スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌われ松子の一生 

嫌われ松子の一生

予告編で観たかぎり、かなりとんでるし、お笑い系の人もたくさん出てるし、けっこうハチャメチャ映画なんだろうなと思ってました。が!実際観て、この映画にこんなに泣かされるとは思いませんでした。厳密に言えば、笑って泣いてですが。

中学教師だった松子が、修学旅行中の窃盗事件がきっかけで職を失い、そこからまさに転落の人生へまっしぐら。風俗嬢、ヒモの男を殺し刑務所暮らし、その後極道の女になり、・・・言葉で並べると、どうしようもないほど悲惨な人生 

なのに松子という女性は、とっても純で前向き。いつも歌を口ずさみ姿勢をただして歩いていく。男運がないといってしまえばそれまでだけど、確かに松子には愚かなところがいっぱい。なのに、彼女の気持ちに寄り添えるのは、松子が子どもの頃から心の中はいつも一人ぼっちだったから。男に辛くされても「ひとりぼっちよりまし」とつぶやく松子がとっても切なかった(涙)

話は悲惨なのに、テンポと映像はとことんポップで明るい中谷美紀の力によるところも大!
松子の心情に合わせて流れる音楽に思わず体がのってしまうほど(笑)

この映画は中谷美紀抜きでは絶対にあり得なかった作品だと思います!
中学教師から風俗嬢、果ては浮浪者同然肥満体のオバサンまで。
こんなとんでもない主人公に魂を込めて、観てる人に感動を与えるなんてすごい女優さんです。寂しがりやだけど、明るくて、どこか抜けていてどんな時もピュア!監督にはまったく褒めてもらえなかったそうですが、「あたなは素晴らしかったです!」と大きな拍手を送りたい

「下妻物語」の中島監督作品ということで、観客はほとんど若い人ばかりでした。でもこの映画は意外に中年世代にかなり受けるのでは?と私は思いました。
というのは主人公の松子さんは昭和23年生まれ。わたしよりお姉さんだけど、彼女の生きてきた時代の音楽がたくさん使われてること、また、当時のニュースが流れたりしてとっても懐かしい気持ちにさせられました。
幼い松子が父親とデパートのレストランではじめてパンケーキ(ホットケーキ)を食べるシーンでは、松子の感激が手に取るように伝わってきてじ~んとしてしまいました
音楽では松子が恋をしたときに流れた天地マリの『水色の恋』にはちょっと感動しました。あの歌ってこんなにステキな歌だったのね~ってあと、生きる希望を失った松子が何気なく見てたTVの光ゲンジの内海くんに急にお熱になるというのもかなりツボでした(私の知り合いでもいたから、内海くんにお熱だった人^^;)

一見かなり遊んでるような映画だけど、この映画さりげなく人生語ってます。バカだなあと思いつつ、一生懸命生きた松子に愛を感じてしまいます。
観たあとたくさん語りたくなる映画でした。



スポンサーサイト

ニコラス これからの作品 

ニックは今『NEXT』の撮影に入ってるそうですね。
予知能力を持った男の役のようですが、サスペンスなのかな???
日本ではなかなか上映作品がこなくてとっても寂しいのですが、
つぎつぎ目白押しのようです。

以下Flixニュースより

【伝記もの】
ニコラス・ケイジと歌手の50セントが、ユニヴァーサル・ピクチャーズの『ザ・ダンス』(原題)で共演することが決まった。作品は、ルイジアナ州の刑務所で40年以上にわたって更生を手助けするため受刑者にボクシングを教え、彼らに父親と慕われたビリー・"ザ・キッド"・ロスの半生を描いていく伝記映画だ。ケイジがロス役にふんし、50セントはロスがボクシングの才能を認めていた受刑者役を演じる。『卒業の朝』のニール・トルキンが脚本を手掛け、ケイジはプロデューサーとしても名を連ねる。

【アクション・スリラー】
ニコラス・ケイジが、アクション・スリラー『クレイジー・ドッグ』(原題)で製作、主演を務めることが決まった。作品は、自らの臆病な行動のせいで友人を亡くしてしまったニューヨークの警官が、罪悪感から自暴自棄な行動を取るがその後贖罪の方法を探っていくストーリーだ。監督は『フォーガットン』のジョセフ・ルーベンがあたり、脚本は『イナフ』のニコラス・カザンと『背徳の囁き』のヘンリー・ビーンが手掛ける。


アクションスリラーのほうは「救命士」を思い浮かべさせますね。
刑務所でボクシングを教えてた男っていうのはどんな感じなんでしょう。
ニックのボクシングシーンも見られるのでしょうか!!
・・・心配だけどちょっと楽しみ♪

恋のゆくえ~ファビュラス・ベイカー・ボーイズ 

恋のゆくえ

1989。ジェフ・ブリッジス、ボー・ブリッジス、ミッシェル・ファイファー

だいぶ前に観た作品ですが、ピアニストのジェフ・ブリッジスが観たくて見直しました。
しかし実際の兄弟で兄弟の役をやるって、本人たちはどうなんでしょうね(笑
兄弟げんかのシーンは、微笑ましくて何度も笑ってしまいました。
15年以上ピアノデュオでジャズを弾いてきたベイカー兄弟。
かけもちでこなしてきたナイトクラブでの仕事も、翳りが見え始めてくる。
家庭持ちで堅実な生き方をする兄(ボー)と、才能はあるけどプライドが高い弟(ジェフ)。
仕事のとり方、生き方の違いで、二人はたびたび衝突する。
どっちの言い分もわかるな~~。

ボーカルの女性(ミッシェル)を入れてから、人気を巻き返す。
が、ジェフとミッシェルにほのかに恋心が芽生えて・・・

女性ボーカルのオーディションのシーンは最高にけっさく!
「プロデューサーズ」でもそうだったけど、映画の中のオーディションシーンってはずれがないですね!

ジェフ・ブリッジスが若くて、今よりだいぶスリム。ふとした姿がセクシーでかっこいい。
犬と上階に住んでる女の子とのやりとりも微笑ましい。ぶっきらぼうだけど、ピアノに向かった姿がとっても繊細。そばで黒いラブラドールが彼のピアノに聞き惚れるように横たわってるのは、とっても絵になるシーンでした
ミッシェル・ファイファーもキレイ。30歳くらいですね。顔立ちは好みのタイプじゃないけど、あんな感じの潔い女性ってステキです。ジェフ・ブリッジスが弾くピアノの上で赤いドレスで歌うミッシェルが、とってもセクシーー

たくさんいい歌が入ってますね。「君の瞳に恋してる」もありました
欲をいえばミッシェル・ファイファーの歌がもう少し上手いといいのだけど^^;)

ちょっとほろ苦い大人のラブストーリーです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(備忘録:「アメリカンハート」J・ブリッジス制作、主演)

ボブ・ディランの頭のなか 

bob

ボブ・ディランが出てること以外何も知らず、ほとんど予備知識なしで観ました。
いつのことなのか、どこの国なのか、背景がわからず、はじめ戸惑いました。
近未来か架空のアメリカらしい。

ひところ一世を風靡した伝説のミュージシャン(ボブ)が、慈善コンサートのために刑務所から釈放される。しかし、世の中はなんだか不穏が空気が漂っている。無政府状態なのか?
一見コメディタッチなのですが、とてもシニカルで決して軽い映画ではないと思いました。劇中のボブ・ディランの歌と台詞にメッセージが込められていて、ぼ~っとしてると聞き逃してしまう。ボブ・ディランの帽子、ジャケットにも彼独特のこだわりがあって面白い。

出演陣が豪華というか賑やか
ボブ・ディランの他、ジョン・グッドマン、ジェシカ・ラング、ジェフ・ブリッジス、ペネロペ・クルス、ジョヴァンニ・リビジ、ヴァル・キルマー、ミッキー・ローク、クリスチャン・スレイター、今は亡きクリス・ペン。そしてエンドロールで知ったのですがエド・ハリスも出ていたんですね!気付かなかった~!出演時間があっという間の人もいますが。
ボブ・ディランがこの映画作りにかなり力を入れたようで、彼のもとに結集した俳優たちが楽しんで演じてるような気がしました。彼のアイディアを映画化したというタイトルなんでしょうね

ヒース・レジャーの「恋のからさわぎ」 

メールで友人と「ブロークバック・マウンテン」からヒース・レジャーの話になり、
「恋のからさわぎ」でヒース・レジャーが”君の瞳に恋してる”に合わせて踊る姿がステキだよ~
との情報をゲット
それを聞いて、DVDをあちこち探してました。
近所のレンタルショップには置いてなくて、今日は自転車で
隣の駅のお店まで進出。ちょうど半額セール開催中!
でも、やっぱり置いてないのです。がっくり!
置いてないとなるとますます観たくなりますね~。
そうそう、「ロード・オブ・ウォー」のタペストリーが店内に飾ってあってニックの目線にドキン
予期せぬところで出会うとどぎまぎします

せっかくだから何か借りようと、「ボブディランの頭の中」と、もう一度見たかったジェフ・ブリッジスの「恋のゆくえ~ファビュラスボーイ」を借りてきました。

仕事から帰った息子がさっそくDVDに気付いて、
「なんだ~?ボブ・ディランの頭の中の消しゴムか~~~?」

あははは!!

ナイロビの蜂 

ナイロビの蜂

主演レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ。

ちょこっと予備知識は入れてました。夫婦愛、妻の死の真相を探るサスペンス、貧困のアフリカが舞台。テーマは重そうだぞと覚悟してましたが、テンポといい、映像の迫力、カメラの切り替えの上手さで、まったく退屈せず最後まで観ることができました。なるほど、テーマはまさにどれとは絞れない、その3つが三つ巴で迫ってくる作品でした。

観終えて、ふ~~~~と感慨に浸ってしまいました。一口では言えませんねー。テッサ(レイチェル・ワイズ)の行動は無謀ではなかったか、ここでもつきつけられるアフリカの現状、邪魔ものを執拗に追いかける国家勢力の怖さ、ジャスティン(レイフ・ファインズ)を覚悟させた気持ちはなんだったんだろうかとか・・・
一言で言うなら人間愛を描いた作品

外交官という責務は果たしてはいたが、事なかれ主義で、趣味の庭弄りに精を出し妻の行動に無関心でいた夫。一方妻は独身時代から活動家で救援活動に熱心だった。夫は妻の謎の死をきっかけに、その真相を探るうちに妻の遣り残した偉業に気付いていく。
それに初めて気付いたときの、レイフ・ファインズの泣き崩れるシーンは胸を打ちます。

でも一番印象的だったのは、レイチェル・ワイズ
彼女の奔放な強さ、母性本能は圧巻でした!
知的で情熱的で可愛らしい。信念の人テッサという女性に、ドンピシャの配役ですね。レイチェル・ワイズ自身が、人間的にとても魅力のある女性だと思いました。テッサの妊娠とレイチェル自身の妊娠の時期を重ねて撮影したのもすごい。母性に溢れたテッサがまさに画面に映し出されていました。オスカーの最優秀助演女優賞は納得です。でも何故助演?この映画の主演の女性って彼女ですよね。

原題は「the constant gardener」
constantって、「継続的な」「絶え間ない」ここまではわかります。
さらに「辛抱強い」「誠実な」という意味にもつながるそうで、タイトルは「誠実な植木屋さん」ということになるようです。
それは、草木を大事に育てることだけに精を出す生真面目な外交官のジャスティンをさしてます。なんて皮肉なタイトルなんでしょう。


「マッチスティックメン」とボビー・ダーリン 

今日「マッチスティックメン」を見直しました。何度目でしょう(笑)

ニックの「one two three!」の声で始まるオープニングは、何度みてもドキドキですね~♪
ところでそのあとに続く50年代のスタンダードナンバー「the good life」
エンドロール観てたら、歌ってるのはボビー・ダーリンだったのですね。
先日観たばかりの「ビヨンド the シー」のボビー・ダーリン。
そうか、あの人の歌だったのか。今頃気付くなんて。
ニコラスファンなら皆さん気付いてましたよね(^^;

なんだかケビン・スペイシーの顔が浮かんでしまいました

GOAL!(試写会) 

goal!
正統派なスポ根映画でした。でも、とってもさわやか。面白かったですよ~。
メッセージは『夢をあきらめるな!!』

貧しい家庭に育ったメキシコ出身のサンティアゴが、彼のサッカーの才能に目をつけた英国の元プレーヤーによって見いだされ、イングランド・プレミアリーグのピッチに立つまでのサクセスストーリー

夢など持つなんてとんでもない、地道に働くのが俺たち不法移民の人生なんだという父。でもサンティアゴを見守り密かに応援する祖母と小さい弟。父の反対を押し切り彼はロスからイギリスへ渡る。
しかしサンティアゴは、英国チームのニューキャッスルで、厳しい洗礼を受けることになる。
サンティアゴの夢をあきらめない気持ちだけでは、とうていこの世界のトップは目指せない。彼を見いだした元プレーヤーの、サンティアゴの力を信じて諦めない情熱にも感動しました。やっぱり、夢を叶えるには努力と運と人との出会いなんですね

主演のサンティアゴ役の男の子は本当のサッカー選手かと思ったら、役者さんでした(クノ・ベッカー)。スペイン語、英語、フランス語かドイツ語も話せたのには驚き。スポーツの世界でトップを目指すには、やはり語学は必須だと思いました。知らない俳優さんばかりと思ってたら、嬉しい発見!!
チームのスター選手が、「フェイス・オフ」キャスター・トロイの弟ポラックスではありませんか!
バツグンのサッカーセンスを持ちながらも、女にだらしないというちょっとゆるい男。かなりこの映画でいい味出してます!
元プレーヤーのスティーブン・ディレイン(めぐり合う時間たち)もいい!
ニューキャッスルの監督役のルーマニアの俳優さんも、とっても渋くてステキでした。
一見冷たそうでも、さすがに選手を観る目は鋭く、語りかける言葉も的確。
チームのコーチは「リトルダンサー」のお父さん。最近「戦場のアリア」で感動させられたばかり。
サンティアゴの恋人のアンナ・フリエル(スカートの翼広げて)も清純な感じで好感度バッチリ。

スポーツ映画のお決まりのショットや展開は「ロッキー」や「巨人の星」みたいでちょっと笑ってしまうけど、分かりやすいストーリーといい、役者といい、子どもから大人まで楽しめる1本でした。試写会場は小学生の男の子の姿ももたくさん見かけました。きっとサッカー少年ですね。「僕も頑張ろう」って思ったかな(笑)この映画、シリーズものでパート3まであるとか。今年のワールドカップに乗っかってヒットするかもしれませんね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。