スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「違和感のイタリア~人文学的観察記」 八木 宏美 

iwakan


イタリアに渡って30年。
著者が見たイタリア。
まさに人文学的観察です。
著者の情報量と知識の素晴らしさに圧倒されました。

読み始めてすぐ、興味深い話にワクワクしました。
まず、イソップ物語の日本の解釈とイタリアの解釈の違い。

そして教育の話。
面白かったのは中学校での勉強の内容。
イタリアでは、例えば国語で「アンネの日記」を勉強すると、
地理でアンネの住んでいた国、歴史では第二次世界大戦を勉強する。
数学ではイタリアからアンネの住んでいた町まで、
当時の鉄道の時速で計算して時間を求める問題。
というように、一つのテーマを関連づけて、物事を立体的に学んでいく。
また作文も、感想文や要約ではなく、
アトランダムに与えられた言葉から一つのお話を作っていく想像力を養うもの。
一貫したこの教育法は大人になって大きな力になる。
それを物語るエピソードも面白かった。

そして、勉強をしない自由もしっかり市民権を得ているところも面白い。
それがいいか悪いかは別として。
イタリアの識字率はつい最近までヨーロッパではかなり低位置にあったそうだから。

しかし勉強の道を選んだ人は徹底的に勉強する。
日本とイタリアの学生の平均点が50点とすると、
日本が35点、50点、65点の平均点50点に対して、
イタリアの平均点は0点、50点、100点の平均点だということだ。

この辺まではかなり身近なテーマでしたが、中盤からは、
イタリアを代表するトリノのフィアットの成り立ちから経済の話し、
カトリックとイタリア民主主義、ムッソリーニの政治、
そしてマフィアとかなり社会的なテーマになっていきました。

正直、中盤から一機に読むペースが遅くなりました。
同じところを何度も読み直したり。。。
それでも、フィアット創設の初代から、
イタリアの首相より崇められた3代目のエピソードは興味深かったです。
彼の会社運営の考え方は、現在の政治家にも通じるものがあるのではないでしょうか。

 トップに立つものには民主主義は通らない場合がある。
 組合の意見を平等に取り入れることばかりに囚われると、
 会社運営は行き詰る。
 決定権は自分にあり、自分が判断する。
 しかし、それは同時に責任もともなうこと。
 トップからこの権利を奪うことは、リスクをとることかもしれないが、
 人生の醍醐味を奪うことだ。

鳩山さんに聞かせたいと思った。。


イタリア統一は1861年。
それまでそれぞれの都市が一つの国家として機能し、
そこで暮らす人々はそれぞれのコミュニティで生活を営んでいた。
その気質は今なお残っていて、イタリア人がイタリアという国を意識することはなく、
わが町への愛着は相当なもの。
イタリア人が国を意識して一丸となるのは、
サッカーのワールドカップくらいだというのは笑えるけど本当らしい。

第2次世界大戦では日本とイタリアとドイツは同盟国でしたが、
イタリアの戦争は1943年に連合軍に降伏したあとのドイツとの戦いの方が
凄まじかったことも今回知りました。
「セントアンナの奇跡」や「コレリ大尉のマンドリン」の映画もそういうことかと理解を深めました。

どちらにしてもとても内容が濃く、読み応えのある1冊です。
後半ちょっと私はきつかったけど、イタリアをもっと知りたくなる本。
イタリアに興味ある方にはオススメです。

スポンサーサイト

イタリアを弾く「イタリアの小さな物語」 

italia
ラジオ講座のイタリア語。
真面目にとは言えないけどちょこちょこ聞いてます。
とくに木金の新コーナー~イタリア音楽への招待~はちょっと新鮮♪
ピアニストの関先生による講座。
音楽用語に使われているイタリア語を説明しながら、
イタリアのピアノ曲を紹介してくれます。

私が聞き逃した回でプッチーニの「小さなワルツ」が紹介されたようです。
このピアノ曲はオペラ『ラ・ボエーム』の「ムゼッタのワルツ」の原曲だそう!
私の大好きな曲と知ってて、友達が教えてくれました♪
そのピアノ曲が気になって気になって。。
先生のアルバム「イタリアの小さな物語」を〇マゾンに注文して買ってしまいました♪

美しいピアノ曲「小さなワルツ」はそのままムゼッタのワルツでした!!
その他、聞いたことのあるピアノ曲がいくつか。
どれも耳に優しい曲ばかり。
ああ、どこで聞いたんだっけ?マスカーニ作の「間奏曲」♪♪

赤いアモーレ (DVD) 

赤いアモーレ

またまたイタリア映画です。

名誉も地位もある、美しい妻のいる医者と、雑草のような女イタリア。
まったく住む世界が違うふたりなのに愛し合ってしまった。

男の身勝手、情けなさ、弱さ、ずるさにうんざりしながらも、なぜか引き込まれてしまった。
それはあまりにイタリアの存在が際立ってたから。
演じたのはペネロペ・クルス。
ここまで汚れ役を体を張って演じたペネロペ。
あっぱれです!!
ペネロペの映画でこんな気持ちになったのははじめて。
そのくらい彼女はこのイタリアになりきってました。
不幸な生い立ち、教養のなさが全身からあふれてる。
安っぽい服を身にまとい、美しくない化粧、歩き方まで品がない。
でも、男を愛し、最後は彼のマリア的存在になる人。

監督、主演はドイツ映画「マーサの幸せレシピ」で、
心優しいイタリア男を演じたセルジオ・カステリット。
好きな俳優さんなので、はじめはこの男を演じる彼にショック受けたけど・・・

不倫ものといってしまえばそうなのですが、すごいなって思ってしまいました。
うまく言えないけど、ドロドロなんだけど、
どこかすべてをろ過されたものを感じたからかもしれない。

家の鍵  (DVD)  

ieno kagi

15年前、恋人が出産で死んでしまう。
そのショックで、そのとき生まれた子どもも見捨ててしまった主人公。
初めてわが子に会って動揺する。
息子は一人で歩くことも困難な障害のある子どもだった。

息子との対応に右往左往する若い父親ジャンニと、
障害はあっても明るく奔放で、たまに憎たらしいことも言ってしまう少年パオロ。
二人はお互いを受け入れることができるのか。
息子とまっすぐ向き合おうとする父親役のキム・ロッシ・スチュアート、
そして息子役の少年の名演技には目を見張るものがありました。

また障害のある娘を長く看護してる母親のシャーロット・ランプリングの、
クールな存在も光ってます。

とても重たいテーマの映画でした。
いつも不思議に思います。
イタリア映画にはこのような家族をテーマにしたり、
障害のある人との人間関係を描いたものが多くあります。
「輝ける青春」もそうでした。
けっして明るい映画ではありません。
”イタリア”と一言というと、そのイメージは明るくて能天気、
毎日食べることと、歌うことと恋することしか、考えてないように思われがちですが(わたしがか?^^)
映画はとても繊細で、とても深刻なものを描くものが多いのです。
あえて言うなら、家族のつながりを描くものが多いかもしれませんね。
しかも、描かれ方がリアル。でも、とても優しい。
イタリア映画の奥深さを感じてしまいます。

今回はじめてみたキム・ロッシ・スチュアート。
数少ないイタリアのイケメン俳優さん。
私はもっと若い人を想像してたのですが、
初めて会う息子にどう接していいのか困惑したり、突然涙を流したり、
とても繊細な演技をみせてくれる俳優さんでした。
この映画では苦悩する表情が多かったので、今度は笑顔の多い映画も観てみたいですね♪

キム・ロッシ・スチュアート
キム・ロッシ・スチュアート

ベネチア ヴァポレットの女 ~水上都市 迷宮のふたり~  

venezia
BSハイビジョン 「ドラマチックバス」。
ドラマと観光ガイドをドッキングさせた、面白いつくりの番組です。
3回シリーズの今回は二回目。
パリに続いて今回の舞台はベネチア。

 ベネチアはひとたび足を踏み入れたら、
 いっきに現実の世界から切り離されてしまう不思議な街だ。

ナレーションに、思わずウンウン。



サンタルチア駅に降り立った美しい日本人女性(戸田菜穂)。
彼女はバポレット(水上バス)や、水上タクシーを乗り継いでどこへ向かうのか。。
意味ありげなままドラマが始まります。
そしていきなり、彼女はタクシーに乗るとき、バッグを水に落としてしまうのです!
拾ってもらえないなんて、ぜったいにありえない展開だと思いましたが。
目的地の住所を書いたものもなくし、異郷の地で途方にくれてしまう。

バッグを拾い上げたのは、たまたまベネチアを訪れたイタリア人の大学教授。
バッグの中には美しい邦人女性の写真のあるパスポート、そして大事そうな手帳。
いつしか彼は彼女に淡い恋心を抱いてしまう。。。
警察に届ければいいものを、なんとか自分の手で本人に渡そうと
次の日から彼女を探し始める。。

と、かなりロマンティックな物語なのですが。。。

このドラマ、もっと膨らませてもらいたかったですね~~。

合間合間に入る、陽気なゴンドラの船長のベネチア事情、ゴンドラ稼業の実情、
そしてバポレット運転手暦20年という女性運転手による数々のエピソード。
これはこれとして楽しかったどけ・・・
バポレットの路線案内もかなり親切なんですけどね。



戸田菜穂がバッグを探してベネチアの街を巡ったり、
目的の建物を探しながら、通りかかった教会や建物を
彼女目線で映し出してくれるのはステキでした。
でも、細い路地を歩く彼女の向こう側に見える水のある風景☆
あれこそがベネチアだと思います。


venezia a

サンマルコ広場と海を挟んで臨むサンジョルジョ・マッジョーレ島。

たまたま水路から海をなぞるように映し出した映像に映った、
ホテル・メトロポールのタクシー乗り場。
訪れたところだったので、その時のことを思い出し、嬉しさも格別でした。

veneziaa




戸田菜穂さんのイタリア語なら聞き取れました

Un biglietto per venti quattr'ore, per favore.

Voglio scendere!!

Come si chiama questa chiesa?

何度も彼女が言ってた修道院は convento というのですね。

ドラマは意外な幕切れでした。
けっこう面白いオチだと思います。


venezia

ベネチアに行ったら、バポレットやタクシー、ゴンドラに乗って
あちこち自由に歩き回りたいですね♪
迷子になるのだって、楽しくなるような街です。
もし、もし、また行けたら、サンタルチア駅に行ってみたいな。
ファンダメンタル・ヌオーベのほうも。
そしてムラーノ島、ブラーノ島。
あと、リアルト橋の近くの市場とか。
行けなくても想像しただけでも楽しい♪(笑)

NHK BSハイビジョン 7月の番組で! 

たまたまテレビを見てたら、BSハイビジョンで面白そうな番組が紹介されました。


【プレミアム8 ドラマティックバス】
 ヨーロッパの名所を舞台に繰り広げられるサスペンスドラマ。
 主人公たちは、その都市をバスに乗りながら、事件に巻き込まれていくというもの。
 ゆえに、バスに乗った目線で名所や穴場が見られるそうで、これは楽しそう。
 ドラマのほうも、なかなか凝ってるみたいですよーー。
 どの回も面白そうです♪


■第一夜パリ オムニバスの女 ~ニコラを探して~
7月8日(水) 午後8:00~9:30 主演 羽田美智子 

■第二夜 ベネチア ヴァポレットの女 ~水上都市 迷宮のふたり~
7月15日(水) 午後8:00~9:30 主演 戸田菜穂
venezia


■第三夜マドリッド スパニッシュ・バスの男 ~バスに乗るか?バルで飲むか?~
7月29日(水) 午後8:00~9:30 主演 萩原 聖人

イタリア映画祭2009 

italia 映画祭


今年もイタリア映画祭に行ってきました。
二日間で4本。
チケットは前売りで買いました。
ネットで映画のざっくりとした解説だけで選びました。
さて、その結果は。。。




■見渡すかぎり人生・・・◎

見渡す限り人生


大学を優秀な成績で卒業したものの、なかなか就職にありつけないマルタ。
ベビーシッターのアルバイト、コールセンターの派遣社員などの仕事を通して、
成長していく彼女の姿と取り巻く人との関係が、イタリアらしくちょっと大げさに描かれてます。
このテーマは日本にも共通するものだと思います。

これは面白かったです!!
コールセンターのいかがわしい仕事の実態に驚きながらも、
(日本だってきっと似たり寄ったりだろうと、一緒に見た友人の言葉)
あくまで客観的に社内を見つめるマルタ。
さらに彼女の会話センスや手際のいい仕事ぶりに感心しきり。
マルタはできる人だな~~~と。
コールセンターの女性上司、ベビーシッター先のちょっとオバカな母親、
労働組合の男性、などなど、どの人もかなり極端に描かれているけど、
すごく人間らしくて、その陰にある弱さなども興味深かったです。
女優さんたちがすごくよかったです!!
エンディングもホロッとさせて、鑑賞後のほっこリ感は◎


■プッチーニと娘・・・△
う~~ん、これは事前勉強が必要だったかも。
1時間ちょっとの短編なのですが、説明がない、台詞が極端に少ない、
映像と音楽、そして手紙文によって進められる展開にちょっとついていけなかった・・・
ジャコモ・プッチーニのメイドが自殺した事件を、
監督なりの解釈で作り上げた作品。
映像が美しかっただけに、もっと事前準備しておけばよかったとちょっと後悔。


■運命に逆らったシチリアの少女 ・・・ ◎

運命に逆らったシチリアの少女

1980年代に実際にあった事件をもとにした映画。
シチリアの街で人望もあった父と兄が、マフィアに殺され、
その復讐に立ち上がった少女リタの物語。

全編重いです!!
でも、見応えありました。
場面場面はまるで「ゴッドファザー」のようでもあり、展開は「レオン」のようでもあり。
ただあまりにリアルなだけに、それらの映画のようなエンターテイメントさは感じません。

固唾を呑んで画面に釘付け。
しかし、マフィアに立ち向かうということは、シチリアでは孤立することを意味し、
多くの犠牲を払うことになってしまう。
リタの心情を思うと本当に辛い・・・
彼女を支えてくれたローマの検事の存在は大きかったが、彼にとっても危険が迫るわけで。
この検事さん役の俳優さんだけ見たことありました。
「コーラス」の先生のジェラール・ジュニョ。
フランスの俳優さんですよね。

すごく重かったけど、運命に逆らって生き抜いたリタの強さに圧倒された1本でした。

イタリア映画祭のポスターはこの映画のポスターです。



■ソネタウラ ”樹の音”の物語・・・△
2時間40分の大作。
期待してました。
解説を読んだとき、もっとファンタジックなお話かと思ってたので。
だいたい主人公が”樹の音”を表すソネタウラというあだ名があったなんて、出てきたかな?
すっかり”樹の音”にだまされてしまった(^^;

サルデーニャ島で人生を翻弄された少年の物語。
方言がきつい島なのでしょうか。
イタリア映画なのに、イタリア語と日本語の字幕付き。
島といってもサルデーニャは山岳地帯だそうで、
これを見る限り、行ってみたいイタリアというイメージは湧かず(^^;


あとからいろいろレビューを見ると、あれも見たかったな、これも見たかったなと。
また来年に期待します

「Canzone Italian Pops Best Selection」CD 

カンツォーネ

月曜夜放送のBS日テレの『小さな村の物語 イタリア』のテーマソングが聞きたくて○マゾンから購入。
L'appuntamento ,邦題「逢いびき」。
いいですね~~~♪
ゆったりと時間が流れる感じで。
女性歌手の声もステキ☆
放送された美しいイタリアの村の風景が浮かんできます。

この曲を歌ってるオルネラ・ヴァノーニ。
アラン・ドロンが彼女の大ファンだったそうで、
この曲は彼の映画「ビッグ・ガン」のテーマ曲として使われたそうです。
どんな映画だろ?

持ってるCDとだぶるものもいくつかありましたが、
どの曲も心地よくて癒されます♪
(ミルバの日本語の「愛のフィナーレ」はいらなかったケド・・・^^;)
ほとんどが60年代に流行った曲なので、どこか懐かしさあったかさを感じます。

mangiare
cantare
amare!!

音楽から感じるイタリアをひとことで表すと、私のイメージでは”豊潤”
好きです、こういう音楽

ラ・ボエーム 

ラ・ボエーム

プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』を映像で見せる。

これは初体験の映画でした。
全編オペラです!!
すべての台詞(イタリア語)が歌です。

物語は、19世紀のパリ。
ボエームとはボヘミアンという意味だそうで、
貧しい生活ながらも、芸術に情熱を燃やしながら
自由気ままに生きていた若者たちのことをさしているようです。
詩人のロドルフォとお針子ミミの悲恋が描かれています。

台詞が歌だなんて、ミュージカルは苦手という方にはとんでもないことかもしれませんが、
オペラ歌手の素晴らしい歌声に魅せられ、
その台詞ひとつひとつが歌で語られても全然違和感は感じません。

そして『ラ・ボエーム』といえば!!
ニコラスファンには「月の輝く夜に」ですよね 
あの映画の中でも使われたオペラのシーンや歌には、ぉぉおおお~!!と感動しました。
それと面白かったのは、この映画の画面の切り替えに使われる音楽が、
あの映画と同じなんです。
正確には「月の~」が「ラ・ボエーム」の音楽を真似たんですね(笑)

とくにミミとロドルフォが恋に落ちて、二人で愛する思いを情熱的に歌い上げる歌。
そして、ミミが病に倒れ、ロドルフォの元を去るときに歌う切ない歌。
「月の~」で、ロレッタが劇場で涙を流すシーンのとこです。。。

moonstruck
             (「月の輝く夜に」より)

映画で何度も聞いてる曲なのですごく嬉しかったです。
ああ、ここで歌われる歌なんだって。

そして、私の大好きな「ムゼッタのワルツ」も♪
ムゼッタとはミミの友達で、ロドルフォの親友の元カノ。
分かれた彼が忘れられないムゼッタ。
そして自分の美貌に自信のある彼女は、
偶然お店で出くわした元カレに向かって思わせぶりに歌います。
それがこの歌。

「私が街を歩けば、私の魅力に男がふりかえる~♪」
「あなたはきっと、まだ私に夢中~~♪」って。

こんな歌なのかーー!と思いましたが、
やっぱりステキな曲です!!


ラ・ボエーム2

出演者たちは有名なオペラ歌手が勢ぞろい(らしい)。
俳優たちにとっても新しい挑戦だったようです。
たしかに舞台と違って、映像がアップになったり、
観客はカメラが見せるものに目が行くわけですから。
主演の男優曰く。
映画は細かい部分がとても重要、
自分はオペラのような大きなジェスチャーは使いたくなかった、
でもまた自分がオペラ歌手であることも忘れたくなかったとありました。
興味深いお話でした。
しかし、濃かったな~ロドルフォ役の俳優さん(^^;
メキシコ出身の方みたいですが。
ミミ役のアンナ・ネトレプコさんは、有名なロシアのオペラ歌手だそうで、
歌もさることながら妖艶で可愛らしく、美しい人でした。

しかし、しかし、オペラの世界ってすごいな~~と率直な感想。
先日テレビで放送された、やはりプッチーニの『トゥーランドット』も録画してみましたが、
アレだけの話をこんな風にアレンジするんだ、
こんなに大げさに見せるんだ、ってカルチャーショック受けました。
でも400年以上も芸術として受け継がれているオぺラ、
歌、演奏、演技、衣装、背景、すべての芸術の普遍的なものがそこにはあるのでしょうね。
けして嫌いな世界ではないです。

イタリア好きの友人と鑑賞。
なかなか楽しい体験でした。
オペラ鑑賞に浸った気分で劇場を後にしました。

あ、字幕が戸田奈津子さんなんです。
戸田さん、イタリア語も翻訳されるのかな?
ってちょっとビックリしました。

帰ってからオペラ入りの『月の輝く夜に』のサントラ聴いてます♪




(テアトルタイムズスクエアにて)


60年代 イタリアンポップス♪ 

2x5

今日のラジオ講座はマリアのジュークボックス・イタリアーノ。
Juke Box italiano con DJ Mria.

このコーナーを聴くのは久しぶりです。
でも、今日聴いてラッキーでした!!
私の大好きな60年代のポップス(男性ボーカリスト)特集でした。
Gli interpreti masuchili della cazone itliana ( Anni'60)

*interpreteは通訳者、解説者、代弁者、役者、演奏家。ここではボーカリストのことですね。

思えば私の”イタリアことはじめ”はこの曲だったかもしれません。
ボビー・ソロの「頬にかかる涙」
小学生だったと思いますが、この曲を聴いたときなんてステキな歌なんだと思いました。
切なくて甘くて。。。

意味などわからず
ダナ~ラックルマ スル ビーゾ~~♪ 
と耳から入った言葉を曲に合わせて歌ってました(笑)

今になって、これが
Da una lacrima sul viso
ということがわかったのは、なんて面白い!!
好きでい続けていると、楽しいことがあるものですね。

今日紹介された4曲のうち、「頬にかかる涙」を含む3曲(track 1,3,4)は、
映画「ふたりの5つの分かれ道」のサントラに入っている曲でした。
この映画はフランス映画なのですが、劇中に流れる音楽はすべてイタリアンポップス♪
映画を観にいったとき、その音楽にドキュンとやられ、
サントラのCDまで買ってしまいました★

今日は、そのサントラに入ってる曲のタイトルを見てみたいと思います。

「ふたりの5つの分かれ道 Cinque Per Due」





1)cinque per due  
そのまま「2×5」。
ふたりにそれぞれ5つ分かれ道があったという意味を表しているんですね。

2)sparring partner
英語で「寛容なパートナー」 かな?

3)da una lacrima sul viso
「頬をつたわる一粒の涙から」という意味。
lacrimaは涙、 sul viso は 頬の上の(頬をつたう)。
テキストブックにもありますが、
da una lacrima sul viso ho capito molte cose
「頬を濡らす涙からたくさんのことがわかった」と、
愛する女性を思う男性の気持ちを歌ってます。
「たくさんのこと」=molte cose 、複数形だからなるほど~~。

4)ho capito che ti amo
邦題は「愛のめざめ」
どんなにあなたを愛しているかわかったわ。ですね
女性ボーカルの可愛い歌です♪

5)mi sono innamorato di te
邦題は「君に恋して」
あなたに恋に落ちた。ですかね。

6)la danse des maries
邦題「ダンス・デ・マリエ(新郎新婦のダンス)」
これはイタリア語ではないですよね。

7)se mi perderai
邦題「もし君が僕を失えば」
perdere「失う」のtuの未来形、perderai
私が失うのではなく、「きみが私を失えば」ですね。

8)sapore di sale
邦題「恋は塩味」
saporeは味、味覚、味わい。直訳すれば「塩の味」

9)valerie
ヴァレリーという恋人の名前。

10)legata a un granello di sabbia
邦題「愛の砂」
legataは【しっかり結ぶこと】  granelloは【粒子】 sabbiaは【砂】
なんかロマンティックですね~

11)senza fine
邦題「恋は終わりなく」
「終わりなく」 そのままですね。

12)cinque per due

13)vedrai vedrai
邦題も「ヴェドライ ヴェドライ」
vedraiはvedereのtuの未来形。
「見る」のほかに「わかる、理解する」という意味もあるのですね。
意味は「いつかわかるだろう」と解説されてました。
恋する男の気持ちを歌った切ない歌です。
歌ってるルイジ・テンコはそのキャリアや恋愛に悩み、28歳で自殺してます。
亡くなったあと彼の作品はヒットしたそうで、
「いつかわかるだろう」とはなんと皮肉・・・

14)the'me piano
ピアノ・テーマ

今日は一日このサントラを聴いてました♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。