スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潜水服は蝶の夢を見る 

s

人間ってなんてすごいんだ~って思いました!!
脳梗塞で全身麻痺した人間が、たった一箇所動く左まぶたのまばたきだけで言葉を伝え、
本を出版したという実話です。
得てしてこういうタイプの映画は、感傷的に描かれたり、涙の感動作に作られることが多い。
でも、この映画は違いました。
主人公のナレーションにより語られ、彼の左目の目線で描かれるという手法により、
ありのままに彼の心に沿って見入ってしまう。
静かに心にしみこんでくる素晴らしい映画でした。

一時は『死んでしまいたい』と思う主人公。
しかし、瞬きによる言葉の伝達方法を教えられ、
『もう自分を哀れむのは辞めよう』と心に決める。
左目のほかに自分には”想像力と記憶”という自由があるではないか!
彼の強さ、人間性を失わずにいようとする姿に圧倒されました。
体は潜水服に閉じ込められても心は蝶のように自由に羽ばたく。

彼の言葉を汲み取る言語療法士の献身的な働きにも、言葉でいえないほどの感動を覚えます。
彼のまぶたを見ながら、使用頻度順に並べ替えられたアルファベットを何万回も言う。
彼が瞬きをしたアルファベットを一字一字書き取り、言葉をつなげ文章を書く。
気の遠くなるような作業。
ああ、人は人によって生かされてるんだと強烈に感じました。
そんなスタッフに感謝の気持ちを伝える「メルシー」の言葉さえ何分間も要する。
人間にとって、言葉と時間、そして相手を思いやる気持ちが、とてつもなく大きくて大切なものに思えるシーンでした。

彼の想像や記憶の世界で描かれる映像が美しい。
いかに彼が心豊かな人であるか知ることができます。
年老いた父親との思い出、家族とのエピソードなどは宝物のよう。
現実の世界とその心の世界の映像の切り替えに違和感がない。
芸術的ともいえる映像は、アーティストである監督によるものであることが大きいようだ。

主人公を演じるマチュー・アマルリックが素晴らしかった★
なぜ、アカデミー主演男優賞にノミネートされなかたんだろう。
全身麻痺した彼と、病気になる前のバリバリ仕事をこなし多くの女性とも派手な付き合いがあった彼。
どちらも人間味に溢れて魅力的な男だ。
マチュー・アマルリックは、目にキラッと光があって芸術家を思わせる雰囲気のある人。
とくに、言葉が通じない状態になってからの彼によるナレーションがいい。
自分を常に客観的に見ていて、ユーモアのセンスに溢れている。

いい映画だったな~と、あとからもしみじみと思い出されます。




スポンサーサイト

エリザベス:ゴールデン・エイジ 

エリザベス

おお、ケイト・ブランシェット~~~!!!
それに尽きますね~。
9年前の「エリザベス」で、自分の人生すべてを英国に捧げると宣言して女王が誕生。
そして、今回の「ゴールデンエイジ」のエリザベス。
さらに美しく、気高く、強い女になってました。
その貫禄は言葉の端はし、また所作の何気ないところにも表れてて、ケイトその人自身の月日の積み重ねも感じさせるものでした。

今回のエリザベスの見所は”人間エリザベス”に焦点を当ててるところだと思います。 女王としての強さと、女の本音としての弱さ・愛する男を思う女心、その揺れ動く女王の葛藤が描かれてます。

しかし、このケイト・ブランシェットは本当に見事でしたね~~
衣装の豪華さもすごいし、それに負けないケイトもすごい。 女王の衣装をまとって立ち尽くす姿はまるで計ったようにつくられた蝋人形のよう。 寸分の狂いもないそのスタイル! そしてスペインとの戦いで最前線に立ち、兵の前で「我も皆と戦わん!」と叫ぶ勇ましい甲冑姿! 惚れ惚れして鳥肌が立ちました。
エリザベス。


無敵艦隊との戦いのシーンも迫力ありましたが、歴史ものというより人間ドラマに焦点を当てた作りになっていたので、その辺の攻防はあっさり描かれてたような気がします。


   *************


この映画を見るにあたって前作を観ました。
私はたぶん9年前に見てなかったと思います。
そしたらこれがキャスティングも素晴らしくて面白かった!

エリザベスの側近であるウォルシンガムはジェフリー・ラッシュがそのまま演じてます。 なかなか味わいのあるいい男です。 ゴールデン・エイジではさらに貫禄ついてます。
そして、女王になる前に恋仲だった生涯の人と言われる恋人ロバートにジョゼフ・ファインズ。 彼と踊るダンスがたびたび映し出されますが、このダンスは「ゴールデンエイジ」でも 要のシークエンスになってます。たぶん回想シーンは9年前のケイトの絵だと思います。

英国を分断するプロテスタントとカトリックの紛争。英国議会の中も真っ二つに分かれてて、そのカトリック派の中枢の大臣がクリストファー・エクルストン。 こんなに逞しくて男らしいエクルストンを見たのは初めてです。

あとですね~、エリザベスが女王に就任して「女王を暗殺せよ」のローマ法王の密書を 英国内に運ぶローマの僧侶が007のダニエル・クレイグ!黒尽くめの僧侶姿がかっこいい~。 (たぶん9年前はぜんぜん知らない俳優だった) しかしこのダニエルさん、ミッションを果たす前にあえなくつかまり手ひどい拷問を受ける。あちゃ~~。なんだか<ダニエル=拷問>の構図に苦笑い。

スコットランド女王メアリーがファニー・アルダン。今よりだいぶスリム。 名前は同じですが、ゴールデンエイジのメアリー(サマンサ・モートン)はこの人の娘のようです。

というわけで1作目も、英国を狙う周辺国や内部のさまざまな仕掛けに立ち向かう「エリザベス」を豪華なキャストとともに楽しめました。


   ***********


前作ではロバート(ジョゼフ・ファインズ)、今回は冒険家ローリー卿(クライブヴ・オーウェン)を持ってきて、エリザベスの恋をさりげなく中心に持ってきてますが、私は前作と本作を続けて見て、側近のウォルシンガム(ジェフリー・ラッシュ)と女王の信頼関係にしみじみさせられました。

そうそう、「ゴールデンエイジ」のはじめのほうのシーンで、二人きりになったとき、 女王がウォルシンガムの頭をぼんがり叩いて、「人前で結婚の話はするな!」というところに一人でうけてしまいました。だってケイトの叩き方が女王らしからぬ姿で、しかもすごく親しげな叩き方だったから~。あれだけで二人のよき関係が理解できそうな楽しい場面でした♪

これはオススメします。できたら前作観てからご覧になるとより楽しめます。
私は「ゴールデン・エイジ」を観てから、またさらに「エリザベス」を再び見直しました(笑)






コミック『チェーザレ~破壊の創造者~』 と TV『三つの都の物語』 

che-zare

コミックです 。

15世紀ルネッサンス期。
ヨーロッパ統一の野望を抱いたチェーザレ・ボルジアの物語。
父親がローマ法王という血筋でありながら、
その地位を捨て、イタリア制覇しようとして戦った男。
コミックをみると気高く計算高く、しかもかなりの男前。
なかなか魅力的な男です。

お話は架空の人物アンジェロという青年をストーリーテラーにして、
彼を主人公に絡ませながら進んでいきます。
このアンジェロもなかなか面白いキャラでして。

チェーザレの生き様と時代の流れも興味深いのですが、
惣領冬実さんの描くフィレンツェ、ピサの風景、建物、
そして建物の調度品や美術品など、実に細やかで時代絵巻を見てるよう。
若かりしダ・ヴィンチとの邂逅もあったりして、ワクワクです。
c
うわ!見てきたまんまだ!


現在単行本は4巻まで出てます。
週刊モーニングに掲載中とのこと。
1年に2巻のペースで発刊みたいですね。
まだ16歳なのでまだまだ続きそう。
楽しみが増えました。

ちょうどこのコミックを読み始めたころ、
録画したまま見てないビデオを見つけました。
H13年にBS放送された「三つの都の物語」
塩野七生さんとビートたけしによる、イタリア三都市の紹介番組でした。
三都市とはローマ、フィレンツェ、ヴェネチア。
まあ!旅行したとこだ!(もっと早く見ればよかった)
見応えのある濃い番組でした~。

その中のフィレンツェのくだりで、
塩野さんがチェーザレを詳しく説明してくれました。
指導力、決断力にたけ、策士でもあったとのこと。
時の風雲児だったようです。
che-


ちょうどコミックを読み始めたばかりだったので、
なんてタイムリーな!と嬉しかったです。

ビートたけしはヴェネチアは何度か映画祭で行ったことはあったようですが、
それ以外の都市は全く初めてとか。
イタリアの文化、歴史について彼の素朴な疑問質問が面白く、
それに丁寧に応えてくれる塩野さんのお話も興味深かったです。

それにしても7年前に録画したものを今頃見るなんて~。
でも録画したときはイタリアに本当に行けると思わなかったし、
イタリア語を習うなんて考えてなかったな(笑)

日本アカデミー大賞 

作品賞は『東京タワー』でした。
個人的には『きさらぎ』に応援してましたが。

しかし主演女優賞は樹木希林さんにとってほしいと思ってたので、嬉しかった!!
あの魂の演技、忘れられません。

去年のこの映画のレビューを読み直してたら、
2007年の主演女優賞は希林さんに決定!!と私は決めてました(笑)

やったね、ワタシ♪
おめでとう、希林さん♪

シルク 

silk



予告編はとてもいい感じだったのですが・・・
原作はイタリアの人気小説みたいですね。

1860年代、日本は江戸末期。
フランスからはるばる日本に蚕の卵を求めてやってきた主人公が、
東洋の魅力に包まれたある日本の女性に惹かれてしまう。
その女性から彼は日本語の手紙をもらう。
プラトニックな関係ではあるけれど、彼の恋い慕う気持ちは抑えられなかった。
本国には新婚の美しい妻がいるのに、彼は日本へ3回もやってくる。

フランスからやってくる青年の物語かとおもいきや、これは夫婦の物語なんですね。
ただ、それぞれの人物描写がいまいち踏み込まれてなくて、
残念ながらこちらに響くものがありませんでした。
あえて言えば主人公マイケル・ピットの妻役のキーラ・ナイトレイの存在、
演技が一番印象的だったかも。
こんな控えめで優しい女性を自然に演じることの出来る人なんですね。
笑顔が本当に愛らしい。
あとフランスのリヨンの娼館の主の中谷美紀。
出番は少ないのですが、ハリウッド映画の中でも彼女の存在感は素晴らしかったです。

当時のヨーロッパの田舎、そして日本の山村の冬風景がとにかくきれい。
マイケル・ピットの着物姿も新鮮。
幻想的な坂元龍一の音楽も素晴らしい。
ラストに待ってたプチサプライズも、ちょっとホロっとしました。

しかし作り手の日本に対するイメージが先行してしまったのかな、
日本人が見ると違和感を感じてしまうのはしょうがないのかも。
とくに主人公が惹かれる美しい日本女性(何千人の中から選ばれたそうだが)が、
深みがなく彼女の行動も理解できないことだらけ。

興味深い役者たち(役所広司も出てますよー)、惹かれるテーマだったのですが、
こんな感想ですみません。

陰日向に咲く 

kagehinata


原作は劇団ひとりの小説。
2年目にして100万部を越えたとか!

  どんな人にも、そばで支えている人がいるんだよ。
  気付かないかもしれないけど、誰かが君を応援してるんだよ。

そんなメッセージかな?
ちょっと照れるけど・・・

しかし、これは小説とは別物と捉えたほうがいいかもしれません。
かなりエモーショナルな雰囲気の映画になってましたから。
でも、映画にするにはこのくらい大げさにしないとインパクトがなかったのかも。

小説では、淡々と進むクスクス笑える一つ一つの話が、
終盤ひとつに繋がってちょっとホロッとする。
その鮮やかさに驚くと共に、ほっこりした読後感を味わいました。
あのクスクス感や、ほっこり感は映像にするには難しい。
なにより小説の語り口が劇団ひとりのコントみたいな部分はなおさら。
どうしても岡田くん演じるダメ男を主人公にして展開させる必要があったんでしょうね~。

しかし、岡田くんはかなり頑張ってたけど、やっぱり見栄えがいいですからね~~。
ダメ男、トホホ感を出すなら、思い切って劇団ひとり自身が演じてみたらどうだったか(笑)

35年前のお笑いコンビの伊藤淳史くんと宮崎あおいちゃんは可愛かった~♪
とくにぜんぜんウケナイお笑いを必死に演じる伊藤くんは、
そのまんまみたいなところがあって涙ぐましい(ゴメン、伊藤くん^^)

一見本筋とは離れてるけど、秋葉系のアイドル追っかけのエピソードも心温まるお話。
オタクの塚本高史くんもよかった♪
西田敏行、三浦友和の安心な演技はさすが。

しかし、いかにも日本人が好みそうな作りの映画になってましたが、
原作者は満足だったでしょうか(笑)
そこんとこ、本音をお聞きしたい。

テラビシアにかける橋 

terabisia

家庭が貧しく、4人の姉妹に囲まれた11歳の少年ジェスはいじめられっ子。
家の中でもなんとなく居場所がない。唯一の彼の楽しみは絵を描くこと。
そこへ隣に自由奔放な不思議な女の子が引っ越してくる。それがレスリー。
レスリーは想像力たくましく、走れば男の子より足だって速い。
嫌なことがあっても忘れちゃえばいいのよ、と彼女は言う。
「想像して。心の目を大きく開いて」と、明るく笑う。
本当は彼女もひとりぼっちだったのだ。
いつしか二人は友達になり、森の中にふたりだけの秘密の王国を作る。

パンズラビリンスとは違いますが、この映画も現実とファンタジーに分けて描かれてます。
でも、ファンタジーはあくまでも二人が作った想像の世界なのです。
二人は森のモンスターに捕らえられた者たちを助けるため、モンスターと闘う決意を固める。
その王国の世界が、学校や家でのこととリンクしてるのがいかにも現実的で面白い。
いつも一人ぼっちだったジェスとレスリーが日に日に明るくなってくる。

ところが、後半突然に悲しいできごとが起きて・・・


ジェスという少年の心の成長を描いた作品です。

いつもジェスに厳しい父親が、しっかり彼を抱きしめて慰めるシーンは泣けてしまいました。
ああ、お父さんはちゃんと見ていてくれたんだって。
ジェスのお父さんは、子どもでただ1人の男の子であるジェスにはとっても厳しかったのです。
それはきっと、将来男としての生きる道を教えるためだったのかもしれませんが。
健気に家の手伝いをし、見よう見真似で大工道具を使いこなすジェスに、
優しさと逞しさを感じてしまいまいした。

子どもが見ても大人が見ても、それぞれに感動のツボがある作品だと思います。

私は主役の二人が野原を思い切り走るシーンが、可愛くて可愛くてプチ感動しました(笑)
子どもの頃って、意味もなくこうやって走ったりはしゃいだりして、
体いっぱい使って遊ぶものなんですよねーー。
無心って美しいな~~と思います。

子役たちの演技には参りました。
とくに主演の二人は素晴らしい★
あ、ジェスの妹役の女の子も(笑)
彼女の表情たっぷりのオマセちゃんぶりは、何度か劇場内を笑わせてくれました。

ジェスを演じたジョシュ・ハッチャーソンの、どこか田舎くさい純朴なとこ、
そして優しくてちょっと繊細なところはとてもはまってました。

そしてレスリー役のアンナソフィア・ロブ!!
「チャーリーとチョコレート工場」でガムをくちゃくちゃ噛んでた生意気な女の子です。
かけっこも速く、男の子まさり。
健康的で伸びやかな四肢、想像力たくましい大きな瞳、くったくのない笑顔。
彼女の存在自体がファンタジーなのでは、と思うほどの存在感でした。

ちょっと切ないけど、いいお話です


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。