スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4分間のピアニスト 

4分間のピアニスト

ドイツ映画。
昼下がりのせいか前半の途中何度もトロトロしてしまって。。(なんてこった!)

殺人の罪で獄中生活する少女と(無実なのかもしれない)、
刑務所で犯罪者の更生のためにピアノ指導している老女の物語。
愛に裏切られ、誰からも愛されたことのないジェーン。
爆発しそうな感情を常に抱えてて、人に対して暴力的にしか接することしかできない。
刑務所の中でもしょっちゅう事件を起こす問題児。
そんなジェーンは類い稀なピアノの才能があった。

ジェーンの才能に目をつけた80歳になるというクリューガー。
彼女にも人には言えない過去があった。
それは第二次世界大戦のナチによる軍事下でのこと。
クリューガーはジェーンのピアノの才能を開花させることこそが、
残りの自分の人生の使命とばかりに彼女に特別レッスンを始める。

それぞれに過去や傷を持った二人がピアノを介してかかわっていく。
ジェーンはなかなか心を開いてはくれないけど。
反抗的な態度のジェーンにクリューガーはキレる。

『才能がある者は、その才能を磨くことが義務なんだ!』

すごい台詞だな~と思いました。
しかし、あの反抗的で暴力的なジェーンの態度にはたびたび唖然。すごい演技です。

圧巻はラスト15分。
クリューガーに引きずられるようにやってきたコンテスト会場のジェーン。
シューマンの名曲が、彼女の感情のほとばしる演奏に変り、やがて。。。
その演奏はとても言葉では表せません。
あれが演奏といえるのかどうかわからないけど
あんな強烈なピアノ演奏はこれまで聴いたことがありません。
芸術の最たるところにあるものは”美と危うさ”か。

すべてを終えたあとのジェーンの姿が忘れられません。



*寝ちゃったところの確認と、ラストのピアノ演奏をもう一度観たいけど、
 2度観るにはちょっと勇気がいるな~~。


スポンサーサイト

アイ・アム・レジェンド 

アイアムレジェンド

コワかった~~~~!!
イギリス映画の『28日後』を思い出しました。

新薬の開発 。
世間をお騒がせの新薬です。
何事もリスクを伴うものでしょうが、
こんなことになったら本当に怖いです。

しかし、ウィル・スミス上手いですね~~。
NYにひとり生き残った男ですから、
ほとんどの台詞はワンコに語りかけるだけですからね~。
このワンコがまた名演技で・・・泣かせます。

どうして彼だけが生き残ったのか、彼はいったい何者なのか、
突っ込みどころもいろいろありますが、
この恐怖と感覚は劇場で味わいたいですね~。

マリア 

maria

1日の映画の日、この1本を選びました。
公開初日のシャンテシネは1時間前に行っても真ん中の席は埋まってました。
すごい人気ですね。

今から約2000年前。
キリストの誕生までの、母マリアとその夫ヨセフの夫婦の物語です。
宗教画などで観るマリア様はまさしく聖母であり、後光に包まれた美しい女性ですが、
この映画では生身の女性として描かれてます。ヨセフもしかり。

ヨセフと婚約したマリアは、ある日天使に告知を受けて身ごもってしまいます。
救世主となる神の子を授かったのだと言われて驚くマリア。
それ以上に両親の驚きと婚約者であるヨセフのショックは計り知れません。
しかしヨセフはマリアを信じ、お腹の子の父親になる覚悟をします。
村を追われるように、二人はヨセフの故郷のベツレヘムを目指します。
砂漠を越え、山を越え、その過酷な道のりとは裏腹に夫婦の絆が深まる様子がステキです。
とくにヨセフの愛情には泣かされました。
羊小屋でのキリスト誕生のシーンはまるでファンタジーですね

ケイシャ・キャッスル=ヒューズは「クジラの島の少女」に続き、
またまた奇跡を起こす女性を演じることに。
あどけなさと強さを持つ女性を演じるに相応しい女優さんですね。
ヨセフを演じた俳優さんも、すごくいい表情をするキリスト顔の俳優でした。

旧約聖書のお話をもとに作られた映画のようですが、
信者ではなくても観終えて心洗われるような、ちょっと厳かな余韻に浸ってしまいました。
一つの神話としてこのファンタジーに浸るのもいいのでは。
ラスト近くに流れた「清しこの夜」の美しかったこと
この歌がこんなに美しい曲だったのかと改めて感じました。
クリスマスにオススメの1本かもしれません





めがね 

megane

ちょっと前に観た映画。

テイストは「かもめ食堂」と同じです。
「かもめ食堂」ではそれぞれのキャラクターを深く説明せず、
見るものに想像させる作りになってましたが、
この映画ではさらにそれ以上に説明がない。
沖縄に程近い島に一人旅してきた主人公(小林聡美)が
島で体験したことがほのぼのと描かれてます。
彼女はなぜこの島に来たんだろう。
そこで出会う人々のどこか現実離れして、
どこか人間離れ(?)したゆったりとした感覚。

主人公の小林聡美もよかったけど、もたいまさこには参った!
彼女が立ってるだけで漂うあの不思議な空気。
朝起きたら枕元にもたいまさこがあの顔で座ってたらコワイよ~(笑)
でもメルシー体操の可笑しくて可愛いこと。
ラスト、小林聡美からプレゼントされたニットの赤いマフラーを
真夏にヒラヒラさせて登場するもたいまさこはステキだった★

ボーン・アルティメイタム 

b/a

1話は観て、2話は観てないんですよ。
今日のためにツタヤで「ボーン・スプレマシー」を借りようとしたら、 すべて貸し出し状態。
でも、観てなくても大丈夫でした。よかった~。

はじめから”逃げる追いかける”のシーンがハンパじゃなく、
ちょっとついていけなかったけど、
終わってみれば、ひゃ~~~カッコイイじゃん!!
音楽がまたカッコイイ♪

ストイックなマット・デイモン、似合ってますね~。
思うに彼は「オーシャンズ」などのちょっと軽い役より、
寡黙な役のほうが似合う気がします。

しかし不死身だな~~(笑)
ラストのカーチャイスもすごかったけど、
バイクでの逃走シーンも迫力あり!
というか全編カメラワークが凄かった!

台詞は少なくとも、彼の心情を察する女性たちの役回りが渋くてステキでした。
美女ではないとこも。
彼と一緒に逃走するニッキーという女性。
どこかで見たことがあると思ったら、
ヒース・レジャーの『恋のからさわぎ』の女の子(ジュリア・スタイルズ)だった!
ラストシーンの彼女の微笑みが最高ーーー!
エンディングの音楽もよかった♪


ヘアスプレー 

hair s

懐かしいノリのいい音楽にリズムとってしまいました♪
主演の女の子、明るい笑顔が可愛い~
オーディションでこの役を獲得したそうだけど、よく見つけたな~。
しかし、あのむっちりコロコロの体で素晴らしくキレのある動きにビックリ!
走るのだって身をもてあまして大変そうなのに…

そしてママのトラボルタ
すごい、すごい!!
男でも大柄なのに、さらにお肉つけて大きな女性になって~~。
でも仕草や表情がママそのものでまったく違和感なし。
あの体でダンスも披露してくれて最高、最高!!
パパのC・ウォーケンも可笑しかった~。
あの二人が夫婦だなんて・・・くくく 
意地悪なプロデューサー、ミシェル・ファイファーもはまってましたね。
クィーン・ラティファーもステキ。
音楽と役者を楽しみました
hs



エディット・ピアフ~愛の讃歌~ 

エディット・ピアフ

『あなた~の燃える手で~♪
   わたしを抱きしめて~~~♪』

あの有名な「愛の讃歌」のエディット・ピアフの生涯。
1915年フランスに生まれたピアフの48年間の人生。
貧しい生い立ち。大物ミュージシャンの伝記ものにありがちな、酒とドラッグ、そして祈り。
このドラッグと持病が彼女をボロボロにしていったんですね。
40代のピアフはまるで老婆のようにしか見えませんでした。
そして、”祈り”は彼女の心のよりどころ。
というかそれがなかったら生きていけなかったのかもしれない。
人間、信ずるものがあるというのは大きい。

生い立ちに同情するも、破天荒な生き方は共感できないところもありました。
でも最も共感したのは、愛する男性を失ったところ。
相手は妻子あるボクシングチャンピオンだった。
このマルセルという男がまたジェントルマンで素敵な人。
ピアフの生涯の男性だった。
すれ違いの生活の二人をつなぐのは手紙。
ピアフの彼への手紙は彼への想いに溢れ、それはそれは切ないほど。
この手紙の文面が膨らんであの「愛の讃歌」が作られたのだそう。
ピアフが幸せで満ちてた頃のこと。


ところが、マルセルは突然飛行機事故で亡くなる。。。
ピアフが待つNYへ向かう途中だった。
あの絶望のシーンは辛い。
ショックと絶望で泣き喚くピアフ。
正気を失いそうになりながら、ホテルの部屋のドアを開けると、
そこは彼女が立つステージになってる!!
あのシーンは鳥肌ものでした。
事実、マルセルが亡くなった日に、ピアフは予定通りステージに立ったそうです。。。

妻子ある男性との熱烈な恋愛。
『手に入らない人だけど、彼なしには生きられないの』
理屈じゃなく、愛の絶頂期に最愛の人を亡くした女の悲しみに胸が潰れそうでした。
ピアフは「愛の讃歌」を歌うたび、どんなに切なかったことか。
それはマルセルを思い出すことより、あんなに人を愛して幸せだった自分を思い出して。。。
そう想ってあの歌を聴くと、さらに胸に響きますね。
ピアフの歌詞もすごいけど、メロディーも素晴らしい。
劇中にこの歌が全旋律流れなかったのが残念。

歌が好きで歌のために生きたというより、
歌うことでしか自分を生かすものがなかったピアフだったようです。


主演のマリオン・コティヤールは渾身の演技でした。
歌はピアフの声にあわせたものもあったらしいのですが、合わせたとは思えないほど。
マリオン・コティヤールが実際に歌ってるシーンもあるとかで、まったく区別つきません。
私は動いてるピアフを知らないけど、エディット・ピアフそのものらしい。
ということは本人はあまり美人ではない。
しかも育ちがいいとはいえないので、その所作や言葉使いもあまり美しくありません。
ちょっと引いてしまうこともあったのですが、マリオン・コティヤール の演技力のたまものでしょう。
何しろ彼女は「プロバンスの贈り物」(予告編しか観てないけど)で
ラッセル・クロウの相手役を演じたあのキュートな女性なんですものね!
ラッセル・クロウはいいけど、ちょっとこの映画も観てみたい。

パンズ・ラビリンス 

パンズ・ラビリンス

ブラック・ファンタジーということだけ聞いてたけど・・・。
これはファンタジーなんだろうか。
オフェリアが生きた世界はなんて悲しいんだろう。
にもかかわらず、純粋な心を持つオフェリアがあまりに切なくて、
ずっとその余韻を引きずってます。

1944年、内戦終結後のスペイン。
国内では山村に潜むレジスタンスとフランコ将軍下の軍との戦いが繰り広げられていた。
オフェリアは臨月を迎えた母と、母の再婚相手である将軍が駐屯する山村へ向かう。
しかしオフェリアたちを待ち受ける将軍は、母のお腹の子だけに興味があるようで、
オフェリアや妻には冷たかった。
そんなオフェリアの唯一の楽しみは御伽話を読むこと。

ある日オフェリアは、突然現れた妖精に導かれ不思議な世界に誘われていく。。。

眠る母のお腹に手をあてて、この不幸な時代に生まれてくる赤ちゃんに
語りかけるオフェリアの言葉が優しくて優しくて…

対照的に、ゲリラへの将軍の残酷な仕打ちや生々しいシーンは正視できないほど。
ちょっと小学生には見せたくないかも。。。R12になってたかな。
むご過ぎる現実と、オフェリアが迷い込んだ迷宮の世界が同時進行する不思議な映像。
しかも、まったく違和感なく物語は進みます。
オフェリアが出会う魔法の国の生き物の不気味さがとてもリアル。


ラストのラスト、いろんな想像をさせる作りになってます。
なんて愛のあるエンディング。
これでオフェリアは幸せになれたんだね。
そう思わずにいられませんでした。。。




幸せのレシピ 

幸せのレシピ

ドイツ映画「マーサの幸せレシピ」のハリウッド版。
ハリウッド風に明るくラブリーな映画になってました。
ストーリー、脇役、台詞、ここまでオリジナルに忠実なリメイクも珍しい!
8割がたオリジナルどおりでした。
劇中の音楽までも。このイタリアンな音楽がステキです♪

オリジナルは役者に華やかさはないかもしれないけど、なかなか味わいのある映画でした。
これは好みだと思います。
パリッとしたポテトチップスが好きか、地味なぬれせんべいが好きか(笑)

背筋をただして自分の仕事を全うするキャサリン・ゼタ・ジョーンズも、
ほどよい優しさを醸し出すアーロン・エッカートもよかったです。
考えてみたら私が好きなエッカートは、どの映画も子どもと一緒だ。
「エリン・ブロコビッチ」「サンキュー・スモーキング」そしてこの映画。
偶然かな?でも、子どもが似合う男の人ってちょっといいですよね。
「リトル・ミス・サンシャイン」の女の子もちょっと大きくなってました

ライバルから恋の予感へ~
キャサリンとアーロンはいい感じでしたが、
地味だったけどオリジナルの味わいが忘れられません。
私はあのクールなドイツの女優さんに惹かれたし、
ちょっとオヤジで一見さえないイタリア男のマリオが好きでした。
あと、ちっともご飯を食べてくれないやせっぽちな女の子も 

比べて観るのも面白いですよ♪

インベージョン (試写会) 

インベージョン

久しぶりに出したはがきが当たりました。
20日から公開の「インベージョン」です。
なんの情報も得ず行ったので、始めはなんだ、なんだ!って感じ。
SFタッチのサスペンスかな?

主演ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ。
このキャストに興味あったんですよね。
とくにダニエル・クレイグは「007」のあとの映画で、
あれから彼はどんな感じになってるんだろうとかなり期待!
が、この映画では普通でした。
あのジェームズ・ボンドは彼の最高傑作だったのだな~とあらためて思いましたよ

ニコール・キッドマンは相変わらず美しい
ときどきメグ・ライアンにダブって見えたのが不思議。こんなに美しいのに。

主人公が追い詰められるシーンにハラハラドキドキ。
そして映画の中で、ニコールは眠るとある物体に体が侵されてしまうので、
『眠っちゃダメ!眠っちゃダメ!』と何度も自分に言い聞かす。
それを観てる自分も『眠っちゃダメ!』といわれてる気分になって、
いつもならどこかトロッとしてしまう私なのですが、
ニコールのお陰で最後までバッチリ目を開けてることができました

試写会なのでいきなり本編が始まり、1時間40分の映画はあっという間にエンディング!
うわっ、なんというテンポ!って感じでしたよ。
でも、こんな映画は久しぶりだったので楽しめました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。