スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック・ダリア 

bd

「ブラックダリア」と呼ばれた若い女の惨殺死体が発見される。
その事件を追う元ボクサーの二人の刑事。

率直な感想は、生意気な言い方ですが”もったいない”。
映像、配役、カメラワーク、扱う事件、どれも映画としてかなり面白かったと思います。
何がもったいなかったかというと、あまりに伏線となる話しが込み入ってること、人間関係がわかりづらいこと。途中まではけっこうついていってたのですが、ラストの展開の早さに戸惑ってしまいました。結局あの人がああで、この人がこうで、じゃああの事件の首謀者はどうだったの?と考えてるうちに物語りは進んでいく。そんな感じでした。

タイトルの「ブラックダリア」の事件に絞って、その事件に関わった人間をもっと掘り下げてくれたらよかったのにと思います。前半の連続殺人犯の捜査は不要なのでは?

bd2

1940年代のロスの雰囲気はとてもよく出てました。当時のファッションも見所。
対照的な刑事のジョシュ・ハートネット、アーロン・エッカートもよかったです。アーロン・エッカートと同棲中の女スカーレット・ヨハンソンはちょっと背伸びした役だったような。
ブラックダリアと呼ばれたエリザベスを演じたミア・カーシュナーの美しいこと!可愛くて妖艶、泣き笑いの顔がとってもキュートでした。彼女にそっくりと言われる女を演じるヒラリー・スワンク、悪いけど全然似てません。
ジョシュ・ハートネットはなかなか渋かったです。スーツ姿に帽子がよく似合ってて、「インディ・ジョーンズ」の続編は彼でもいけるのでは?な~んて思いました。

デパルマ監督らしいカメラの長回し、独特の映像は健在。とくに、エッカートが階上で犯人ともめ合ってるときハートネットが駆けつけるシーン、あの螺旋階段を下からなぞるカメラにはしびれました!緊迫感が映像と共に迫ってきて最高!

映画のあと、人間関係やあのシーンは?などとその話題で、一緒に観た夫と盛り上がってしまいました。こんなわかりづらい映画はダメだと夫は言ってましたが、私は観たあと、ことの真実を知りたくなり解読したくなるのはけっこう面白かったからだと思うのです。帰宅してからネットで真相を確認してちょっとスッキリしましたが。映画全体の雰囲気、重厚さはとてもステキだったので、もうちょっと説明があったらより楽しめたのにと思います。

スポンサーサイト

サントラ 「ふたりの5つの分かれ路」 

105
映画観た時から、気になってて、今頃になって買ってしまいました。
映画は皮肉交じりの洒落たフランス映画です。
サントラに興味を持ったのは映画のはじめのシーンに使われたボビー・ソロの「頬にかかる涙」。
イントロだけで、トキメキました!
60年代の名曲です。

このアルバム、甘くて切ないイタリア語の歌が揃ってます。
解説を読んで、なるほど~と思ったのですが、
入ってる曲はイタリアの男性ボーカルがほとんど。

映画はどちらかというと、情けない男の心情が描かれてます。
急に妻に離婚を言い渡され戸惑い思い悩む男。

フランソワ・オゾン監督曰く。
感傷的な男の心情を描くのに、イタリアの男性ボーカルのラブソングはぴったり。
イタリアでは最も美しくて切ない歌は、男性歌手によるものだから。
ぼくはイタリア語はわからないけど、その旋律は切なくて情景をひきたてる、と。

まさに!
私はそれで、この映画がなぜか好きなのだと思いました。
曲と雰囲気にやられたといってもいいかもしれません。
オゾン監督の策略にまんまとひっかかってしまった(笑)
「頬にかかる涙」をはじめ、ロマンティックで切ない曲満載。
甘いカンツォーネはかなり好みです♪

X-MEN:ファイナル ディシジョン 

X-MEN:ファイナル ディシジョン

シリーズ2を事前につまみ見しただけ。夫に付き合って劇場で観てきました。
映像と音響の迫力が物凄かったです!「ミュータントと人間の平和共存は可能なのか」。
ときどき人間関係に混乱しましたが(^^;

このシリーズの主役はヒュー・ジャックマンだと思ってたのですが、それも彼は二枚目のミュータントだと思ってたのですが、ちょっと違った。確かにでかくて強いけど、彼の技は別の仲間に体を投げてもらうんですね。ちょっと笑ってしまった。それになんだかあの風貌、せめてヘアスタイルだけでもどうにかなんないのかな?

この映画で一番インパクトがあったのはイアン・マッケラン!!まず20年前の回想シーンの若作りのマッケラン氏には笑ってしまいました。ファンデーションとセットしたヘア、そして細身のパンツにやけに姿勢のいい座り方。可愛かったです。
闘いのシーンで部下を従えてさっそうと歩くマッケラン氏、迫力の台詞まわし、すごい存在感でした。「ダ・ヴィンチ・コード」でも個性を発揮してましたが、恐るべしおじいちゃまって感じです!

あと印象的だったのは、不敵のパワーをもつジーン。この女優さん怖かった~!!とくにクライマックスのシーン。とにかく不気味でした。楳図かずおのマンガに出てきそうというか、「キャリー」のワンシーンを観てるようでした。

監督がブラット・ラトナー(天使のくれた時間)ということで、「天使~」に登場してた俳優が出てたのにはにんまり。ほんとにちょっとしか登場しなかったけど、壁につながれてた少女は、確かあのニコラスの娘役のアニーでは!?違ったかな?ちゃんと確認したいです。
あと、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジを無理やりアルカトラズ島につなげるシーンも大迫力!

ストーリー意外にも見所がたくさんあって、なかなか楽しめました。エンドロールのあとのあのオマケは、まだ続きがあるというほのめかしでしょうか?

今週のクローズアップ @シネマトゥデイ 

FLIXムービーサイト あらため シネマトゥデイサイトより。

http://cinematoday.jp/page/A0001177

「ワールド・トレード・センター」公開にあたってこんな特集があったんですね。
けっこういじられてますが、最後は”役者ニコラス”でくくられてます

「手紙」 東野圭吾著 

tegami

主人公は”強盗殺人犯の弟”直貴。
兄の犯した罪によって、彼の人生の歯車は狂っていく。
進学、就職、バンド仲間、そして恋愛。彼の人生に兄の存在がことごとく邪魔をする。
加害者の家族の苦しさ、過酷さをまざまざと見せつけられました。

でも読みながら自分が直貴の心と重なってしまってることに驚いてしまいました。
彼がとても真面目な青年だからというのもあります。
彼が受ける理不尽な待遇や扱いに怒り、生活を切り詰め独学で進学しようとする彼を応援し、能天気に刑務所から月に一度手紙を送ってくる兄に腹を立ててしまってる自分がいました。彼は犯罪者でもないのに、こんなに頑張ってるのにと。

しかし、彼を密かに思う女性の存在や、就職先の社長の言葉に、直貴が感じたように自分もドキリとしてしまったのです。この直貴の心の変化に読者を誘い込むところがすごいぞ、東野圭吾!

加害者家族への社会の差別や偏見を指摘しながらも、加害者の罪は償っても償いきれないもの、それは加害者だけではなく家族も背負って生きなければならない宿命なんだということをこれでもかと突きつけてきます。読み進めながら何度もいろんなことにハッとさせられました。

これは今年読んだ小説の中でもかなり面白くて読み応えのある1冊です。

free paper @tsutaya 

free paper

ちょっと前の話ですけど。
とあるニックサイトで、こんな新聞出てますよーとあったので、4~5日してからツタヤに行ったら、その新聞週刊らしく別のものになってたんです。がっくりしたけど、勇気を振り絞って先週号はありませんかとたずねてみた。そしたら事務所からわざわざ1部もってきてくれました~

ここ1年くらい、映画本でもめっきりニックの出番はなく、まして一面を飾るなんて皆無に等しい。
なもんで、このフリーペーパーは歓喜の極みです
写真はネットで小さいのを見たことありますが、このニックステキです

下の写真のオリバー・ストーン監督の弁「彼は目だけでも演技ができる」にしびれます。

『8mm』の中の「冷血」 

ニコラス・ケイジの『8mm』は、ある殺人フィルムを捜査する探偵が事件を探るうちに
自分もその恐ろしい世界に巻き込まれて、どんどん追い込まれていく怖い映画でした。

探偵トム・ウェルズ(ニック)が、怪しげなポルノショップで店員と話すシーンがあります。
その時の店員ホワキン・フェニックスが読んでいた小説が「冷血」。
客にバカにされるからと、本にわざとポルノのカバーをかけて。
トムに「何読んでるんだ」と聞かれて、カバーをはずしてみせる。
タイトルをみてニックが一言。
「カポーティ」。

今思うと、このワンシーンにも意味があったのだなあと思ったわけで。
「冷血」は、カポーティがある殺人事件をもとに書いたノンフィクション小説です。
しかし、彼もまた小説を書くために事件に深入りしすぎて自分を追い込んでしまったのです。
後に小説が書けなくなるほど。
しかも、カポーティの話は事実というのがすごい。
そこまで考えて、ふと思いました。
あのあとトム・ウェルズは職務に復帰したんだろうかと。

改めて『8mm』のあのシーンを思い出して、作り手の細かい演出に感心してしまいました。

カポーティ 

カポーティ

「冷血」を読んでから見て正解でした。けっこう集中力のいる映画でした。
この映画の核になる殺人事件そのものや映画の展開が、会話や説明で描かれているので、不覚にも途中トロッとしてしまった。う~~後悔。大事なところを聞き逃しているかも。

カポーティがある日新聞の一家惨殺事件の記事に興味を持ち、ドキュメンタリー小説を書こうと思ったところからはじまります。それが事件を探り、犯人に接触していくうちに、カポーティと犯罪者ペリーとの間に不思議な関係が生まれていく。
ただペリーの描かれ方が小説ほど詳しくないので、映画だけ見てるとなぜカポーティがこれほど彼に興味を持っていくのかがちょっと説明不足な感じもします。

自分の心情に多少なりとも理解を示すカポーティに、彼の小説が裁判で有利になるかもしれないと期待するペリー。そしてペリーとの奇妙な友情を感じながらも、一方でこの事件の詳細を綴り彼を利用し小説を完成させようとするカポーティ。

カポーティが「冷血」を書いたあと、なぜ、1本も小説を完成させることができなかったのか納得できたような気がします。どれだけこの小説を書き上げることに心身のエネルギーを使い果たしたことか。ペリーの死刑確定で複雑に揺れ動くカポーティの心情。小説の成功とペリーの命を救うことのできなかったことのジレンマ。ラストの彼の涙のシーンは見応えありました。

フィリップ・シーモア・ホフマン渾身の演技でした。カポーティ本人はゲイで、小柄で声も高めの繊細な感じのする人。映像でも見たことありますが、ホフマンは本当になりきってました。タバコの吸い方(指が太くて短くてかわいい)、ソファの上で横座りする姿、真剣にタイプライターに向かって活字を打つ姿、カポーティそのものだったに違いありません。
ほかの映画では曲者だったり、ちょっと不気味な役を演じるホフマンですが、演技の上手さはもちろん、嫌なヤツを演じててもどこかに人間味を感じさせ、また頭の良さを滲ませた魅力ある俳優だと改めて思いました。

【P・C・ホフマン出演の好きな映画】
・「フローレス」
ドラッグ・クウィーンの役。あの寸胴な体をドレスで包み厚化粧したホフマンが最高!コミカルで温かいホフマン。おせっかいなオバサンみたい。同じアパートに住む警察官(ロバート・デニーロ)との奇妙な友情を描いてます。脳溢血で体が不自由になり口もきけなくなったデニーロに歌とピアノを教えるシーンが好きです。デニーロの演技にも見とれました。

・「あの頃ペニーレインと」
音楽プロデューサーだったか編集者の役。主人公の少年にアドバイスする大人の役。登場シーンは少ないのに、とても印象的。

・「ワンダーランド駅で」
主人公の女性と同棲してた昔の恋人役。社会運動に興味のあるちょっと変な男。
アパートを出る時も、彼女と別れる理由を収めたビデオを渡す変なやつ(笑)
本当にちょこっとしか出ないのにあのインパクトと楽しさはスゴイ!

・「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」 (1992)
高校の理事長の息子役。主人公に嫌がらせをする意地悪な高校生役。
初めて観たときはわからなかったけど、あとからホフマンであることを知って嬉しくなりました。本当に憎たらしいほど嫌な高校生だったもので(笑)映画自体も感動の作品です。主演アル・パチーノ。

フラガール 

フラガール

”常磐炭鉱にハワイアンセンターができる”
小学生のとき、そんなニュースがあったのを記憶してます。岩手出身の私にとって、今でこそ福島は近く感じるけど、当時は娯楽で県外に出るなんて庶民には縁のない話でした。常磐ハワイが後にスパリゾート・ハワイとなって、私が初めてそこへ行ったのは、自分の子どもが小学生のとき。地元の子供会の行事で出かけたときでした。流れるプール、巨大滑り台プール、温泉あり、娯楽遊具施設ありの大リゾートパークでした。そんなリゾートパーク建設の陰にはこんな人間ドラマがあったのですね~~。

炭鉱という街の男の意識、女の意識。そしてどこにでもいる古いものにこだわる人と新しいものにチャレンジしようとする人たち。そこへ東京から呼ばれたフラダンスの講師のまどか先生(松雪泰子)。体当たりの演技でした。でも登場シーンは何もお酒飲ませなくても~(^^;
まどか先生の奮闘や葛藤、フラを練習する女の子たちのエピソードは泣かせる部分もありましたが、感動までは及ばず(ごめんなさい)

でもその中で自分の生き方を貫き通そうする蒼井優は、とてもまっすぐでステキでした。蒼井優は純朴さと華やかさを兼ね備えた女優さんですね~。母親の反対を押し切ってフラダンスのプロになるんだと必死に練習するきみ子。やがて舞台で見事にダンスを披露する娘に感涙する母。さすがにウルウルしてしまいました。必死に頑張った子どもの姿ほど胸を打つものはありませんから。それにしても、華やかで明るいフラダンスとテンポのいいリズムには思わずウキウキしてしまいました♪

映画の途中から英国映画「リトルダンサー」が浮かびました。
炭鉱、不況、地元の古い因習、ダンス、夢・・・子どもの心に動かされる親。
大きな感動は押し寄せてこなかったけどあったかい映画でした。

ワールド・トレード・センター 

wtc

初日初回行ってきました。けっこう人の入りが多かったのには驚きました。

9.11を扱った「ユナイテッド93」も観ましたが、恐怖で凍りついたあの映画に対してこの映画がどのように作られているのか、観るまでとっても不安でした。
そして観た感想は、なんて静かに淡々と作られた映画なんだろうということ。あの映画とは別物でした。

あの日、ワールド・トレード・センターに救出に向かって生き埋めになった二人の警察官にスポットを当てた物語です。政治的メッセージも他の犠牲者のエピソードもありません。ただ二人の警察官の極限の恐怖と、彼らの安否を気遣う家族、そして救出に出向く人々の様子を淡々と見せるだけ。
テロ事件というより、ある家族の物語といってもいいかもしれません。

あの日NYが地獄に化したその日、一方でこれほどの人々の愛が結集し、生きることを諦めなかった勇気ある男たちがいた。メッセージがあるとすればそれなんでしょうね。
NY港湾局警察官ジョン・マクローリン氏(ニコラス・ケイジ)と、ウィル・ヒメノ氏(マイケル・ペーニャ)の存在と協力なしにはできなかった作品でしょう。しかし、5年前あれほどの恐ろしい経験をした二人にとって、この再現映画は相当のエネルギーを要したに違いありません。彼らの陰にはたくさんの犠牲者もいるのですから。

まず、この二人ありき。
そしてオリバー・ストーン監督がいて、スタッフと役者が集まった。
だから出演者はこの映画製作の協力者にすぎないと思いました。だって、主役の二人はほとんど瓦礫の下でしたから。顔の表情と声だけの演技です。物語の展開としても、間あいだに元気だったころの家族との温かいエピソードが挟まりますが、大きなドラマはありません。でも、観終わったあと、静かな感動を得るのはすべてが事実だったという強さかもしれません。

~ニコラスファンとして~
この映画に出演が決まったと聞いたとき、とてもショックでした。まだ事件から日も浅く、あの悲劇を映画にすること自体どうなのよ、という気持ちがあったし、それに主役で出るって、こんな映画でヒーローは演じて欲しくないと思いました。
でも今日この映画をみて、映画がとても謙虚に作られていて、ニコラスは監督の作りたいものに共感し、その制作の一員に徹したんだなと思いました。ファンとしては物足りなさはあります。だって映画の8割くらいは瓦礫の下で汚れた顔しか出てませんから。でもそういう見方をする映画ではないことがよくわかりました。(それでも、監督に「ニコラスは目だけで演技できる俳優」と言わせてしまうところはさすがだなあと思いましたが。)ニコラスもマイケル・ペーニャもとても誠実に演じてます。
9.11を商業的に利用するなんてという声に対して、ニコラスは出演料もチャリティーに寄付し、映画宣伝のためのTVのトークショーも出るつもりはないとありました。監督も出演者も、あの日の二人の警察官の愛と勇気を知ってもらいたい、それに徹している姿勢が伝わってきました。

『冷血』 トルーマン・カポーティ著 

冷血

内容(「BOOK」データベースより)
カンザス州の片田舎で起きた一家4人惨殺事件。被害者は皆ロープで縛られ、至近距離から散弾銃で射殺されていた。このあまりにも惨い犯行に、著者は5年余りの歳月を費やして綿密な取材を遂行。そして犯人2名が絞首刑に処せられるまでを見届けた。捜査の手法、犯罪者の心理、死刑制度の是非、そして取材者のモラル―。様々な物議をかもした、衝撃のノンフィクション・ノヴェル。


映画に先立って読みました。正直のところ後味よくなかったです。
とくにラスト近く、犯人たちの歪んだ社会観、人に対する偏見に、夕食前だったのですが食欲なくなり気分悪くなってしまいました。でも裏を返せば、ここまで読者に衝撃を与えるのは、この事件や犯人にどっぷり向き合ったカポーティの取材のなせる業なわけですよね。

1960年代に起きた事件ですが、犯人の幼い頃の家庭環境などによる精神分析、これはまさに現在頻発してる残忍で理不尽な殺人事件で取りざたされてる犯罪者の精神分析に当てはまり、まるで現在の事件を思わせるものがありました。

カポーティはこの本の執筆のあと、1冊も小説を書くことができなかったと言われてます。それはこの事件の一人の殺人者ペリーという男の中に自分を見たとも言われ興味深いところです。そのペリーという男は、温和な面と狂気を含んだ面を合わせもつとてもミステリアスな人物。この役を演じる俳優にも興味あります。
映画では、この小説を書くまでのカポーティと、そのことが彼の将来にどう大きく影響したかが語られているそう。とにもかくにもカポーティに姿形、雰囲気までそっくりに役作りしたフィリップ・シーモア・ホフマンの演技が楽しみです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。