スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ファースト・プライオリティ」 山本文緒 

「あなたの最優先のもの、ゆずれないものは何ですか?」
この小説の主人公はすべて31歳の女性。
それぞれの主人公のこだわりが時に面白可笑しく、時に切なくほろ苦く短編に収められてます。車だったり、カラオケだったり、ボランティアだったり、ホストだったり(笑)そのこだわりかたはなかなかたいしたものだと思いました。こだわることって一つの生きがいですものね。
あるお話では声を出して笑ったり、また思わず涙が出てしまったり。とっても感性豊かな短編集でした。

ずいぶん前に、文緒さんの小説にはまって片っ端から読みました。
久しぶりに読みましたが、やっぱりいい!!
さくさくと読みやすい歯切れのいい文章、どこか覚めているんだけど心に響くものを感じます。
人の観察力が鋭いな~と思います。いつも客観的。女性の本心、いいとこも嫌なとこもズバリとついてきます。ひょっとしたら自分でも気付いてないことを、文緒さんならズバリ指摘されそう。ちょっとコワイかな?でも、ご本人はほんわかしてとっても温かそうな女性。(いや、そう見えるだけなのかな/笑)
友だちとサイン会にも行ったことがあります。その後そのサインをいただいた「プラナリア」で直木賞受賞!!

文緒さんの、ファースト・プライオリティは「小説」のようだ。
この小説の最後の短編「小説」にご自身の31歳のころのことが書かれてました。
ちょうど離婚されたばかりだったみたいで。

小説の中で、ある男がいいます。
なぜ31歳の女性ばかり好きになるのかと聞かれて、
「30出たくらいの女っていいじゃないか。
そろそろ迷いが吹っ切れて、腹がくくれてて、でもやり直しもスタートもできる歳だろ」って。
妙に説得力あってうなってしまいました。
この小説は自分へのエールだったに違いない。


スポンサーサイト

おお~!似てる~! 

niteru


笑っちゃうくらい似てたのでアップします

友だちが教えてくれました。
テレビの通販CMショップチャンネルで、
掃除グッズのスイブルスイーパーを紹介しているガイジンさんだそうです。
ニックにクライブ・オーウェンを混ぜたみたいな人とありましたが、
本当にどっちにも似てますね~(笑)
【クライブ・オーウェン6:ニック4】ってとこでしょうか。

ユナイテッド93 

ユナイッテッド

どうしようか、ずっと迷ってたのですがやっぱり観てきました。

2001年9月11日。あの日ハイジャックされた中で、唯一テロリストが目標のペンタゴンに突撃することなく墜落したユナイテッド93便。

前半の管制塔の管制官たちの慌てぶりと混乱はすさまじく目が回るほど。
その何人かは実際あの日と同じ管制官だったみたいですが、演技なのか事実の報道なのかわからないほどの臨場感。
そしてなにより緊張感ピリピリのユナイテッド93の機内。
テロリストが目配せをしながらゴーサインを出し行動を開始。その後の乗客の恐怖!!
4人のテロリストがあまりにリアルで背筋が凍りそう。
墜落寸前までの乗客とテロリストとの闘いの映像の凄まじさ!
精神的恐怖と旅客機が急降下したり横ぶれするたびに自分もその場にいるように体感してしまう。
もう全身力入りまくり。心拍数が上がり自分の鼓動のドキドキが聞こえるほどでした。
しかし最後の最後まで諦めなかった乗客たちの勇気ある行動には感動しました。
テロリストも乗客乗務員も無名の役者さんばかりだったようですが、なんという凄い演技をするのでしょう!!どんな思いで演じたのでしょう。

もう5年経つとは思えないほどまだ記憶が鮮明なだけに、この映画は遺族にとってはどうなのだろうと思ってました。しかし、記憶が鮮明だからこそ、今しっかりこの事実を刻み込まなくては、そして亡くなった方々の無念の思いをかみしめなければならないのかもしれないとあらためて思いました。

蛇イチゴ 

hebiitigo

出演:宮迫博之、つみきみほ、平泉成、大谷直子。
『ゆれる』の監督、西川美和の初監督作品。この映画製作のとき監督は若干30歳。
それにしてもすごいですね~この人間描写は。一見平穏な家庭の崩壊していく様が、シニカルかつコメディタッチに描かれてます。

ボケたおじいちゃん、昔かたぎの堅物そうな父親、義父の面倒をみる優しい母親、そして小学校の教師の娘。やがておじいちゃんが亡くなり、そこへ父親に勘当された放蕩息子(宮迫)が10年ぶりに現れる。そして徐々に暴かれる家族の秘密。

役者が役に見事にはまってました。調子がよくて、口の上手い息子の宮迫。自分の嘘がバレて、慌てふためきながらもどこか威張り腐ってる気の小さい父親、平泉成。普段は優しいが、壊れる家族とともに壊れていく母親の大谷直子!!大谷直子は本当に怖いくらい上手かった。唯一感情を保ってるのが出来のいい娘、つみきみほ。この女優さんの凛とした姿がこの映画をとっても引き締めてます。
そうそう忘れちゃいけないおじいちゃんの笑福亭松之助!この人確か、さんまさんの師匠ですよね。ボケた迫真の演技が気持ち悪いくらい上手かった~。葬儀でのハプニングでは大笑いさせられました!(笑)

『ゆれる』ほどの感動はありませんでしたが、リアルな人間の描かれ方に、どこにでもありそうな人生の落とし穴を覗き込んだような、独特のコワさと意地悪さを感じる映画でした。

石川三千花さん 

みちかさん

今日のNHKの昼の番組にゲストで登場!
まあ、めずらしい~~~。

2000年ごろまで欠かさず観てた「シネマ通信」でお馴染みのミチカさん♪
番組もなくなって、テレビでミチカさんに会うこともなく寂しかったですね。
お洒落ないでたち、かざらないおしゃべりはあの時のまま!!
しかし、あのスタイルのよさとあの若さはまさに宇宙レベル!?

ミチカさんは、44歳でご結婚、45歳の初産で双子の男の子を出産。
その後イラストのお仕事されながら、子育ての本も出されてたんですね。
気ままで自由な独り身生活から、子育てと仕事に追われる生活への転身。
自分でもびっくりだそうです(笑)
その双子の坊やも今は7歳!流星くんと遊星くん。

みちかさん


とにかくなんでも楽しんじゃうのは、ミチカさんならでは。
そのバイタリティと明るさには圧倒されました。
ミチカさん見てたら、人間環境が変っても自分の本質、生き方って
基本的に変らないんだなーと思いました。
仕事も家事も育児も家族のお洒落も、全力投球で楽しんじゃうこだわりの凄さ。
ミチカさんってセンスがいいだけでなく、デキル人なのねーーー。

インタビュアの最後の質問「自慢の宝物は?」に、
真面目に11歳年下のだんな様の名前を言ったのにはちょっと感動。。。
パートナーである家具デザイナーのご主人との相性もピッタリみたいで、
見てる方もとってもハッピーな気分になりました♪

↓ミチカさんの育児日記。ミチカ節炸裂♪お暇なときどうぞ~。
http://baby.goo.ne.jp/member/topics_back/topics28/index.html

スーパーマン 

11683view001.jpg

昨夜の地上波の1978年版「スーパーマン」を観てしまいました
クリストファー・リーブのシリーズもの第一弾です。
その後いくつかありましたが、私はこの1作目が大好きです。

昼間は真面目だけが取り柄のちょっとさえない新聞記者、クラーク・ケント。
あのキャラも好き
しかし、いざとなるとスーツのシャツを脱ぎ捨ててスーパーマンに変身する!!
ヒーローものの醍醐味ですよね~~~!
初めて観た時も、スーパーマンとロイスの空のデートにうっとりでしたが、あのシーンは本当にロマンティックでステキです。
そして、事故で死んでしまった彼女を取り戻すために、地球の自転を反転させて時をとりもどすなんて、ななな~~~~~んて素晴らしい愛なんでしょう~
あのロイス役の女優さん、今みてもとってもチャーミングですね。
決して若い娘ではないのですが、あの大きなタレ眼がなんとも可愛らしい。

11683view011.jpg

ところでスーパーマン誕生シーンは興味深かったです(笑)
クリプトン星で父親のマーロン・ブランドが言います。
「我が息子、カル・エルよ」
おお、カルエルだああ~!(笑)
本当にニコラスの坊やは同じ名前なんですね。
超能力を持った異性人のカルエル。
ニコラスの坊やは大きくなったらなんて呼ばれるんだろう?

「スーパーマン・リターンズ」公開ということで、あちこちでスーパーマンの噂を聞きますが、ニコラス・ケイジがスーパーマンやる話があったんだってね~!その話ダメになってよかったよねー!!の声をたくさん聞きます(笑)そりゃ、あのかっこいい新人くんのスーパーマンの姿見たらどうしても比較してしまうでしょうが、ティム・バートン版のニコラススーパーマンも、ただのヒーローものには終わらない面白いものになったと私は思うのですよ。
先週の王様のブランチで「スーパーマン」を紹介したとき、関根さんが「そういえば昔ニコラス・ケイジがスーパーマンやる話があったんだよね」とニコニコしながら言ったら「ええええーーーーー!!」とブーイングのような失笑・・・・(ショボーンでした)
ま、いいけど(笑)あえてそこでニコラスの名前を出してくれた関根さんに座布団一枚ってことで。

しかししかし、新スーパーマンのかっこいいこと!(笑)ハンサムなこと!!
よくクリストファー・リーブに似た人を見つけたものです。
ということで今一番楽しみな1本です。

クラッシュ 

crush

今年のアカデミー賞で「ブロークバック・マウンテン」を抑えて作品賞に輝いた作品。

群像劇です。ロサンゼルスで起こった交通事故のシーンから始まり、その日と前日の2日間を描いてます。
しかし、よくぞここまで赤裸々なアメリカの実態を描いたものだと思いました。そこにある人種や階級の差別偏見、歯止めの利かない銃社会、暴力と権力が横行する警察内部などなど。これはアメリカだけに限らずどこにでも存在するものなのでしょうが、けっこうストレスのたまる内容に見てるのが辛くなることもありました。

しかし作者の意図するものは、人間はぶつかり合いながら相手を知り理解しあえるというもの。
背けたくなる内容のところどころに挟まれる”愛あるシーン”にドキリとします!
観ていて嫌悪感さえ抱く差別主義の警察官マット・ディロン。しかし、病気の父親を健気に看護する彼。また、交通事故現場の車から救出しようとする女性の顔を知ったときの観てるものの驚きと彼の行動!これも衝撃的で感動的でした。複雑な男を演じるマット・ディロンは上手かった~。

そして銃におびえる5歳の娘に秘密のマントの話を聞かせるヒスパニック系の父親。その娘が体をはって父親をかばおうとするシーンには胸が熱くなりました。

黒人のTVディレクターが、彼を襲った黒人の若者に言います。
「君は俺たちだけでなく、自分自身をも貶めている」と。
差別偏見は自分の意識の中にもある。
人間としての自尊心の大切さ、そして人間というものは多面的な生き物であるということを見せ付けられました。

登場人物が多く、オムニパス風にいくつかの話が平行して進むのですが、決して話が散漫にならずとても上手い構成になってます。音楽の演出も素晴らしく、見終えたあとじわ~~~と感動が押し寄せる作品でした。オスカー受賞も納得です!

(余談ですが、ヒスパニック系の父親役のマイケル・ペーニャは、「ワールド・トレード・センター」でニコラスと一緒にツインタワーから生還した警察官を演じます。)

カーズ 

cars

アニメーションで、しかも車に顔があるなんて・・・と、侮ること勿れ!
確かに人間は1人も出てきません。
観客席のお客さんも、リポーターも、飛んでる虫も、ぜ~んぶ顔のある車、車、車!(爆)
でも、なかなかステキなお話なんですよ~

花形レーシングカーの主人公が、ふと迷い込んだ街で出会った車たち。
そこで触れた温かい人情(車情?)。
勝つことだけに突っ走ってるわが道を振り返り、愛と友情の大切さを知るというもの。
ありがちといえばそれまでですが、ポンコツ車やレトロな車、
それぞれの車のキャラクターたちがとても個性的でどれも可愛い。
小さな子ども向けというより、大人のほうが感動する物語かもしれません。
ラストなんかけっこうグッときました。
本物の男のかっこよさ、大人の本当のかっこよさ、こんなアニメからも感じるものがありました。

cars2

これは大画面で観ることができてよかったです。
何がって映像がとにかくキレイ
車の滑らかさ、疾走シーンの迫力も素晴らしいのですが、
私は雄大な風景の映像に吸い込まれました。
アリゾナのモニュメントバレーの美しい自然の中を疾走する車たち。
それを見るだけでもかなり癒されました。
しかし、本物と見紛うほどのCGの凄さというか、映像の技術には驚くものがありますね。

歌追い人 

utaoibito


1907年、アメリカ。当時の女性としては珍しく博士号を持つ音楽学者リリー・ペンレリックは、ニューヨークの大学で主任教授への昇進を望んでいたが、女性という理由で叶わなかった。憤りを覚えたリリーは、妹のエルナが教師をしている遥か遠くのノースカロライナ州、アパラチアの山の中へと向かう。リリーの歓迎会で歌われた歌を聴いて、彼女は心底驚いた。それは、学会ではすでに失われた歌とされていた200年以上前のアイリッシュ移民の伝統歌だったのだ。リリーは都会から録音機を取り寄せ、山の人々の歌を録音して採譜して、出版しようと決意するが……(映画サイトより)

面白かったです!2000年の作品だったのですね。はじめは舞台がイギリスかなと思いました。
自分を認めない大学のお偉方を見返したいだけの思いで仕事に情熱をかけるお堅い女が、だんだん心がほどけて最後には仕事以上に情熱をかけるものを見つける痛快感。閉鎖的な時代や土地の背景を思うと感慨もひとしお。

主演の女優さんが、長身で男勝りな知的な女性( ジャネット・マクティア)で、役にとても合ってました。
彼女の心がほどけていく過程に登場するトムという男がいい味出してます。この人、アンソニー・ホプキンスを若くしたような感じ。一見粗野だけど表情が繊細。エイダン・クイン。へ~~『妹の恋人』のあのメアリー・スチュアート・マスターソンのお兄さんだった人だっとは!!骨太の山の男を好演してます。
この映画がデビュー作のエミー・ロッサム(オペラ座の怪人)の素晴らしい歌声もたくさん聴けます。あどけなさはあるけど「オペラ座」のときより太めの声。

土地に受け継がれる歌や土地の人が親しんでいる音楽が独特で、芸術とドラマを上手く絡ませた1本でした。

トランス・アメリカ 

トランスアメリカ2

性同一性障害のブリーは、念願の性転換手術を目前に控えていた。そんな時、NYの拘置所から連絡が入る。17歳の少年が身元引受人である父親を探してるという。なんとその少年は、昔ブリーが男だったとき関係をもった女の子との間にできた息子だった。おお、なんて衝撃的!物語はいきなりここから始まります。そしてひょんなことから二人のドライブ旅行が始まります。NYからロスまでのロードムービー。

自分らしく生きることを決意したブリーと、会ったこともない父親を探す少年トビーの心の旅。
見る前まで、正直テーマに新しいものは感じませんでした。洋画にありがちなゲイや自分の性に違和感を持つ人間の物語。ただ、その”女の心を持つ男”、”女になりたがってる男”を演じる俳優が女優さんだということにとても興味がありました。

そして見た感想。それはそれはお見事でした!!彼女の名前はフェリティシィ・ハフマン。海外TVドラマ「デスペラートな妻たち」でかなりの人気があった女優さんらしい。(見てないので)
f ハフマン

本人の素顔はご覧のとおりの美人。インタビューでは「私の馬面が役立ったのよ」なんて言ってたようですが、あの迫真の演技はかなりの準備を要したに違いありません。
ハフマンは本当にもと男の女を見事に演じてます。立ち居振る舞い、ファッション、ちょっとした仕草、声までも、もと男を感じさせる凄さ!こういう演技をみてると、いかに女になりたい男の人のほうが、断然女性的だということを改めて感じます。そして姿形だけではなく、息子に出会って動揺しながらも、親としての愛に目覚めていく繊細な心の動きも見せてくれます。上手い!
トランスアメリカ

息子に父親だということがいつバレるのかというハラハラドキドキ感もあるのですが、ドライブしているうちお互いの距離が近づいていく様子が丁寧に描かれていてこの映画の優しさを感じました。もちろん、笑いどころは満載。満員の劇場は何度か爆笑に包まれました。

自分らしさを大切に生きる強さ、男であれ女であれ親という存在の大きさ、また大泣きするほど心配してくれる家族がいる幸せ、そんなことを感じる映画でした。余韻を残すエンディング。幸せの予感にほんのり心が満たされました。いい映画でした。

とにかく主演のハフマンに尽きる映画ですが、息子役のケヴィン・ゼガーズくん。美少年ですが、まだあどけなさがあってとてもチャーミングな子でした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。