一番不幸なのは子どもでもなくミセスXなわけで・・・

メリー・ポピンズのエッセンスがちりばめられてるところはちょっとファンタジー♪

私はアニーを女手ひとつで育てた看護婦さんのお母さんがとっても素敵だと思いました。
娘と適度な距離をとり、言うことは言う、突き放すとこは放す。
そしてピンチのときは助ける。
あんなお母さんの娘ならアニーはきっと素敵な大人になるだろうなと思いました。



私も19歳の学生時代、ベビーシッターのアルバイトを半年経験ました。
おむつが取れたばかりの2歳の男の子。可愛い子でした♪
よくお漏らしして・・・あれには参った。
坊やのママも優しい方で。

しかし今思うとよく20歳そこそこの女の子に任せたな~と思います。
自分が親になって、ぞぞっとしてしまいましたよ(笑)
私も何も知らないからできたんでしょうねーー。
もし怪我や事故があったらどうしただろう。
よく自転車に乗せて公園行ったりしたから。
まあ、あの子も今はきっと30代?!
ひゃ~~~ですね

P.S.アイラヴユー  

ps : i love you
突然夫が亡くなった。
傷心の妻のもとに、次々届けられる夫からのラブレター。。。なぜ?
その手紙に戸惑いながらも、手紙に励まされ妻は少しずつ希望を見出だしていく。

簡単に言ってしまえばそれだけの映画だけど、
役者と、自分亡き後の妻を気遣う夫の想いに、わたしはやられました~~~。
アイルランドの風景も素晴らしかった!
自分でも驚いたけど、何度か涙が流れました。


映画はイヌも食わぬ夫婦喧嘩から始まります。
はっきり言ってバカバカしい喧嘩ですよ。
それも妻のホリー(ヒラリー・スワンク)の言い分が、女からみても支離滅裂。
やってらんね~~と思う夫(ジェラルド・バトラー)に同情します。
でも、このふたりとっても愛し合ってるんです。

この一見くだらなそうなオープニングが、
この映画の前提なんだなと思いました。
「ビッチで手に負えないホリー、彼女の夫はオレじゃないと務まんない」
その夫の気持ちがわかってるから、この亡き夫からのラブレターが、
未熟もののホリーの心に響くのではと思いました。

ヒラリー・スワンクといえば、「ボーイズ・ドント・クライ」「ミリオンダラー・ベイビー」といった、
強烈な個性をもった主人公ばかり。
そんな彼女が、ジェラルド・バトラーに心底惚れられる
可愛い妻なんて演じられるんだろうかと思いました。

ところが可愛かったんですよーー。
けっして美人じゃないですけど。
気は強いけど、泣いたり、はにかんだり、困惑したり、お茶目だったり・・・とにかく表情豊か!!
クラブで夫に挑発されてセクシーに歌いだすところなんかすごく魅力的☆
こんなヒラリー・スワンクははじめてです。
役者なんですね~~~。すごい!!

アイリッシュの設定のジェラルド・バトラーも包容力のある夫を惜しみなくみせてくれます。
ファンにはたまらないかも~~~。
う~~ん、私はたまに見せる彼の目線がいいなーーと思いました(笑)
彼がアイルランドのクラブの歌手だったという設定も楽しかった。
合間合間に聞かせるアイリッシュのカントリーソングも心地よかったです。

「アイルランドの男はみんな歌うの?」
「セクシーな男だけさ」
だって(笑)

ホリーの女友達ふたりもサイコー♪
3人の会話には何度も爆笑。
友達ってありがたい。
友達の一人はジーナ・ガーション!
私は「フェイス/オフ」以来。
さすが普通の女性を演じててもそこはかとなくにじみ出るセクシーさ。
でもなんか顔が違って見えたけど。(整形した?)

ホリーのママにキャシー・ベイツ。
このママがまたいいエッセンスで。

自分のことでいっぱいいっぱいだったホリーが、
ラストでママの素顔に気付いて優しくなるところは、
彼女の人としての成長を感じて嬉しくなる。

こんなにみんなに愛されてるホリーは幸せものだと思いました。
映画終わったあとも思い出して鼻の奥がつんとなった。

僕らのミライへ逆回転 

bokuranomirai
街の小さなビデオやさんのお話♪

強烈な電磁波を浴びたジャック・ブラックのせいで、
お店のビデオの中身が全部消えてしまう!!
店番を任されてたモス・デフとジャック・ブラックは、
そんならリメイクと称して新しい映画を作っちゃえーとがんばる。
「ゴースタバスターズ」に「ラッシュアワー2」。
「未知への遭遇」「メン・イン・ブラック」・・・

これが安上がりだけどよく作られた小道具や演出が楽しい楽しい。
遠近法にズームのカメラの使い方♪
ノリのいいジャックと、マジメそうだけどおバカそうなモス・デフのキャラがまたいい。
学芸会レベルではあるけど、とにかく可笑しくて笑える!
私もそれらの映画を全部見てるわけじゃないけど、写真だけは見たことがあるので、
そうそうそんな感じだった☆と可笑しくなる。
劇場は3割くらいの入りだったけど、けっこうみんな声出して笑ってました。

ジャック・ブラックはそこにいるだけで面白い人。
なので行き過ぎたドタバタされると、かえって引いてしまうのだけど、
今回はそれもなく安心しました(笑)
ヘロヘロになって歩くとこなんか、コロコロした野良犬みたいで歩いてるだけで可笑しい。

この手作りリメイクビデオはまたたくまに街の大評判になるのだったが。。。
後半の後半から映画のテイストはちょいと変わる。
そして心がほっこりさせらるラスト。
みーんないい顔してるんだな~、これが。
ジャックも♪(ウルッときた)

こじんまりした映画だけど、映画が好きな人には琴線に触れる物語なのでは。

リメイク作成中が多少バタバタしたけど、
それにしても完成したその映画、まとめて見せてほしかったです。

アイアンマン 

アイアンマン1
なぜにハリウッドの中年男たちはみんなコミックのヒーローを演じたがるのか(笑)
ゴーストライダー(ニコラス)、ハルク(ノートン)、
そしてこのアイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)。
しかし、このアイアンマンは中年男であるからこそ,説得力のあるヒーローでした。

軍事産業の社長であり、天才的な発明家でもあるトニー・スターク。
新兵器の視察で訪れたアフガニスタンで、テロリストに突然拉致される。
彼らの秘密基地で最新の兵器を作れと幽閉される。
が、集められた機材や部品でトニーは逃亡用のパワースーツを作り出し脱出。
このへんから、笑わせてくれる。
背景となる状況は笑い事ではないのだけど。。。

さらに、テロリストと接触したことで、彼が作り出した最先端の兵器が、
アフガニスタンのテロリストたちに使われてる事実を知り、自分の罪深さに気づかされる。
いきなり,もう兵器は作らないと記者会見で発表。
新たに発明した新型ロボットに自ら入り、アフガニスタンの兵器を破壊する計画を練る。
しかし、軍事産業で儲けていたとりまきから思いもかけぬ反撃が。

優秀な発明家でありながら、女好きで奔放な性格のトニー・スターク。
これは魅力的なヒーローです☆
ロバート・ダウニーが本当に楽しそうに演じてました。
社長でありながら、自分で作ったロボットに身を包み悪を退治するなんて~!
大人の男性にとっては、大人心も子ども心もくすぐる憧れの存在なのではないでしょうか。

ロボットもいかにも手作り感覚で、実際に作れるのでは?と思わせるほど。
しかし、あのエネルギー源はどこからくるのか(笑)
アメリカの現状と、コミックの世界の痛快さ、ブラックジョークを上手く絡ませた大人のコミックでした。

共演者のジェフ・ブリッジス、グイネス・パウトロー、テレンス・ハワードの存在感もよし!!
久しぶりのジェフ・ブリッジス。
スキンヘッドにはびっくりでした!
貫禄あるな~~。
体も大きいけど、あのゆったりした余裕ある雰囲気が大好きです。声も。

アイアンマン2

落下の王国 

落下の王国
ターセム監督作。
世界24カ国、13ヶ所の世界遺産が背景。撮影期間4年。
美しい石岡瑛子さんの衣装!
ものすごいスケールだけど、
ストーリーはある自殺願望の青年が、病院のベッドで5歳の少女に聞かせる作り話。
このギャップがすごいと思いました。
なんて贅沢な映画なんだーーー!って思わずにはいられません。

ときは1915年。映画のスタントマンのロイは落馬して大怪我をして入院。
半身不随となり、さらに恋人にもふられ生きる気力をなくしてる。
やはり怪我をして入院してる5歳の少女アレクサンドリア。
ふとしたことでアレクサンドリアはロイのベッドをたずねるようになる。
自殺願望のロイはアレクサンドリアを作り話で気を引き、
モルヒネを盗み出させようと仕組むのだったが・・・

rakkano oukoku
ロイの話す物語りにすっかり夢中になるアレクサンドリア。
悪の首領に立ち向かう5人の男たちの壮大なドラマ。
なぜか彼女の想像の世界では、登場人物がすべて病院にいる人になってるのが可笑しい。
その中のかっこいい青年は、アレクサンドリアの頭の中ではロイなのだ。事実二役。
そして悪役はロイの恋人をさらった恋敵。
彼らの行く先はどこもここも幻想的な土地ばかり☆
実際、世界遺産が背景になっているのですが、
その素晴らしい名所があくまで物語の背景として存在してるだけという扱いがすごい。

この映画の見所はまさにその美しい映像と、少女役の女の子!!
とくに可愛いわけでもなく、かなりぽっちゃりした太めの女の子。
さりげなく鼻をかいたり、のっそのっそ歩く姿も自然体、ロイの話も本当に真剣に聞いてる感じ。
監督は、物語と現実の世界の区別がはっきりつかめない年頃はどのくらいなのかを調べ、
その年頃の素人の少女たちの中から、素直で感受性の強いこの少女を選んだそう。
この作り話が、美しい映像とともに不思議なリアリティを生み出してるのは、
この少女の表情によるところが大きいと思う。
演技なのか、素なのか、とにかくこの女の子には笑わされ驚かされた。
そして作り話だった物語が、だんだん現実の世界とリンクしていく面白さ。

人間の想像力って、すごいと思う。
悲観してどんどん落ちることもできるし、何もないところから希望も持てる。
原題は「THE FALL」
想像のファンタジー、とても映画らしい映画だったなーと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。