スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッドナイト&グッドラック  

g&g1


1950年代の実在したTV報道キャスター、エド・マローを描いた社会派ドラマ。
監督・脚本を手がけたのはジョージ・クルーニー。
彼もTV局のプロデューサーとして出演してます。

全編モノクロ、扱ってる題材は共産党主義者を弾圧する“赤狩り”。
まるで50年前の映画を見てるよう。
しかも主人公のマローを演じるデヴィッド・ストラザーンが、隙のないくらいクールで、
まっすぐな眼差し、タバコを吸う姿は、まるで一時代前の銀幕のスターのよう。
g&g2


権力者、政治家の力により、赤狩りの嵐はTV局まで吹き荒れ、
自由な報道、中立な報道ができない状況に追い込まれていく。
しかも、同僚やエド・マロー本人にまで疑いがかけられる。
しかし彼は敢然と立ち向かう。報道を通じて。
毅然とした態度がカッコイイ!!

思想は違っても人間その人を否定すべきものではない。
報道とはどうあるべきか。
そもそもTVとは何か。
マローの言葉は今の時代にも充分に通じるものでした。
言葉の一つ一つがグサリときました。


この脚本を書いたのがジョージ・クルーニーだということに改めて驚かされます。
先日も深夜のニュース番組でも、俳優としてではなく、
アフリカの難民救済活動家として、生真面目に語る姿を見たばかりですが、
彼が社会派で、才能ある俳優であることを再認識しました。
常に問題意識を持ってる人なんだな~。
インタビューではくだらないジョークばかり飛ばしているのにー(笑)
4月公開のジョージ・クルーニー監督作品「フィクサー」が楽しみです。



スポンサーサイト

マイ・ブルーベリー・ナイツ 

ブルーベリー

ウォン・カーウァイ監督作品でこれまで観たのは、「ブエノスアイレス」「花様年華」「2046」くらいかな。
あ、はちゃめちゃコメディの「大英雄」があった(笑)
ブエノス~はストーリー性があったけど、他の2作品はどちらかというと観念的というか
心情的というか、観てすぐ理解できるという映画ではなかったような・・・
なので、きっと雰囲気で見せる映画だろうと正直あまり期待しないで観に行きました。
観たかった理由はノラ・ジョーンズの挿入歌とキャスティングに惹かれて♪

いや~~、とっても雰囲気のあるステキな映画でした
失恋した主人公が、傷ついた心を癒し、また新たな一歩を踏み出すまでの心の旅路。

映画出演初というノラ・ジョーンズ。
失恋した自分のことでいっぱいいっぱいのエリザベス。
そんな主人公を演じるノラ・ジョーンズは、ほとんど素顔でとても初々しく主人公にはまってました。

彼女が出会うカフェのオーナーのジュード・ロウが、
ちょっとこれまでに観たことのない顔を見せてくれてこれも嬉しかったです。
どうしてカウンターの中でせっせと働く男の人ってステキに見えるんでしょうね~~。

エリザベスが旅で出会う人たちが演技派の人ばかりで、この映画に重厚感を与えてます。
若き賭博師のナタリー・ポートマン。
小さな体であの海千山千の貫禄はすごいです。
ノラ・ジョーンズより実際は3歳も年下と知って驚きでした。
あと、レイチェル・ワイズ。
大好きです、この女優さん。
出番少ないけど、やっぱりすごい存在感。
そして、ちょっと衝撃受けたのがデイヴィット・ストラザーン。
『グットナイト&グッドラック』で主演男優賞にノミネートされたオジサマです。
離婚した妻のことが忘られず酒に溺れる警察官。
カウンターでうなだれて酒を飲む姿に『リービング・ラスベガス』のニックがダブってびっくり!!
顔は似てないけど、雰囲気はベンそのもの!
オマケに昼間はお巡りさんなんだもの。(「あなたに降る夢」だ^^)

写真のキスシーンがとってもステキで見とれてしまった
ゆったりと流れて、見終わってジワッと幸せ感に包まれました。

ちょっぴりアジアンテイストを感じさせ、
背景の赤や緑の光が滲んだ色合いはこの監督の個性かな?
先日見たばかりのコーエン兄弟と並び、監督の個性を感じる作品でした。


ノーカントリー 

no country


2007年のアカデミー賞で作品賞、助演男優賞、監督賞、脚色賞を受賞。

  テキサスの荒野で麻薬絡みの大金を持ち逃げした男。
  その男を執拗に追いかける不気味な殺し屋。
  そして、事件を捜査する年老いた保安官。

3人の男の人間模様がコーエン兄弟によって描かれてます。
原作はコーマック・マッカーシー『血と暴力の国』。
映画だけ見てると、まるでコーエン兄弟が作り出した物語のようです。
あたりまえの日常と理解できない犯罪。
人の世の不条理をまざまざと見せ付けられます。
今思うとけっこう強烈でした。
見終えたあと、ちょっとひきづってしまいます。

コーエン作品を見たことのある方なら、唸ってしまうシーンがたくさん。
いえ、さらに磨きがかかってるかもしれません。
美しい光と影。
テキサスの荒野や果てしない道を映す独特のカメラワーク。
何気ない映像に込められた意味のあるシーン。
恐怖を駆り立てる演出。
そう、この映画では確かまったく音楽がなかったような。
台詞も少ないです。
ちょっとした音にも見てるものは耳をすまし、息を殺して見入ってしまう。


殺し屋のハビエル・バルデムの凄みのある演技には度肝抜きました。
めちゃめちゃコワかった~~~!!
本人もたまげたらしいあのおかっぱヘアも、不気味さを倍増させてます。

あと、見てるうちにはまってしまったのは大金をねこばばしようとした男を演じたジョシュ・ブローリン!
この人も上手かったですね~~。
逃げ切れる自信を醸し出すタフガイを見事に演じてました。
ジョッシュ

彼が追い詰められると恐怖で自分もドキドキし、
猛犬に追いかけられるシーンでは私も息が切れそうでした。

そして、ベテランのトミー・リー・ジョーンズ。
なんて間の上手い、人間味のある人なんでしょう。
トミー

彼の存在に救われる思いでした。
ちょうど「ファーゴ」のマージ(F・マグドーマンド)みたいな。
彼が嘆く犯罪の実情は、この時代の80年代から今はさらにエスカレートしてます。
普通の殺人事件じゃニュースにもならない現実には気持ち悪くさえなります。

ラストシーンの会話がこの映画のキーのようです。
私は大きな意味で”愛”なのかな~と思いましたが。

独特のエンディングにちょっと戸惑いますが、この映画はその映像の素晴らしさ(計算された部分と芸術的美しさ)とキャスティングの素晴らしさに圧倒され、なおかつ見たあとも余韻を残すという、やっぱり賞に相応しい映画だったと思います!



スルース 

sleuth

70年代のリメイクとは聞いてましたが、これはビックリ!
ジュード・ロウとマイケル・ケインの二人芝居だったのです。

ロンドンの豪邸に住むベストセラー推理作家の老紳士のところへ、若い男が訪ねてくる。
若い男は老紳士の妻の愛人で、奥さんと別れてほしいと申し出てきた。
ここから推理作家と若き浮気相手との壮絶な心理戦が繰り広げられる。
オリジナル版では、マイケル・ケインがこの青年役を演じてたというから興味深い。


何やら怪しげな仕掛けだらけの豪華なお屋敷。
そして芝居がかった二人の言葉の応酬。
芸達者な二人の演技はすごかった。
台詞の量もハンパじゃない。
途中、二人の演技に驚かされることたびたび。
胡散臭いマイケル・ケインもすごかったけど、
感情をむき出したり、男のいやらしさ醜さもさらけ出すジュード・ロウはとっても魅力的だった★
こういうギラギラした演技をする彼は最高に輝いてる。
一人の女を巡る争いのはずが、いかにお互いを欺けるかという勝負にエスカレートしていく様が
滑稽でもあり恐ろしい。

ただ、物語のはじめの会話に入り込めず、ちょっとトロトロしてしまった・・・
大事なことを聞き逃したような気がしてすごく残念。
できたらもう一度はじめから見直したい!




エバン・オールマイティ 

evan


昨年旅行のとき、飛行機の中で途中まで観た映画。
面白くなったところで、到着が近くなったため強制終了させられた。
結末が気になってましたがやっとレンタルしました

ニュースキャスターのエバン(スティーヴ・カレル)は、「世界を変える!」の信念のもと
晴れて念願の下院議員となる。
そしてある夜、「神様、世界を変えるため、力を貸して下さい」と祈ったら、
なんと、神様(モーガン・フリーマン)が現れ、「箱舟を作りなさい」とエバンに告げる。
この時代にノアの箱舟じゃあるまいし・・・。
しかし、この日からエバンの身に次から次へと不思議なことが起こって、、、さあ大変!!

ジム・キャリーの「ブルース・オールマイティ」の続編というところかな?
でも、こっちのほうがずっと面白かったです♪

落ち着いたモーガン・フリーマンの神様と、
生真面目だけどどこか可笑しいスティーヴ・カレルのエバン。
スティーヴ・カレルは「リトル・ミス・サンシャイン」で変わり者のおじさんを演じてましたが、
あの映画でも独特の味を出してて、妙に印象に残る人でした。
彼は髭があったほうがいい男に見える(笑)

久々にアメリカ映画を観たな~~という感じ。
たくさんの動物も登場して(CGではないらしい)、
なぜか動物たちに好かれてしまうエバンにほのぼのさせられます♪
コメディなのに、神様の言葉にハッとしたり。
スケールがでっかくて明るくて可笑しくて、クスクス笑ったり、大きな声で笑ったり。
ハリウッド映画のこういうとこは好きだな~

ペネロピ 

penerope

可愛い映画でした
先祖の呪いでブタの鼻をもって生まれた名家の娘ペネロピ。
彼女の呪いを解くには、同じ名家の血筋をもつ男性から本当に愛されること。
ところが、彼女に近づく男は皆ペネロピの顔を見て驚き逃げてしまう。
さらにパパラッチがペネロピをネタにしようとあの手この手で彼女に接近しようとする。
そこへ現れる心優しいマックス(ジェイムズ・マカヴォイ)。
さてはて二人の恋の行方は・・・

クリスティーナ・リッチがブタの鼻も違和感ないくらいとっても可愛らしい♪
というか、とっても似合ってた
純粋で好奇心に溢れる可愛い女の子をまっすぐに演じてます。
ペネロピの幸せだけを願うパパやママもユーモアをまぜて暖かく描かれていて微笑ましい。
ペネロピの部屋や洋服もファンタジー色たっぷり。

そして、ペネロピが恋するマックスのジェイムズ・マカヴォイくん。
一見線が細そうでいてなかなか男らしくてステキでした。
ヨレヨレの帽子姿にドキッとしました★

パパラッチのリーダーの男の人(ヒューマンネイチュアでラストにパトリシアと現れる小さい人)も
人の心がわかる人で見ていて幸せな気持ちになりました。いい表情をする人です。
あと、リース・ウィザースプーンに似た女の子が出てるな~と思ったら彼女だったんですね!
ちょっとの脇役だったのでまさかオスカー女優のリースとは気付かず。
でも、かっこいい友だち役でステキでした。

ファンタジーの世界にほんわか浸れる幸せな映画です。
一緒に見た20歳の姪はすっかり気に入ったようです



ウルビーノのヴィーナス 

ヴィーナス

フィレンツェのウフィッティ美術館からやってきたヴィーナスを見に、友人と上野まで行ってきました。
今日は日中は20度近くもあってまるで春の陽気
上野駅周辺は春の陽気に誘われてか、人がワンサカワンサカ。


古代ローマ時代からずっと描かれてきたヴィーナス
1世紀ころのヴィーナスはあくまでも神話の中の女性。
じつにいろんなヴィーナスがいました。
しかし、ルネッサンス期に描かれたヴィーナスは人間味を帯びてきます。
たくさんのヴィーナスの中で、やっぱりこの絵はひときわ際立って輝いてました
ヴェネチアのティツィアーノ作。
ウルビーノのヴィーナスは、そのぬくもりも感じさせる妖艶な女性。
先日TV東京でも特番がありましたが、
まるで誘惑してるようなこちらを向いてる目線が印象的。
絵全体の明るさも他とは違いました。

しかし、この時代の絵画の説明を見てると、神話がたくさん出てきます。
ちょっとついていけません・・・
そしてヴィーナスの周りには天使がいたり、守護聖人の化身がいたり。
この時代の芸術家は神話の世界と現実の世界をいったりきたりしてたんだろうな~~

絵画だけでなくペンダントヘッドや陶器の水差しやモザイク画をはめた美しいキャビネットなど、
当時の華やかさをうかがえる調度品も目を引きました。

平日の昼前でしたが、けっこう混んでましたね。
修学旅行の高校生、中高年のカップル、、、
ゆっくりゆっくり見て回ったら、けっこう時間かかりました。
お土産にポスカを数枚ゲット♪

プロヴァンスの贈りもの 

プロヴァンス

ラッセル・クロウ  マリオン・コティアール  アビー・コーニッシュ

お話は面白そうと思ってましたが、どうしてもラッセル・クロウが苦手で敬遠してた映画。
「エリザベス」で可憐な侍女べスを演じたアビー・コーニッシュが出演してることと、
「エディット・ピアフ」で衝撃的な演技を見せてくれたマリオン・コティアールを観たくてレンタル!
気軽に楽しめるステキな映画でした。
ロンドンのやり手の証券マンが、フランスに住むおじさんのブドウ農園を相続することになる。
高く売って一儲けしようと思ったものの、
プロヴァンスの土地といろんな人に触れて気持ちが揺れて・・・と言うお話。
プロヴァンスの田園風景がとてもキレイ。

回想シーンに何度も登場する、主人公の変わり者のおじさんがアルバート・フィニー!
そしてラッセルの少年時代を演じるのが「ネバーランド」「チョコレート工場」のフレディ・ハイモア くん。
この可愛い美少年がラッセルと同一人物とは(笑)

ラッセル・クロウのロマコメは初めてですが、きっとファンには嬉しい1本になったのでは?
マリオン・コティアールは、本当は美しい人であることがわかったし(笑)、
スッピンでバックパッカーでフラリと現れたカリフォルニア娘のアビー・コーニッシュは健康的で可愛かった♪
エリザベスでの気品溢れるドレス姿の彼女とは180度違う。
こんな発見も映画の楽しいとこですね♪

蛇足ですが、回想シーンでのアルバート・フィニーおじさんとフレディくんの会話。
『僕は将来、コメディアンかギャンブラーになりたいんだ』
『コメディアンに一番大切なものはわかるか』
即座に私はテレビに向かって「タイミング」と独り言。
そしたらおじさんが「タイミングだよ」と言ったんです。
嬉しかった~。
それだけです(笑)

クイルズ 

クイルズ


ジェフリー・ラッシュ ケイト・ウィンスレット ホワキン・フェニックス

またまた見直しました。
いわゆるエロ小説なるものをどんな状況になっても書き続けようとしたサド公爵。
その執念たるやあっぱれです。
それを演じたジェフリー・ラッシュの奇演、怪演は見ものですが、
なんといってもこの映画の注目すべきは、敬虔な神父を演じたホワキンでしょう!!
始めはサド公爵を非難していたホワキンですが、
サド公爵に心酔する洗濯係のケイト・ウィンスレットの影響もあって、徐々に彼の心が乱れていく。
欲望と禁欲に苦悩する姿がたまらなくセクシーー!!
ラスト、真っ白なシャツと上に羽織ってる黒い神父服が乱れていく様も美しい。
彼は素晴らしい役者さんだと思います。

この映画のこの人いい!~パート2 

恋のからさわぎ

思い出したところで、パート2

ホワキン・フェニックス@「クイルズ」

ガエル・ガルシア・ベルナル@「モーターサイクル・ダイアリーズ」

ヒース・レジャー@「恋のからさわぎ」「ロック・ユー!」

キリアン・マーフィー@「バットマン・ビギンズ」

ドン・チードル@「ホテル・ルワンダ」

ジュード・ロウ@「リプリー」

オダギリジョー@「ゆれる」

香川照之@「ゆれる」

ウィル・フェレル@「プロデューサーズ」

ダニエル・クレイグ@「007/カジノロワイヤル」



エリカ・マロジャーン@「暗い日曜日」

シャーリーズ・セロン@「スタンドアップ」

中谷美紀@「嫌われ松子の一生」

アネット・ベニング@「華麗なる恋の舞台で」

クセニア・ラパポルト@「題名のない子守唄」

樹木希林@「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

ケイト・ブランシェット@「ヘヴン」「エリザベス・ゴールデンエイジ」


あるスキャンダルの覚え書き 

あるスキャンダル~

これはコワかった~~~
かなり心理的に恐ろしい映画です。

定年間近のオールドミスの女教師と、赴任してきた美しい美術教師。
美しい教師ケイト・ブランシェットに興味を持ったジュディ・ディンチは、
何かと相談相手になって彼女に近づく。
その親切に感謝の気持ちで応えるケイト。
しかし、一方的に二人の友情を偏狭な枠におさめ、恐ろしいまでにケイトに執着するJ・ディンチ。
その気持ちのありよう、変化があまりにリアルで、
見ながら「コワいよ~~、コワいよ~~!」状態。。。
すべては彼女の孤独感から生まれる妄想と自分勝手な解釈のせい。
でも、ひょっとしたらこんな人いるかもしれないと思わせるほど。

女優二人の演技に釘付けでした。
とくに偏狭な妄想に囚われるJ・ディンチは凄すぎる!!

そう、ビル・ナイがケイトの夫役で登場します。
彼も苦しむ夫を演じてますが、その優しさにホロっとさせられました。

エンディングもぞぞっとする感じで終わります。
コワいけど興味のある方はどうぞ~

ロード・オブ・ドッグタウン 

r/o/d

ヒース・レジャーが出演してた映画だったはず・・・と借りて観ました。
2006年公開の映画でした。

1970年代、カリフォルニアの海岸近く、スケートボードに夢中の少年3人の姿を描いた青春映画。
実話に基づいたストーリーだそう。
今では当たり前に流行ってるスケボーは、実は彼らから始まったらしい。
水不足の夏、カリフォルニアのお屋敷の水のないプールで、スケボーに興じる3人。

仲間でもありライバルでもある3人。
競技会に出たり、ショービジネス界にデビューしたりで、3人の関係も複雑になってきて。。。
はじめはピンとこなかったけど、だんだん3人の個性がたってきてそれぞれにいいですね~~~。
私はロン毛のステイシーという少年に惹かれました(^^;
そう、この映画はこのステイシーによって制作されてます。
彼は映画界に進んだのですね。

スケボーを追うカメラワークがすごいです!
そのリアルなスピード感に酔ってしまうほど。
カメラマンもきっとスケボーに乗って映してるはず。
と、思ったらメイキング映像にしっかりその様子が入ってました。
メイキングでさらに驚いたのは、少年役の3人がスケボーの初心者で、
この映画に入るまでに特訓を重ねたという事実!いや~~、すごい。

彼らが集う町のサーフィンショップのオーナーがヒース・レジャー。
少年たちの頼れる(?)兄貴分。
彼も実在の人だったそうで、歯を入れたり話しかたを変えたりかなり役作りしてました。
まだ20代半ばなのに、こんな兄貴分の役なんだ~とその貫禄ぶりに感心。
ときどきキレる兄貴、ちょっとクレイジーでちょっと繊細なとこは、
本人にもあるとこだったのかなと詮索したりして・・・
ああ、まだまだ見たかったよ、ヒース・・・

ライラの冒険 黄金の羅針盤 

raira2


世界的に有名な英国の児童文学の映画化だそう。
いきなり「この映画は3部作からできてます」の解説。
これから初めて見る映画なのに。。。
え~~このあと2作もあるんだ。
親切といえば親切なんだけど。

いつの頃のお話なのか。
人にはすべて一心同体の守護精霊ともいうべき動物がそばにいた。
こどもの数だけ動物もいっぱい。
それはそれで賑やかで♪

真実を知ることができる”黄金の羅針盤”。
しかしその存在は、世の中を混沌とさせるものとして世界を支配する者たちから恐れられていた。
ある日、ライラの手に羅針盤が渡される。
ライラこそ、世界でただ一人羅針盤を解読できる人間だった。

彼女を捕らえようとする者たちとの闘い、
そして真実を知るために冒険へと旅立つライラ。

おてんば娘のライラの大冒険のお話ですが、
この手の映画はこの世界感にはまるまでしばし時間がかかるワタシです(笑)
前半はちょっとわからないこともあったりしたのですが、
かっこいいクマが登場してから俄然面白くなりました。
ちょっと展開が早い気もしましたが。

しかしファンタジーのお話で、なぜにクマの王国なのか。
どうしてファンタジーの主人公ってこんなにも勇敢で頭がいいんだろう。
などと考えてしまったけど、そんなの考えちゃいけない。
そんなこといったらキリがないことがいっぱいだから(笑)

ライラ役の新人のダコタ・ブルー・リチャーズちゃんの素晴らしいこと!!
ハリウッド・ビューティーのニコール・キッドマン、渋いダニエル・クレイグ、サム・エリオットを
相手にしてもぜんぜん引けをとらない図太さ大胆さ!!
raira6

見どころはダコタちゃんの活躍と、勇敢でかっこいい鎧クマ!!

raira4

そして飛行船の船長のサム・エリオット。
ゴーストライダー並に渋かったです!

raira1


確かにエンディングは、その先が楽しみとなるような作りになってます。
ちょうどロード・オブ・ザ・リングの一話みたいに。
あまり間をあけずに見せてほしいものですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。