スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」 米原万里 

アーニャ


1960年、プラハ。小学生のマリ(著者)はソビエト学校で個性的な友だちに囲まれていた。男の見極め方を教えてくれるギリシア人のリッツァ。嘘つきでもみなに愛されているルーマニア人のアーニャ。クラス1の優等生、ユーゴスラビア人のヤスミンカ。それから三十年、激動の東欧で音信が途絶えた三人を捜し当てたマリは、少女時代には知り得なかった真実に出会う!大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。 (「BOOK」データベースより)

これは面白かったです。

まず驚くのはそのプラハのソビエト学校には、
共産党関係者の50カ国の子どもたちが通っていたということ。
国際的なんてもんじゃないですね。
でも、どこの国の子であれ、やっぱり子どもは子ども。
無邪気で可笑しくて、ユーモアたっぷりの黒髪のマリの学校生活がそこにはありました。

子どもも個性的なら、ロシア人の学校の先生も個性的。
というか、そういう多国籍の子どもたちをまとめる先生って尊敬します。
社会の授業では、授業のテーマの国の出身の生徒がいれば、
その生徒にその国の文化や歴史の説明をさせるという先生も。
なんてユニークで、贅沢な授業なんでしょう。
秀才少女ヤスミンのエピソードも大けっさくです!

物語の途中途中で語られるロシア人の気質にもとても興味持ちました。
才能は個人のものではなく、みんなの宝っていうところも。
だからこそ、これだけの子どもたちを教育できたんですよね。


そしてマリは30年後、なんの情報もない状況の中、彼女たちに会いにいきます。
たった4年の学校生活だったけど、マリと友人たちのつながりに心温まります。
再会して知らされる東欧諸国の民主化運動に巻き込まれた少女たちの人生。
日本という島国にいると肌で感じることのできない、
その国の人たちの苦悩をマリの目を通して少しだけ知ることができました。
本を読みながら、ルーマニアやユーゴスラビア(今はセルビア)ってどこ?と
地図を出して確認してしまいましたが。

”愛国心”って言うけど、のほほんと平和に暮らしてる生活の中では
なかなか感じることのできない感情ではないでしょうか。
と同時に、国を愛する以前に、自分自身にいかに誠実に生きるかってことを
彼女たちから教えられたような気がします。
そしてまっすぐなマリからも。



スポンサーサイト

「チーム・バチスタの栄光」 海堂 尊 

batisuta

映画がかなり話題になってたのを記憶してます。

しかし、なんなんでしょう!この本は!
面白すぎ~~~!!
いわゆる医療サスペンスもの。
分からない医療専門用語もたくさん出てくるのですが、
それを超える登場人物のキャラクターのすごさと文章の面白さ!

ある病院での心臓手術の医療ミスを調査するため、
内部調査を任された万年講師の田口。
この田口医師のキャラクターがすごくよくて、前半は彼に押し捲られっぱなし。
この田口が主人公と思いきや。。

この調査が難航し、後半から登場する厚生省から来た白鳥。
この男が田口を脇に追いやるほどの強烈なキャラで~~♪
彼の理論と考察がすごい。
アクティブ・フェーズにパッシブ・フェーズ??
ハチャメチャに見えて、なぜか納得させれられてしまうような・・・
頭はきれるけど、とにかくヘンな男なんです。

この二人に限らず、登場人物の人物像がとてもリアルに描かれていて、
とてもひきつけられました。

作者、海堂尊さんは現役のお医者さまだそうですが、
こんな面白い小説を書かれるとは、天は二物を与えたんですね~~~。

「ジェネラル・ルージュの凱旋」も読んでみようかな。

映画も面白いのかな~?

「マチルダはちいさな大天才」 ロアルド・ダール著 

マチルダ

お手伝いしてる塾の英語の教材(和訳バッチリ)に使われてたお話です。
とても面白く、次はどうなるのかと思ったら、教材はさわりの部分だけ。
教室の先生も先が気になりますね~~と。
さっそくネットで検索して取り寄せて読みました。
これすでに絶版なんですね。

可愛くてとても面白い児童文学です。
作者は「チョコレート工場の秘密」のロアルド・ダール。

マチルダは4歳にしてディケンズやへミング・ウェイの本を読んでしまうほどの天才少女。
でも彼女の両親は、娘がとても優秀だということにぜんぜん気づいてない。
それどころかマチルダを”かさぶた”程度にしか思ってない酷い親。
両親は、口達者で生意気な娘で、いつか厄介払いしたいくらいに思ってる。
そんなマチルダが学校へ行くことになる。
そこで、超威圧的で高慢な女校長や心優しいハニー先生と出会い、
マチルダはいろんなことを経験していく。

理不尽な大人と、社会的に力のない子ども。
子ども向けの児童書ではあるけれど、
作者の大人への皮肉がたっぷり。
そして子どもの持つ無限性と可能性、
そして何より「知りたい」「勉強したい」という好奇心や知識欲を
暖かな目線でユーモアたっぷりに描いてます。
読み終えたあとは、さわやかな感動も。

子どもだけでなく大人が読んでもとても面白い!!

「天使と悪魔」 ダン・ブラウン  

tennsi akuma

5月公開の映画に先駆けて原作本を読みました。
上中下の3巻ですが、先が気になって夢中になってしまいました。
下巻の真実が明かされる面白さにはかなりワクワクしました。
ストーリーは「ダ・ヴィンチ・コード」より分かりやすいと思います。

テーマは『宗教と科学』
読み進めるうちに、対立するその陰にある人間の悲しみに衝撃を受けました。

事件の謎解きと、仕掛けられた爆弾の捜査に挑むのは、
ダヴィンチコードでも活躍したハーバード大学教授ロバート・ラングドン。
映画ではまたまたトム・ハンクスが演じます。
なので、ずっとトム・ハンクスの顔を思い浮かべながら読んでしまいました。
手がかりから手がかりへという展開は、「ナショナルトレジャー」に近いものはありましたが。
かなりエンターテイメントな作りですが、映画としてはかなり楽しめそうです。


物語の舞台がカトリックの総本山のヴァチカンですからね~!!
ローマ中を駆け回るロバート・ラングドン。
しかも実在する教会や彫刻が次々出てきて、かなり興味をそそられます!!
映画でどう映し出されるのかがすごく楽しみ!!

トム・ハンクスのほか、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルドが出演。
それらのキャストも楽しみです。

「ラッシュライフ」 伊坂幸太郎 

rash life

5つの話がそれぞれに進み、だんだんリンクしていく。

世の中金がすべてという傲慢画商、
カリスマ泥棒、
プロサッカー選手と不倫中のカウンセラーの女、
リストラされたサラリーマン、
神と信じる男に偏狂する若者。

時系列が複雑に交錯するが、あまりこだわらず読めた。
この場面があの場面につながってるのかと楽しみながら。
サスペンス要素もあるが、どちらかというとエンターテイメント的な話。
人生はエッシャーの絵のように、
終わりと思っても、そこがスタートだったりする。ってことか?

登場人物の中でその人間味に引かれたのは泥棒の黒澤。
なにごとにも客観的な目線でながめ、のめり込まないところに魅力を感じた。

そして、リストラされたサラリーマンが連れてあるく野良犬が俄然いい!!
「恐れるな!オレから離れるな!」
イヌの存在が勇気付けてくれる。
でも、その声を聞く人間の心があってのこと。
人はつねに自分の心と語り合ってるなんだな~。
昔読んだ遠藤周作の「おバカさん」のイヌを思い出した。

『・・・譲ってはいけないもの。そういうものってあるでしょう?』
この台詞がよかった。

「死神の精度」 伊坂幸太郎 

sinigaminoseido
人気作家、伊坂幸太郎の本をはじめて読みました。
いや~~、面白かったです!!

読みながらジャズが聞こえてくるような・・・♪
とってもムードのあるお洒落な物語。

天使は図書館に集まり、
死神はCDショップに集まる。

このフレーズだけで惹かれるものがありました。

6つの短編集ですが、
ひとりの死神がその任務を遂行するため、
姿を変えてターゲットになる人物に近づく。

死神が仕事をするときはいつも雨。

決して暗い死を連想するお話ではなく、
それぞれに人間ドラマがあり、
死神には感じ取れない人間の感覚がある。
それを受け止める死神の心情が新鮮で、しかもとってもクール。

映画では金城武が主演したんですよね。
どんな映画になったのかな。

「イタリアでうっかりプロ野球選手になっちゃいました」八木虎造・著 

itariade ukkari


まずタイトルに笑ってしまいます。
そして、実際読みながら何度も声を出して笑ってしまいました。

八木虎造さんはフリーのカメラマン。
2004年29歳のとき、仕事に忙殺されこれじゃ体も自分もダメになっちゃうと、
適当に選んだシチリアのパレルモへ癒しの旅へ出る。
旅といってもしばらくのんびりする予定だったらしい。
ところが、言葉も通じない、友達もいない、娯楽はない。
すぐにホームシックになる。
何気なく見たテレビのアテネオリンピックに臨む日本チームの映像を見て、
かつて野球少年で、現役の草野球選手だった彼は、無性に野球がやりたくなり、
イタリアで野球をやろうと決心する。

そしたら意外や意外、こんなイタリアの田舎のシチリアに野球チームがあったとさ。
初日、みんなの練習にいきなり加わって、そのあと書類にサインをさせられた。
なんとそれは、イタリアのプロ野球セリエAの入団手続きだったのでした!
あったんです、イタリアにもプロ野球が!?
八木さんのプレイを見て、これはいけると判断した監督の独断(笑)

ここから八木さんのイタリア野球の爆笑体験談が始まる。

イタリアといえばサッカー大好きの国。
野球をする人は一握り。
ルール知らない人はあたりまえ。
道具を買うのだって大変だそうで。
でも、やっぱりいるんです、どこの国にも野球大好き人間が。
そうは言ってもイタリア野球。
フォアボール連発は当たり前。
20対19みたいな点数はしょっちゅうで、しかもいつもすごい点数の接戦試合。
乱闘はひっきりなし、抗議でくるくる変わる審判の判定。
サッカーのワールドシリーズが始まると練習に来る人4人とか。
とにかく、好きなのか、いい加減なのかわからないのがイタリア野球。
ちなみに八木さんのプロ選手の報酬は1試合20ユーロ!(当時2800円也~)
なので選手はちゃんとした仕事を持ってる人ばかり(笑)

でも、なぜかみんな熱い!
ドラマROOKIESと変わらないものがある。
やっぱりどこでやっても野球ってドラマなんですね~~。
読みながら笑って泣いてのくりかえし。


八木さんのシチリア生活のエピソードも楽しい。
みんな人懐っこくて食べるの大好き、お酒大好き。
でも落ち込むと手がつけられない・・・
そして息子のように案じてくれるシチリアのマンマとの心あたたまるお話。
現地でカメラマンとしても活躍する。
出来すぎるお話みたいだけど、これは八木さんの人柄なんでしょうね~~。

とにかく野球が大好きの八木さん。
というかこんなに自分が野球が好きだったのかと知らされたシチリアでの生活だったみたいです。
そして、野球ってなんて楽しいんだ~って!
言葉が通じなくても、キャッチボール始めただけでなんか笑顔になっちゃう。
なんかわかるな~~~。
読んでて私が熱くなってしまいましたよー。
そしてとっても羨ましい。。。

今も八木さんは世界のどこかで野球をやってるはず。

『毎日かあさん』 西原理恵子 

mk

話題になってたのは知ってましたが、はじめてこのシリーズを読みました。
(おすすめ商品を参考に^^)
芸大出とは思えないすごいイラストなんですけど(笑)、その中身は最高でした!
1男1女の母であるサイバラさん(西原さん)の子育て奮戦記。
烏頭の小学生の息子と、幼くしてすでに女の生きる術を得てる保育園の娘。
その二人のエピソードが微笑ましいやら可笑しいやら!
とくに息子のバカっぷりには頭を抱えるほど(笑)
仕事を持ちながらも、毎日を楽しく母さんやってる肝っ玉母さんのサイバラさんに元気もらえます。
クスっと笑って、合間にちょこっと泣かせるところがニクイです。

働くお母さんの、いえ世のお母さんの応援歌みたいなマンガですね♪

アルコール依存症で別れた夫も登場しますが、彼を見つめる目が冷静だけど温かい・・・
そんな夫でカメラマンだった鴨志田さんは先月癌で亡くなったとか…
本を読んだタイミングでニュースを知ってビックリしました。

サイバラさんは麻雀のマンガも書かれてるそうで。
さっそく注文してしまいました~~(笑)楽しみ、楽しみ♪

*「ああ息子」も好評発売中

「無銭優雅」 山田詠美 著 

無銭優雅

42歳の男女の恋愛を飾り立てることなく素直に描いた小説。
山田詠美の語り口がそのまま文章になったような、ユーモアがあって軽快で率直な文章、でも巧みな表現とグッと来る言葉の数々にすっかりとりこになってしまいました。淡々としたお話なのに、ラスト数ページは自然に涙が溢れて自分でもびっくり。

主人公の女性は、どちらかというと世間知らずで大事に育てられた女性ではあるけれど、彼女の自分に偽らない生き方、恋愛に対する考え方にはとっても共感できた。
そして主人公の恋愛模様と合わせて、年老いた両親の男と女の心の機微の描きかたも絶妙!深いな~~~。

42歳?45歳?世間的にはどこからみても立派な大人だけど、好きな人と一緒のときの時間は年齢には関係ない。むしろ、未来が輝いているように錯覚さえしてしまう若者の恋愛より、この年代の恋愛には深い情念がある。それは”生きること”を実感し、”生きることが永遠でないこと”を知ってるから。だからこそ、今を大事にしたい、愛する人との時間を大切にしたいという想いが強くなる。 そして、二人だけのとるに足らない遊戯、ジョークのやりとりの積み重ねが、ふたりの絆を強める。それが離れがたい時を築いていく。これは単に体を重ねること以上に特別な秘め事。このへんの描写がとっても楽しい。無邪気なふたりの可愛いこと。年なんか関係ないよねって(笑)こんな恋愛できるふたりはなんて幸せ者なんでしょう。

同世代の人には共感を、若い人には年をとることって悪くないねって思える小説では。

【追記】小説の中にニコラス・ケイジの名前が出てきたよ!^^)

「香水 ある人殺しの物語」 パトリック・ ジュースキント (著) 

香水

18世紀のパリ。
孤児のグルヌイユは生まれながらにして天才的な臭覚を持っていた。
しかし、なぜか彼自身には体臭はない。
やがて彼は香水調合師となりその才能は開花する。
彼の求める香はとどまることを知らず、究極の芳香を求め、
やがてその欲求はまだ蕾のような若い娘へと向かう。。。
恐怖の連続殺人鬼と落ちていく男の物語。

ぞっとするようなドラマティックな物語ではあるのですが、物語に出てくる匂いの数々。
それはパリの街の悪臭から美しい花の香まで。
おもわず想像力を駆り立てられます。
そして、人は匂いに支配されてるのではないかと思うほど。


そういえば、以前TVで”人は人の何に惹かれるのか?”というテーマの番組がありました。
それによると、人はフォロモンに惹かれるのだそうです。
そしてそのフェロモンとは、すなわち”匂い”なのです。
実験がありました。
若い男女10人づつが向かい合う。
まず女性に第一印象で好きなタイプを書きとめてもらう。
次に、男性が全員同じTシャツで縄跳びをして、女性がその汗をかいたTシャツを嗅ぎわけ、
好みの人を当てるというもの。
結果、半分以上の女性が第一印象と同じ男性を言い当ててました!

これをみて、人は匂いで惹かれるのかーーーー!と驚きました。
フェロモンって感じ取れないほどのものでも”香り”のことなんだー。

小説を読むと、なんか納得してしまいそうです。

この小説3年ほど前に読んだのですが、劇場でこの映画の予告編を観て、
映画化されたことを知りました。
タイトルは「パフューム ある人殺しの物語」(独)、2007年3月公開。
それで再び読んでみようと思ったわけで。

p


はたして、匂いがテーマのこの物語、映画ではどのように見せてくれるのでしょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。