スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善き人のためのソナタ 

 sonata


素晴らしい映画でした!
これを劇場で観てたら、間違いなく2007年のベストのラインナップに入れました。
見応えのあるヒューマンドラマでした。

ベルリンの壁崩壊のちょっと前の東ドイツ。
1980年代にもまだこのような体制があったのかと唖然としました。
徹底した監視国家。
反社会的な人間に対してその言動を徹底して監視して、証拠を掴んで監獄入りさせる。

主人公は秘密警察の局員ヴィースラー。
国家に忠誠を誓う真面目で優秀な男。
彼が盗聴して監視するのは、反体制の疑いのある人気劇作家ドライマンと同棲相手の女優クリスタ。
しかし、お互いに愛し合い、文学や演劇を自由に語り合う二人にヴィースラーは心動かされる。
究めつけは、ドライマンがピアノで弾く美しい曲「善き人のためのソナタ」。
「この曲を聴いた人は悪人になれない」
さりげなくつぶやいたドライマンの言葉。
(できたらこのソナタを劇中もっと聴きたかったです)

秘密警察、ヴィースラー、ドライマン、そして恋人のクリスタ。
彼らが織り成すドラマに目が離せませんでした。
ひょっとしたらとても暗いエンディングになってしまうのでは??と
終わりに近づくにつれ不安が募ってしまいました。
しかし、、、、
あのラストはすばらしかった!!!
ここでこうやって見せてくれるのか~~~!!
目頭が熱くなりました。
久しぶりに、エンディングに感動した映画です。

主人公ヴィースラーを演じたウルリッヒ・ミューエの表情が忘れられません。
感情をほとんど表さないヴィースラーですが、
間違いなく彼の目は、ドライマンたちにかかわって変っていくのです。

人間同士の愛を感じる深い映画でした。



スポンサーサイト

ジェシー・ジェームズの暗殺 

jjの暗殺



19世紀アメリカ、悪名高き犯罪者ジェシー・ジェイムズ。
略奪、強盗、殺人、人を恐怖に陥れた男として名を馳せたとか。
私はぜんぜん知りませんでした。
彼の生き様と、ジェシーをリスペクトし憧れ、なのに暗殺してしまった若者ロバート・フォードを描いた作品。

3時間近くある映画ですが、長いとは感じませんでした。
ただ、後悔したのは事前情報をチェックしておくべきだったかと・・・
ジェシー・ジェイムズという人間、そしてその犯罪グループの仲間たち。
彼らの逃亡の行く末の物語なので、彼らがどのように生きてきて、
誰が誰にどういう思惑をいだいていたのか。
それと仲間の顔と名前が中盤まで一致しなくて把握しずらかったです。
これからご覧になる方は、ぜひチェックしておいたほうより理解しやすいと思います。


かなり心理戦的な映画です。
なので役者たちの表情から目が離せません。
笑いながらかわす会話にも思惑が潜んでいてハラハラしました。
ジェシーを演じるブラッド・ピットは怖かった~~~!
ボブが憧れる存在である人物であることは、ブラッド・ピットその人からもそのオーラは出てました。

そして、子どもの頃から彼に憧れ、彼になりたかったボブ・フォード(ケイシー・アフレック)
ケイシー・アフレックは見事に、情けなくて愚かな男にはまってました!!
微妙な心理を表情だけで表すシーンが多く、その一つ一つの顔からボブの心が読み取れ
ハラハラしたり、その愚かさ、傲慢さに情けなくなり、よくも悪くも彼には見せ付けられてしまいました。
観ているのが辛くなるほど・・・。
役者としてすごくやりがいのあった役だったのではないでしょうか。
彼の役者としてのステップアップになった役だったことは間違いありません。

あと、ボブの兄のサム・ロックウェルも、さりげない演技でしたが上手かった。
とくにラストのサム・ロックウェルにはぜひ注目していただきたい!!
しかし映画としてはとても後味が悪いものでした。
役者たちの息詰まる演技は見応えありますが。
ブラッド・ピットファンとしては、この映画はちょっと辛かったですね~。

転々 

tenten

『時効警察』の三木聡 脚本・監督作品。
原作は藤田宣永。

借金まみれの大学8年生の文哉は、ある日、借金取りの男に提案をもちかけられる。
霞ヶ関まで、男の散歩に付き合ってくれたら借金は取り消し、さらに100万の報酬をくれると言う。
怪しいと思いながら、文哉はその男に付き合うことになる。
何やらその借金取りには事情がありそうなのだが。。。
二人の男の東京ぶらぶら散歩物語。

どうってことない話で、のんびりゆるゆるに進む。
でも、なぜか眠くもならない。
相変わらず小ネタやギャグもちょこちょこあって、クスクスと笑わせられる。
時効警察コンビの岩松了とふせえりのギャグシーンは、
どうかと思うこともしばしばだったけど(^^;

三浦友和、オダギリジョーの掛け合いは息が合ってて、間も絶妙。
三浦友和ってこんな息の長い俳優になるとは思いませんでした。
味わい深い俳優になりましたね。
オダギリジョーも『ゆれる』のような役も合ってれば、こんなゆるゆるの大学生もはまってる!
ひょっとしたとき見せる間抜け顔が好き(笑)いい人そうで~。

さらに、こんなところにこの人が!という意外な俳優たちが登場☆


実の両親との記憶がない文哉と、
人生の幸せをどこかに忘れてきてしまったような男、福原。
この二人が、東京を歩きながら擬似親子のような体験をするシーンではほんのりしてしまいました。
大人になれば、お金さえあればある程度なんでも体験できるし手に入れることも出来る。
でも子どものとき、親と動物園に行ったり、ジェットコースターに乗る体験は大人になってからはできない。
変なところでちょっぴりウルッときてしまいましたね~。

人の優しさ、人と繋がってることの幸せをしみじみ感じてしまう物語でした。

(渋谷アミューズCQNにて)


ブラックブック 

brack

これは面白かった!!
2時間25分という長さにもかかわらず、中だるみすることなくラストまで夢中になって観てしまいました。

1944年、ナチス・ドイツ占領下のオランダ。
主人公は美しいユダヤ人歌手ラヘル。
家族を目の前で惨殺され、生き残ったラヘルはレジスタンス活動家たちと行動をともにする。
やがてナチス内部にスパイとして潜入、ナチスの将校に近づく。
彼の愛人になることに成功するが、自分も彼を愛するようになり・・・。

ラヘルをとりまく事件の影にうごめく裏切り者たち。それはナチスにも、そしてレジスタンスにも。
敵味方関係なく、欲にとりつかれた者たちの執拗なまでの執念が恐ろしい。
ドキドキの連続、謎をさぐる面白さ。
ユダヤ人迫害を描く戦争ドラマというより、動乱の時代を生きた女の戦争サスペンス。
まさしくこれはエンターテイメントでしょう。

ラヘル(スパイになったときは名前を変える)を演じる女優さんが、
まるで50年前のスクリーンから出てきたようなレトロな雰囲気。
美しくて可愛らしい人でした。
過酷な運命の中、強く生きるラヘルになんとか幸せになってほしいと思いながら観てしまいました。
彼女の体当たりの演技は見もの!



キリクと魔女 

キリクと魔女

98.フランス映画。
少年キリクと魔女カラバの御伽話です。
アニメーションはあまり自分から進んでみる方ではないのですが、
友だちの評判がとてもよく、ちょっと気になってました。

まず絵の色合いがとてもキレイ!!
とくに赤や青の原色がキレイ。
魔女カラバの衣装にも魅せられました。
あと、森や草木の色合いも日本のアニメとはちょっと違いますね。

「なぜ魔女はいじわるなの?」
「なぜ、魔女は魔女なの?」

純粋な疑問を持つキリクが、純粋な心で魔女に立ち向かいます。

魔女の住むお城に向かう途中会いに行ったおじいさんの言葉も心にしみました。
ボクを守るお守りをちょうだい!キリクが頼むとおじいさんは断ります。
「お守りがあるからといって何もしない者たちのことを魔女はちゃんと知ってるんだよ」
「裸で向かってくるものが一番強くて怖いということを。純粋な知性がね」

アフリカ音楽とキクリの冒険が楽しい映画でした♪


はじめ字幕で観て、特典のメイキング映像を見たら、
声優がキリクが神木龍之介くん、魔女が浅野温子。
龍之介くんはまだ8歳くらいかな?
とっても可愛い!!
監督がキリクの気持ちを丁寧に伝えると、マイクの前で真剣な眼差しで一生懸命聞いている。
そして本番。
ハキハキと元気にキリクになりきってました。
その姿にウルウルしてきて(^^;
あんなに小さい子がちゃんと主人公の気持ちになって声で演じてるなんて感動します。

浅野温子の魔女もはまってました。
声優は初めてだそうで、一番やりたいのはドラえもんだって(笑)
ああ、彼女がいたじゃないか!!って思いましたよ。

というわけで、メイキング観たあと、吹き替えでも観てしまいました。
吹き替えもすごくいいですよ~~~!ぜひ!!

俺たちフィギュアスケーター 

俺たち

今年の1本目はコレ

かなりのオバカ映画なんですけど、笑った笑った!
基本的に、くだらないギャグだけのオバカ映画はあまり好きではありません。
でも、この映画はオバカはオバカでも、主人公たちはフィギュアスケート界の
トップスターなわけですから、役者たちはかなりのトレーニングを要したはず。
そのプロ根性に拍手を送ります。こんな映画なのに・・・。
ちょっと意味不明な感想 

フォロモンむんむん、ロッカー風情のスケーターのウィル・フェレル。
かたや繊細かつナルシスト系の天才スケーター、ジョン・ヘダー。

世界選手権で同点1位だった二人は、表彰台で大喧嘩を始めてしまい、
金メダル剥奪のうえ、選手協会から追放されてしまう。
その後、あるコーチの勧めで男性初のデュエットを組み、再び選手権で一花咲かせるという物語。
男同士のデュエットということ自体がこの映画の見所(笑)

下ネタも多いけど、あっと驚くシーンの大胆さにあんぐりしたり、大笑いしたり。
ブラックユーモアもけっこうキツイ
でも、決め技を生み出すまでの涙ぐましい努力はそれはそれは大変なもので・・・

ウィル・フェレルは本当は苦手な部類の役者さんでした。2~3年前までは。
どうしてもあのマントヒヒ顔が好きになれなくて・・・
顔のパーツをちょっと変えると宇梶さんにも似てるのに、
ちょっと配置がずれるだけでこんなに変るものかと不思議に思ったり。(ごめんね)

でも、「プロデューサーズ」の彼を観て、まさに目からうろこ!
「あんた役者やの~~~~!!!」と感心してしまいました。
本作でも、彼の体当たりのコメディアンぶりが見られます。
若手のジョン・ヘダーも、可愛いのか可愛くないのか微妙なところを上手くついててなかなか楽しい。
そうそう彼が日本語を話すシーンがあるのですが、その流暢さに驚きました!

1人でも行くつもりだったのですが、友だちを誘ったら即OKしてくれて嬉しかった~。
観たあと、「オバカだね~~~!」と盛り上がるのがまた楽し♪
劇場出たら何も残らないけど(笑)、観てる間は本当に可笑しい映画 

灯台守の恋 

灯台守の恋

フランスのとある海沿いの小さな村。
灯台守として他の土地から若い新米のアントワーヌが赴任してくる。
保守的で閉鎖的な村人たちは彼を受け入れようとしない。

しかし、灯台守の夫を持つイヴォンは、
村人の偏見にもめげず健気に勤めを果たすアントワーヌに、しだいに好意を抱いていく。
またアントワーヌのほうも、さりげなく気遣ってくれるイヴォンを密かに愛するようになる。

いわゆる道ならぬ恋なのだが、この映画で注目すべきはイヴォンの夫マベ。
はじめこそ青年を受け入れようとしなかったが、青年の誠実さに触れて彼を信頼するようになる。
村の友だちを敵に回してまでも彼を守ろうとする。
いつしかこの二人には友情のような絆までできてくる。

そう、この夫には何も非はないのに、妻とアントワーヌは密かに激しく惹かれあっていくという辛さ切なさ。
マーヴェは妻を責めようともしませんでした。
怖かったのかもしれませんね・・・
恋するものの切なさではなく、マーヴェの気持ちを思うとなんとも辛い物語でした。

この3人の出来事は1960年代のこと。
後に1冊の本からマーヴェの娘はすべてを知ることになる。
この娘が導入部とラストに登場します。
両親の若かりしころの、ほろ苦く甘酸っぱい思い出を知った彼女は、当時の両親を想って胸を熱くする。
それは母を責めるものでもなく、父に同情するものでもなく。
両親が住んでいた家から海に立つ灯台を見つめる娘。
構成もロマンティックです。

敬愛なるベートーヴェン  

ベートーヴェン

エド・ハリス、ダイアン・クルーガー。
「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」の二人を見て、この映画を観てないことを思い出しました。

長髪のベートーヴェンヘアのエド・ハリスは、はじめ彼に見えませんでした。
しかし粗野で気遣いのない天才音楽家ぶりは、みごとにはまってましたエド・ハリス。
なによりあの天才っぽい狂気の目が・・・

難聴のベートーヴェンのコピスト(写譜師)となる女性アンナを通して、ベートーヴェンを描いた作品。
フィクションだそうです。
作曲家をめざす気丈なアンナは、傍若無人で品のないベートーヴェンに驚きます。
失礼な言動のオンパレードにはこっちもちょっとげんなり(^^;

アンナが自分が作曲した曲をベートーヴェンに見てもらうシーン。
テンポのいいリズムをピアノで刻みながら、「まるでオナラのようだ」と茶化すベートーヴェン。
そのバカにする様子に、怒りと悲しみでみるみる表情がくずれていくアンナ。
ダイアン・クルーガーが可愛くて可哀想で。。。

はじめは女のコピストかとバカにしていたベートーヴェンも、やがて彼女の実力を認めることになる。
圧巻は「第九」の演奏発表会。
アンナのサポートによってベートーヴェンは指揮をこなす。
途中に合唱が始まるシーンなどは鳥肌が立つほど。
20分くらいの演奏シーンは素晴らしいです。
その間、アンナはずっと演奏者の影からベートーヴェンへ指揮の指示を出し続ける。
二人の信頼感が一体となったシーン。

偉大な作曲家も役者も芸術家というくくりでは同じ人間なのでしょうね~。
入魂のエド・ハリスの演技にそう思わずにはいられませんでした。

いつか読書する日 (2004) 

いつか読書する日

BS放送を録画してあったもの。
出演、田中裕子、岸部一徳、仁科亜季子、渡辺美佐子。

いい映画でした。2時間しっぽりと浸ってしまいました。

場所はのどかな風景と坂道の長崎。
美奈子(田中裕子)は50歳。独身。1人暮らし。
朝は牛乳配達をして昼間はスーパーで働く。
生きがいは18年続けてる牛乳配達と言い切る。趣味は読書。
しかし彼女には高校生のときから心に想い続けてる人がいた。
あることがきっかけで疎遠になり、自分の気持ちを心の奥に秘めて30年あまり生きてきた。

高梨(岸部一徳)は市役所の児童課に勤める真面目な男。
末期がんの妻の看病をしている優しい夫だった。
平凡で優しい夫ではあったが、ある日病床の妻(仁科亜季子)は気付いてしまう。
牛乳が飲めない夫が牛乳を取り続けてることに。

人生の折り返し地点をとっくに過ぎた男女の淡い恋。
見た目はオジサン、オバサンでも、その純粋な恋心は高校生のときのまま。
そのドキドキ感を感じさせるのは主演ふたりの上手さでしょう。
美奈子がラジオに投稿した美しい文面と、リクエスト曲の『雨の日と月曜日は』に泣けてしまいました・・・

自分が亡き後、夫が長年思い続けてた人と一緒になることを願う高梨の妻も切なかった。。。

こうして内容をつまむと暗いイメージが浮かぶかもしれませんが、
すべての人が淡々と日々の生活をこなし、それぞれに地に足をつけて生きてます。
そこがこの映画の力強さと品のあるところ。

とうとう二人が長年の思いを打ち明ける日。
ふたりの気持ちの高まりにキュンとしながらも、何枚も何枚も着てる田中裕子が可笑しくて、
そして二人の抱擁があまりに不器用で、キュンとしながら笑ってしまいました。
すごくリアル(笑)

田中裕子と岸部一徳が光ってます!
とくに田中裕子の恋する女の顔、ふと見せるさびしい顔、そして逞しい顔。上手い人ですね~。
和室の壁ビッシリ本で埋め尽くされた美奈子の部屋がステキでした。

NHKプロフェッショナル 仕事の流儀  

昨日のプロフェッショナルはイチロー。
これまでもたくさんのイチローのインタビュー番組を見てきましたが、
今回の放送はかなりの感動ものでした。
気付いたら1時間15分夢中になって見入ってました。

イチローのシアトルの自宅公開、自宅での食事、弓子夫人のサポート、愛犬一弓との楽しいひととき。
さすがに愛犬にはメロメロ。甘いご主人様でしたが(笑)
試合がある日の1日の行動がイチロー流の型があり、まさに形から入る武道のように無意識に身についている。
インタビュアーの鋭い質問も面白く、それに答えるイチローの応えもさらに面白い。
イチローがすごいことはこれまでも充分わかっていたけど、彼の言葉はこう聞かれたらきっとこう答えるだろうという想像を超えるものばかり。それも、その言葉ひとつひとつが考えて考えて考え抜いたところから出てくる言葉なので、とても心に響く。


もがき苦しんでいると一筋の光が見えてくる。
でも、いつか光がさすだろうと何もしないでいると、一生光は見えない。
目標はぜんぜん達成されてない。
たとえ4割とっても満足はしない。
そもそも自分でも目標はまだどこにあるのかわからない。
きっとずっとそれを模索していくでしょう。

ここまできてもぜんぜん自分に満足してない。
尊敬の域を超えて、畏敬の念さえ感じます。
試合後、イチローにインタビューしてる記者たちの様子からもそれは伝わりました。

首位打者争いしていた最終試合。
ヒットが出ず首位打者争いに敗れ守りについたイチローが見せた涙。
何度も後ろを振り返って涙をぬぐってた。あれはちょっと衝撃的。
次回放送の22日分で未公開シーンが放送されるそうです。

2007のベスト作品 

今年見た劇場映画は44本でした。

その中でとくに心に残る作品は4本。

  「題名のない子守唄」 
 物語、音楽、役者、演出すべてがよかった。あの張り詰めた時間が忘れられません。

  「キサラギ」
 低予算でもこんなに楽しい映画ができる!脚本がよくできた密室劇。笑った笑った!

  「華麗なる恋の舞台で」
 華やかで痛快な作品。アネット・ベニングが最高でした★

  「パンズ・ラビリンス」 
 悲惨な現実とファンタジーの融合。怖かったけど映像美に圧倒されました。

ベストは・・・
 「題名のない子守唄」です。



その他
「ブラッド・ダイアモンド」「世界最速のインディアン」「ゴースト・ライダー」
「This is BOSSA NOVA」「300<スリーハンドレッド>」

年末ギリギリで観た「ナショナル・トレジャー」も楽しかったな~♪
あと2回くらい観にいきたい 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。